Pinebridge-Guitar-Memo

アクセスカウンタ

zoom RSS 吉川忠英“Sweet Baby James”

<<   作成日時 : 2011/07/20 21:08   >>

トラックバック 0 / コメント 2

 今回は、インストの話ではなく歌である。

 吉川忠英氏のライブは連続4回聴きに行っている。2009年7月(フラット)、同年12月(A7)、2010年6月(A7)、同年12月(いわぶち響堂)だったと記憶しているが、最初のときのライブ後の打ち上げに参加したときの話である。
 ライブも打ち上げも、吉川氏に心酔し、『忠英漬け』(更新はされていない様子)というサイトを作り、吉川氏が来たときは、自ら八戸でのマネージャー的役割を果たしているトシさんの誘いによるものであった。

画像 「とんでん兵」で行われた打ち上げも、半ばを過ぎた頃、吉川氏にお願いをしてみた。
 何かの本に、『昔、吉川氏がJames Taylorに憧れていたころ、所有ギターはD−35であり、何とかJames Taylorのギター(Gibson)の音に近づけようとして、ブリッジのすぐ近くの弦を弾いてまねしていた』ということを書いていたと思うが、例えばその“You've Got A Friend ”なんかをやってもらえないかとお願いしたのだ。
(写真は2枚とも吉川氏のOfficial Siteから)
 氏は結構お酒が入っていたが、「じゃあやってみようかな」といって、“Sweet Baby James”を歌ってくれた。「そうそうこうやってやったんだよな、あの頃。」と本人も楽しそうだった。

 感激であった。吉川氏には大変申し訳ないが、この日聞いた歌の中では、自分的にはこの歌が一番よかった。
 実は、アコースティックギターのライブにいってもギターの生の音を聞くことはほぼなく、機械を通した音でばかり聞くことがほとんどである。だから、まず生のギターの音が聞けたこと、そしてJames Taylorの歌の中でも自分が一番好きな“Sweet Baby James”を歌ってくれたからである。

画像(このときのギターは、トシさん所有のYAMAHAの吉川忠英シグネチャーモデルLJX26CCY 。吉川氏はライブで同一機種を3台駆使するが、一台は本人のもの、一台はサポートの若いギタリスト奥野裕介氏のもの、そしてもう一台がトシさんものである。
 弾き込んでいないので鳴りがまだだなあと吉川氏にいわれたトシさんのギター。真偽は分からないが、トシさんは、最初届いたギターは何となく音が気に入らず、換えてもらったという。そしてそのギターは現在チャゲ氏が使っているとのこと。)

 “Sweet Baby James”は、本当に好きな歌である。James Taylor本人の歌はもちろん好きだが、本人の歌う3つのバージョンとDixie Chicksが歌うこのバーションをDVDに落として、車に積んでいる。聞く回数が一番多いのは、Dixie Chicksになった。
 ここでは、本人の一番若いときのものと、Dixie Chicksのものを載せておこう。(Dixie Chicksの歌からはいつも元気をもらう気がする。いいグループなのに何でカントリーは日本では売れないのかなあ。)



【追記】
 このブログを見てくれたトシさんから、長〜いメールが届きました。すごい情報も教えていただきましたが、ここではちょっと・・・。
 忠英モデルのギターのことについて、訂正がわりに原文を載せておきます。

(前略)
blogの件、忠英モデルの下りはちょっと違います。
最初の1本はホール付近に節のような茶色いポチがあり、
それに難癖をつけて交換してもらったんですよ。
ヤマハでもそんなにストックがあるわけはなく、
たぶんお蔵入りの一本を送ってきたのではないかと思いますが、
好きな方を選べとなったわけです。
正直音は最初の方が良かったんですよ、多少・・・。
でも、やはり見た目で決めちゃったんですね。
(後略)

 この後にも、直前の弦交換のこと、メンテのこと、チャゲ氏ギターのことなど丁寧に書いてくれていましたが、ここでは略させていただきます。

にほんブログ村 音楽ブログ アコギへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
 pinebridgeさん、長文でいい文を書きますねぇ。しかも面白い!!
 トシさんには、忠英さんのことでお世話になっています。トシさんのお陰で、忠英さんのライブを拝見(拝聴)させていただいてします。私とpinebridgeさんが同窓生というのを知ってたかなぁ?
 そういえば、トシさんの話題のギターが市内のギターの某メンテ工房に出されておりましたが、気に入った音になったのでしょうか? やや気になっていました。
 pienbridgeさんが「Sweet Baby James」が好きだったんとは・・・。Dixie Chicksのヴァージョンは私もお気に入りです。
 昨年、キャロル・キング&ジェームス・テイラーのライブを武道館で見ましたが、バックがセクションで、ジェームスの「Sweet Baby James」は最高でした。ほんとにこのまま時間が止まってほしいと思いました。
 実は、私もジェームス・テイラーのお陰?で、今でもブリッジの近くでピッキングする癖が直りません。(><)
 
takaboh
2011/07/21 21:53
 トシさんは、私たちが同期であるのは知っているはずです。

 彼のギターは、その工房で3か月くらいかけて、ナットとサドルを作り直したそうです。先月あたりできてきて、低音の鳴りとかはよくなったけど、また、いろいろいじるうちに・・・とメールに書いてありました。

 生James Taylorよかったでしょうね。うらやましい限りです。

 Dixie Chicksは、YouTubeでは、例えば“Goodbye Earl”などのように「An evening with The Dixie Chicks」で検索して出てくるあたりのナンバーを聞いているといいなあと単純に思ったりします。 

 
Pinebridge
2011/07/21 22:45

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
吉川忠英“Sweet Baby James” Pinebridge-Guitar-Memo/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる