Pinebridge-Guitar-Memo

アクセスカウンタ

zoom RSS 石川鷹彦“イーハトーヴの朝”

<<   作成日時 : 2011/06/12 18:09   >>

トラックバック 0 / コメント 0

 再びギターに触り始めたとき、たまたま聴いたこの曲。弾いてみたいと思った。ところが、この頃、石川氏の譜面は探しても見つけることができなかった。耳コピができる耳も腕もなかったが、繰り返し聞いて音を探すしかなかった。

 スリーフィンガーの繰り返しの多い曲なのだが、石川氏は同じ旋律を繰り返すとき全く同じには弾かない。同じ音でも弦とフレットを変えたり、メロディに少し変化を加えたりしている。この曲の特徴は、はじめと終わりの部分は、親指がメロディを弾くところではないだろうか。親指はベースで高い音の方でメロディというのがそれまでの自分のスリーフィンガーの弾き方という考えだった。

 画像また、この曲は途中からトレモロのような弾き方をしているように聞こえるところがある。自分は、最初、薬指・中指・人差し指で3連符のように同じ弦を弾いているのかと思ったが、弾いてみるとどうも聞こえる音とは違っていた。あとで映像を見てはじめて弾き方がわかった。また映像を見てから、フィンガーピックをつけて同じように弾きたいと思うようになった。石川氏の使っているフィンガーピックはERNIEBALLだと思うが、同じものが手に入らずNATIONALのものを自分で削って使っていた。

 しかし、この曲は決して運指の難しい曲ではないと思うのだが、なかなか石川氏のような曲にはならない。石川氏の曲は、他の曲も無理な運指などないのに同じような音が出せないのだ。まだまだ練習が足りないことはいうまでもないが、それにしても石川氏の音は特別である。

 この曲は、最初聴いたときは、capo5で弾いていたと思うが、capo2にして音に深みを持たせたり、聴く度に変化しているように思う。

 自分の場合、ギターは全くの趣味であり、他の人に聞かせることはないが、たまたまギター好きの方とギターをいじっていてこの曲を弾いたとき、長渕剛の“夏祭り”に似ているといわれたことが別々の機会に2度あった。



にほんブログ村 音楽ブログ アコギへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
石川鷹彦“イーハトーヴの朝” Pinebridge-Guitar-Memo/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる