Pinebridge-Guitar-Memo

アクセスカウンタ

zoom RSS 森山良子さんのギター その2

<<   作成日時 : 2011/10/30 22:41   >>

トラックバック 0 / コメント 0

 森山良子さんのギターの音はどうやって拾っているのかについて、アコギマガジンVOL.50を見たら、疑問が解けた。
 この本のインタビューの中で、森山良子さんは、「付属品的にギターに何かつけること自体が好きではなくて……。」「マイクにしても、ボーカル用以外にマイク・スタンドを立てると舞台上は美しくないので、マイクスタンドに小指の先くらいの小さなギター用マイクを仕込んでもらいました。」と語っている。

 以前から、マイクスタンド以外に考えられないとは思っていたが、マイクスタンドはまっすぐの1本のきれいなもので、途中に何かつけているようには見えなかった。

 今回、改めて、録画していた45周年記念コンサートの映像を見直して見たら、ありました、ありました、マイクスタンドの内側のギターのサウンドホールの高さに、小さなマイクが。
画像
画像
画像
画像
 なんと、 森山良子さんについて書いた自分のブログの写真にも、よく見たら、小さなマイクがちゃんと写っている。そう思って見ないとわからないものなんですね。 (でも、まあ、こんなところに疑問をもっていた人は、あまりいないのでしょうけどね。)
 しかし、森山良子さんには、ステージ上のギター用のマイク一つにも、こんなに気を配っているということに、改めて感心させられる。

 そして、インタビューの最後に、ギターについて「ギターで世界観を作るほどの腕はないから、歌と同じ呼吸をし、ともに佇んでくれるもの」「歌ありきのギターっていうことですね」と、あくまでも謙虚に語っている。

 Martinの00-45Sは、1904〜39年まで製作されていたが、70年に再び生産開始され、彼女のギターは、その再生産初年度の3本中の1本と貴重なものであると紹介されている。

 彼女がまねた、本家本元のJoan Baezのギターは当然、再生産以前のギターであろうが、当時からすでにヴィンテージだったのではないだろうか。
にほんブログ村 音楽ブログ アコギへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
森山良子さんのギター その2 Pinebridge-Guitar-Memo/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる