Pinebridge-Guitar-Memo

アクセスカウンタ

zoom RSS Joan Baez “Diamond and Rust”

<<   作成日時 : 2012/01/12 00:10   >>

トラックバック 1 / コメント 4

 takabohさんが、1月9日の彼の『Eight Door Members〜〃歌探し人〃takaboh のブログ〜』で、Joan Baezの“Diamond and Rust”を取り上げてくれていた。

 Joan Baezは自分の大好きなシンガーの一人。
 今、残念なのは、CD店やレンタル店にいっても、もう彼女のCDを置いているところがないことだ。(少なくとも自分の住んでいる八戸や周辺では)
 だから、彼女の歌は、ネットで探したり、調べたりということになる。

 “Diamond and Rust”もリアルタイムではなく、ギターをまた弾き始めたころYouTubeで出会った曲だった。
「Joan Baez, Diamonds and Rust - Live, 1975」
画像
 これは、340万回以上視聴された動画(上の写真はその動画からキャプチャ)だが、今回は同じ映像で、昨年により鮮明なものがupされたので、こちらを載せておこう。
JOAN BAEZ - Diamonds And Rust (1976)
 彼女が35歳くらいのときの映像になるが、takabohさんのブログではこの約30年後の動画が紹介されている。この動画ではBaezは、サムピックの他に人差し指・中指・薬指に樹脂製のaLaska Pikをつけて演奏しているのがわかる。このようにアップもダウンも両方弾けるフィンガーピックは珍しいので、是非takabohさんのブログで見てほしい。

 なんといっても“Diamond and Rust”は、前奏から始まるギター伴奏がかっこいい!!
 「Joan Baez TAB」でネット検索をすれば、この曲のTAB譜が上位でヒットする。検索が面倒な人のために、少し加工して載せておこう。
 ギター好きなら、初心者でもすぐに弾けると思う。

Intro:

   Em
E ---------0-----------0----------|---------0-----------0-----------|
B ---------0-----------0----------|---------0-----------0-----------|
G -----0-----------0--------------|-----0-----------0-----------0---|
D -------------------------2------|-4-----------2-------------------|
A -------------2------------------|-------------------------2-------|
E -0------------------------------|---------------------------------|


E ---------0-----------0----------|---------0-----------0-----------|
B ---------0-----------0----------|---------0-----------0-----------|
G -----0-----------0--------------|-----0-----------0-----------0---|
D -------------------------2------|-4-----------2-----------4-------|
A -------------2------------------|---------------------------------|
E -0------------------------------|---------------------------------|


E ---------0-----------0----------|---------0-----------0-----------|
B -----0-----------0-----------0--|-----0-----------0-----------0---|
G --------------------------------|-2-----------0-----------2-------|
D -5-----------4-----------5------|---------------------------------|
A --------------------------------|---------------------------------|
E --------------------------------|---------------------------------|


E ---------3-----------3----------|---------5-----------5-----------|
B -----0-----------0--------------|-----0-----------0---------------|
G -4-----------4-----------4------|-5-----------5-----------5--/4---|
D --------------------------------|---------------------------------|
A --------------------------------|---------------------------------|
E --------------------------------|---------------------------------|


E ---------3-----------3----------|---------2-----------2-----------|
B -----0-----------0--------------|-----0-----------0---------------|
G -4-----------4-----------4------|-2-----------2---------------2---|
D --------------------------------|-------------------------1-------|
A --------------------------------|---------------------------------|
E --------------------------------|---------------------------------|

   B7
E ---------------------2----------|
B -----------------0-----------0--|
G -------------2-----------2------|
D ---------1----------------------|
A -2---2--------------------------|
E --------------------------------|


Verse:

 Em
E ---------0-----------0----------|---------0-----------0-----------|
B ---------0-----------0----------|---------0-----------0-----------|
G -----0-----------0--------------|-----0-----------0-----------0---|
D -------------------------2------|-4-----------2-----------0-------|
A -------------2------------------|---------------------------------|
E -0------------------------------|---------------------------------|

 C
E ---------0-----------0----------|---------0-----------0-----------|
B ---------1-----------1----------|---------1-----------1-----------|
G -----0--------------------------|-----0-----------0-----------0---|
D -------------0--h2--------------|---------------------------------|
A -3------------------------------|-3-----------2-----------0-------|
E -------------------------3------|---------------------------------|

 G
E ---------3-----------3----------|---------3-----------3-----------|
B ---------0-----------0---0h1p0--|---------0-----------0-----------|
G -----0-----------0--------------|-----0-----------0---------------|
D -------------0-----------0h2p0--|-------------0-------------------|
A --------------------------------|-------------------------2---3---|
E -3------------------------------|-3-------------------------------|

 D
E ---------2-----------2----------|---------2-----------2-----------|
B ---------3-----------3----------|---------3-----------3-----------|
G -----2-----------2--------------|-----2-----------2-----------0---|
D -0-----------------------0------|-0-----------------------0-------|
A -------------0------------------|-------------0-------------------|
E --------------------------------|---------------------------------|

 Em
E ---------0-----------0----------|---------0-----------0-----------|
B ---------0-----------0----------|---------0-----------0-----------|
G -----0-----------0--------------|-----0-----------0-----------0---|
D -------------------------2------|-4-----------2-----------0-------|
A -------------2------------------|---------------------------------|
E -0------------------------------|---------------------------------|

 パターンを覚えてしまえば、難しいところもなく、すぐ弾けたでしょう。
 ところが、このTABのように伴奏しながら歌ってみると、途中でどちらかが止まってしまいませんか?
 弾き語りをしていると、歌もギターも難しくないのに、それを同時にやると難しいということがあります。
 Baezの他の曲でも、さりげなく弾いているようで簡単そうなのに、実際にやってみると難しいというものがあり、それをさらっとやってみせるBaezはやっぱりすごいと思ってしまうのです。

《おまけ》
 ところで、上記の動画だか、これは、Bob Dylanのコンサートに出演したときの映像であろうと思う。
 下に、BaezがDylanと一緒に“Blowing In The Wind”を歌う映像を載せておこう。服装や背景・照明が一緒であることから同じステージであることが分かる。
(自分の好みからいうと、この動画のBaezの“Blowing In The Wind”は好きではない。Dylanの歌い方にあわせて歌っているのでBaezの伸びやかなよさが出ていない気がするからだ。自分は、Dylanの曲をBaezなど本人でない歌手が歌ったもので、Dylanの曲のよさを再認識をすることがよくあった。“Forever Young”などもBaezのバージョンの方が自分は断然好きである。)
Blowing In The Wind Live
 YouTubeで『Bob Dylan - Starlight Ballroom, Belleview Hotel, Clearwater, Florida - April 22, 1976 』のPt1とPt2を見てほしい。(今回、自分は初めてみたもので、どちらも30分くらいあります)
 Bob Dylanのコンサートの途中で(Pt1の8’50”あたり)、DylanがBaezを呼び込み、一緒に“Blowing In The Wind”ともう1曲歌った後、Baezが一人で“Diamond and Rust”を歌っていることが分かります。(Pt2の最後の方で、“天国の扉”のときもBaezが出てきて歌っています。)
にほんブログ村 音楽ブログ アコギへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
Joan BaezのYouTubeで動画視聴数
 前々回のブログで取り上げた“Diamond and Rust”は、今日現在(2012.1.18 20:50pm)のYouTubeでの視聴数が3,446,614回で、upされているJoan Baezの動画としては一番多くなっている。(一つの動画単独での視聴数で、同じ曲の動画を合計したものではない) ...続きを見る
Pinebridge-Guitar-Me...
2012/01/18 21:52

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
二人が一時、恋人同士だったとは・・・凄いカップルだね!!!
私はディラン派です(笑い)
kashin
2012/01/12 19:26
Dylanの歌は好きです。でも、メーッセージ性が強いといわれ歌詞が高い評価を受けているDylanの歌は、他の人が歌うとメロディーもシンプルなのに美しいなあと感じるのです。

自分は、Baezの声や歌い方、フィンガーピッキングのギターにひかれているので、Dylanと同じ歌い方では彼女のよさが生かされない気がするのです。

ちなみに、同期の友人takabohさんもDylan派なんです。
Pinebridge
2012/01/12 20:46
今年も宜しくお願いします。m(_ _)m

ブログから貴重なつながりがどんどん増えているようですね。これからもブログ、頑張って下さい。

小生は、最近ネタ切れ状態が続いていて、しんどい部分もありますが、Pinebridgeさんと同じように自分のために楽しんで続けていければと思っています。

しかし、60年代の音楽はいい!!





takaboh
2012/01/15 09:18
Takabohさんは、若い感性をもっていた頃に、リアルタイムで洋楽をたくさん聴いていたので引き出しがたくさんあり、ネタ切れにはならないでしょう。

自分は、今の音楽もいいなあと思うものはたくさんあるのですが、ギターを復活させてから、YouTube等を見ていると、(もしかしたら自分の記憶の底に眠っていたのかもしれないけれど)あの頃の音楽を新規にいいなあと思ってしまうことが多いです。(それが年をとったことだといわれると返す言葉がありませんが・・・(⌒_⌒;)
Pinebridge
2012/01/15 09:59

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
Joan Baez “Diamond and Rust” Pinebridge-Guitar-Memo/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる