Pinebridge-Guitar-Memo

アクセスカウンタ

zoom RSS 爪先のような小さな話(左手編)

<<   作成日時 : 2011/10/27 20:54   >>

トラックバック 0 / コメント 0

 とるにたらない小さな話。
 自分の場合、左手の爪は、これでもう伸びすぎである。中指・薬指はまだいいが、人差し指がこの状態では、もう指板にあたるのだ。
画像

 中指・薬指が結構深爪なので、爪切りでなく、ガラスの爪ヤスリで削る。
 ガラスの爪ヤスリは、思った以上に速く削ることができる。目が詰まった場合も、水で洗うだけで簡単に元どおりになる。自分は、最初から水道の水を流しながら削る場合も多い。今回は、写真に撮るためそのまま削ったが、見苦しい。
画像

 右手のように伸ばした長い爪の場合は問題ないが、左手のように短い(特に自分のように深爪)場合は、一手間かかる。
 少し伸びた爪をガラスの爪ヤスリで削るとき、一気に削ると、爪の外側・内側に薄いバリのようなものが残る。長い爪の場合は、内・外を軽く擦ることできれいに整うが、短い爪の場合、外はいいが内側にはヤスリが入らない。
 結果、このような薄い膜のようなバリが残ることになる。
画像

 残ったバリは、このような薄い金属ヤスリで軽く擦り、落としている。(ガラスの爪ヤスリは大小2本セットだったが、小さい方を買ってまもなく携行中にすぐ折ってしまい、これがこの用途に使えたかどうか記憶がない。)
画像
画像

 これで、ほぼ完了。薬指は、ここまで削らなくてもいいのだが、爪床の近くまでやるとこうなる。
画像
 自分の人差し指は、この状態でも平たいところにまっすぐ指を立てると爪があたるほどである。

 爪ヤスリはチェコ製のものがきめ細かく、しかもよく削れる。100円ショップに似たようなものがあるが、やめた方がいい、使って見ると似て非なるものである。

 次回は、「爪先のような小さな話(右手編)」で、アロンアルファの話の予定。
にほんブログ村 音楽ブログ アコギへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
爪先のような小さな話(左手編) Pinebridge-Guitar-Memo/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる