Pinebridge-Guitar-Memo

アクセスカウンタ

zoom RSS 岸部眞明 “THE WATER IS WIDE”

<<   作成日時 : 2011/06/11 08:40   >>

トラックバック 0 / コメント 0

 NEIL YOUNGが表紙の「ACOUSTIC GUITAR MAGAZINE vol 33」は自分にとって一つの転機になった本かも知れない。
 岸部眞明氏(たぶんこのときまで知らなかったと思う)の「オープンチューニングな理由」の中に“THE WATER IS WIDE”が取り上げられていた。
画像

 きれいなメロディの大好きな曲で、メロディ、簡易アレンジ in D、Key=C(2カポ)、Key=G(3カポ)、簡易アレンジKey=C(2カポ)、DADGAD Key=G(3カポ)と進み、最後にオープンD Key D(4カポ)バージョン。
 もちろんすらすら弾ける段階ではなく、1音1音TAB譜から音を拾い、指の位置を確かめながらゆっくりゆっくり弾いてみた。そして、このアレンジのオープンDの響きの美しさにしびれてしまった。おそらくとても曲といえないぶつぶつ切れる自分の演奏でも、この響きから受ける感覚は不思議なものだった。
 以来、岸部氏の他の曲にも興味を持ったし、オープンチューニングの曲もはなから避けることはしなくなった。

 おととし、岸部氏のHPから、氏が弘前市郊外のレストラン「パプリカ」に来ることを知り、たまらずすぐに予約した。小さな店(マスターごめんなさい)あまり大きくない店だったので、本当に目の前で岸部氏の演奏に直に触れることができた。今年も7月5日に「パプリカ」に来る。昨年行くことができなかったので、今年は何とかしたいのだが・・・。

 同じ本に、やはりオープンDの“ガーベラ”があり、わたなべゆうというギタリストも知ることとなった。ゆうさんの“THE WATER IS WIDE”も好き。



capo2【花】
capo4【November】【The Water Is Wide】
capo5【雨降る窓辺に】
capo6【Dandelion】



にほんブログ村 音楽ブログ アコギへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
岸部眞明 “THE WATER IS WIDE” Pinebridge-Guitar-Memo/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる