Pinebridge-Guitar-Memo

アクセスカウンタ

zoom RSS 再びフィンガーピックの話

<<   作成日時 : 2011/09/04 01:18   >>

トラックバック 1 / コメント 0

 サムピックは別として、一般には、フィンガーピックを使う人はあまりいないようだ。
 (一般に知られている歌手としては、さだまさし氏がフィンガーピックを着けて演奏することがある。この間もNHKの深夜の番組で、D-35(だったと思う。偶然つけたら歌い終わるところだった。)をフィンガーピックを着けて演奏していた。)

 自分は遊びは別として、石川鷹彦氏の“イーハトーブの朝”を弾くのに使い始めたと記憶している。
 初めは、思っている以上に相当違和感があり、音量・音色など考えている余裕はないが、意外と早く思った弦が弾けるようになるものだ。
 慣れてくると、軽いタッチで小さな音でも演奏できるようになる。それじゃあ、何のために着けてるのと思うかも知れないが、強弱の加減ができないと曲にならない。それにフィンガーピックを着けた方が速くピッキングができる。また、爪を伸ばさなくてもはっきりした音が出せる。(長くしていると、キーボードやスマートフォンのタッチパネルがうまくいかないこともある。)

 曲によって、何も着けない、サムピックだけを着ける(この逆はない)、サムピックとフィンガーピックを着けるなどさまざまである。気分で変えることもある。(親指で4〜6弦をミュートしながら演奏していると、親指の横の部分が痛くなってくる。)

 今、人前で演奏する人たちは、いろいろな機器があるので、フィンガーピックの必要はないのかも知れない。では、石川氏はなぜわざわざフィンガーピックを使うのか?ちゃんと理由があるはずである。まあ、自分は純粋に趣味でやっているのだが。

 “イーハトーブの朝”の楽譜がまだなかったころ、トレモロに聞こえる部分を、自分は薬指・中指・人差し指の三連符のように弾いていたので、薬指にも着けていたが、今は、この曲のときは、人差し指と中指だけにつけている。

 以下にいくつか写真を載せておこう。なお、カメラを右手で撮るため、左手の指に装着して撮影している。そのためずれた装着になっていることはお許し願いたい。
画像

Dunlop
画像画像
画像
 ごく一般的なタイプ。当たる角度が違うとうまく弾くことができない。弾くときの指の角度の矯正にはいいかも(?) 同じ金属製でも、厚さの違うタイプがあり、自分は2種類持っている。ホールド部分の下の縁が外にめくれるようにカープしていて装着はスムーズ。自分はこのタイプは苦手。

Nationalのものを改造
画像画像
画像
 ERNIE BALL製のものが手に入らず、石川氏のフィンガーピックの写真を見て、 一般的なタイプのものを、自分で金鋏で切りヤスリで削って先をとがらせてみたもの。これでも格段に弾きやすくなった。

ERNIE BALL PICKEY PICKEYS
画像画像
画像
 石川鷹彦氏が使用するのはこのタイプ。先が緩やかなカーブで細くなっているので、多少角度が違ってもクリアな音がする。石川氏は、ひねって角度を調整し、磨き上げている。もちろん正しい角度で弾いていることでしょう。自分にはこれが一番弾きやすい。

PROPIK Finger-Tone
画像画像
画像
 指の腹の部分がくりぬかれたタイプ。一般的なタイプよりは弾きやすい。また、指の腹で消音が可能。
 ホールド部分が2つに分かれていて装着はぴったりくる。しかし、作りが精巧な分、高い!!
画像同じメーカーから出ているこのサムピックは、指をホールドする部分が金属で、弦に当たる部分が樹脂製である。硬いがきちっとしていてある意味使いやすい。親指以外でもこんなものが作れないのかな?


aLaska Pik ブラス製
画像画像
画像 上記までのものと全く別の発想のピック。自然な感じで弾けるというが、自分にはどうもしっくりこない。クラシックギターをやる人の中にはこれがいいという人もいる。Joan Baezが樹脂製のものを使っている。

 なお、aLaska Pikでなくても、フィンガーピックには樹脂製のものもたくさんあるが、指に合わせた調整ができにくいことと、どうしても厚さがあるため、自分のように太い指の場合、指と指が干渉してうまくいかないので、金属製を使用している。
にほんブログ村 音楽ブログ アコギへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
ブログのうれしいつながり
 今回、ブログを通して、ブログならではの出来事があった。    自分が以前に書いたブログ『岡崎倫典“City Of Tokyo”』の記事の中で、同じ倫典さんのアレンジの“Sweet Memories”を弾きたいと思っているが楽譜が手に入らない、と書いていたのを見てくださり、楽譜を送ってくださった方がいたのだ。 ...続きを見る
Pinebridge-Guitar-Me...
2012/01/14 21:15

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
再びフィンガーピックの話 Pinebridge-Guitar-Memo/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる