Pinebridge-Guitar-Memo

アクセスカウンタ

zoom RSS 『クレイジー・ハート』主題歌

<<   作成日時 : 2011/07/27 06:23   >>

トラックバック 0 / コメント 0

 29日、今週の金曜日、『クレイジー・ハート』がWOWOWで放映される。
 売れなくなったかつての大物カントリー・ミュージシャンが酒に溺れ自堕落な生活を送っている。そこへ若い女性ジャーナリストが現れて・・・という『クレイジー・ハート』という映画。昨年、ギブソンJー45を弾いているシーンを予告編か何かで見て、もうそれが最大、唯一の理由で、映画館へ足を運んだ。これから放映されることになっているので、ストーリーには触れない。
画像 この曲の主題歌となった“The Weary Kind”は、アカデミー賞やゴールデングローブ賞の主題歌賞などを受賞している。

 この曲は、映画では最後の方に出てくるが、途中途中に挿入されるカントリーの曲がまた味があって、実にいいんだなあ。

 劇中で、Jeff Bridgesがギブソンのギターを抱えて歌うこの歌、作った本人のRyan Bingham(訂正:主題歌を歌っているのがこの人で、作詞・作曲はT-Bone Burnett)と、劇中の主人公を演じたJeff Bridgesでは、歌い回しが違っているが、ピッキングの仕方も違っている。
 Ryan Binghamは3フィンガー、Jeff Bridgesは2フィンガーで弾いているが、違いはその違いではない、親指でアタックする拍が違うのである。どちらかというと2フィンガーであるがJeff Bridgesの方が一般的な弾き方かも知れない。最初、慣れないとRyan Binghamの弾き方は難しいと感ずるかも知れない。また、初めての人は、Ryan Binghamのその声に驚くだろう。アコースティックギター1本で弾きながら歌うこういうスタイル、好きだなあ。

 以下にあげるコード等は、ネットで検索すればいくらでも出てくるが、一例として途中まで載せておこう。

Intro
D A Bm G
D A D G D

(D)Your heart's on the (A)loose
(Bm)You rolled the seven's with(G)nothing to lose and
(D)This ain't no(A)place for the weary(D)kind

(D)You called all your(A)shots
(Bm)Shooting eight ball at the(G)corner truck stop
(D)Somehow this(A)don't feel like home any(D)more

(Chorus)
(Bm)This ain't no(A)place for the weary(D)kind
(Bm)This ain't(D)no place to loose your(A)mind
(G)This ain't no(D)place to fall be(A)hind
(G)Pick up your crazy(D)heart and give it one more(A)try

 両者の動画を載せておく・



最後に、劇中で人気歌手の役を演じていたColin Farrellのものも載せておこう。Colinはどちらで弾いているでしょう?

にほんブログ村 音楽ブログ アコギへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
『クレイジー・ハート』主題歌 Pinebridge-Guitar-Memo/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる