Pinebridge-Guitar-Memo

アクセスカウンタ

zoom RSS Headway MTD-20 ANというギター

<<   作成日時 : 2012/01/26 22:26   >>

トラックバック 1 / コメント 4

 このところなぜかケースにしまいっぱなしになっていたMTD-20を久しぶりに出してみた。
 弦が黒ずんでいた(こんなに使っていなかったかな?)ので、弦交換し弾いてみると、改めて軽いピッキングでも明るい音がするギターだなあと思った。

画像 このギターは、再び弾くようになってから、サイレントギターSLG100Sのあとに、普通に音の出るギターがほしくて手に入れたものだ。

 HeadwayだがUNIVERSE Seriesでいわゆる中国製である。
 使っている材は結構いいものだと当時は思った。
 トップはシトカスプルース単板(ANはアンティーク・ナチュラル)、サイド&バックはローズ単板、ネックはワンピースではないがマホガニー、指板・ブリッジはエボニー、ブリッジピンもエボニーにアバロンのdotが打たれている。

 しかし、なんといっても最大の特徴は、STYLE45のドレッドノート(このときもまだドレッドにこだわっていた)で、指板のツリーオブライフやボディインレイには本物のアバロンが使われているということだった。
 このころ、石川鷹彦氏の「WORKS」などを見ていてアバロンインレイにも魅力を感じていた。

 Headwayのギターは音がしっかりしているとは感じていたが、なんとこのMTD-20は現物を見ずに、新品をある楽器店のネットオークションで購入。この価格ならと思う範囲内で落札できてしまったという方がいいかもしれない。

画像 実際にギターが届き、梱包をほどいたときは、あまりのキラキラ感に少なからずおどろいた。ケースもギターにぴったりあったものだった。(こんなことは当たり前なのだが)
 弾いて見ると、これがまたとってもいい音に感じたものだった。
 ネックも薄く、弦高も低く調整されていて、弾きやすさにも驚いた。(QC CARDには、 1st. 1F 0.5mm 12F 2.2mm
6th. 1F 0.6mm 12F 2.7mmに調整とあった。)

 夏に手に入れたものだったが、その冬になると乾燥のせいか、弦高がさらに低くなった。
 弦を張り替える際、新しい弦がまだゆるんでいるときには、6弦ともフレットにくっついており、チューニングしていくとフレットから離れるという状態になっていた。
 しばらくして、たまたまサイドのアバロン近くの塗装がはがれたところがあり、グルーヴィン楽器を通して、Deviserに送って塗装の補修をしてもらった。

 どこがはがれていた箇所か全くわからない完璧な塗装に感心したが、弦高のことは伝えていなかったのに、戻ってきたらギターのブリッジのサドルが背の高いものに交換されていた。全体の調整をして返してくれるメーカーの姿勢にも感心したものだ。
画像
 家で弾くには十分であるギターだが、その派手さゆえに外にはもっていけないギターでもある。

 なお、HeadwayのUNIVERSE Seriesは、ビギナーユーザーに購入し易い価格で、出来るだけ良い品質のギターを弾いてもらいたいというコンセプトで作られているという。
 MTは、MTO-25C、MTO-18、MTD-20、MTG-20の4種類が作られたが、現在はいずれも生産されていない。
にほんブログ村 音楽ブログ アコギへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
やっぱりD-35 その1(落札前)
  前回のブログで書いたMTD-20を落札した同じ年に、やはりネットオークションで手に入れたのがMartin D-35である。 ...続きを見る
Pinebridge-Guitar-Me...
2012/02/01 20:55

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
Headway UNIVERSE Series
本当にとてもよくできたギターだと思います。

細かい所の仕上げは・・ですが
全体としての弾きやすさ音の出方など国産のものと
そん色ない出来だと思います。

私も、UNIVERSE Series弾いているので実感です(^-^)

そして、ドレッドこそギターとの思いもよくわかります。
学士時代は特にDしか目にありませんでした^^

しかし、インレイはすごいですね
まさに芸術品、飾っておいても絵になりますね!
ササン
2012/01/27 11:23
すんごい装飾ですね〜!外に持ち出すべきです?!(笑い)
kashin
2012/01/27 18:19
ササンさんのHeadwayは、HCF-900でしたかね。
イングルマンのトップに、ペグがオープンギヤタイプのものだったと思います。オープンギヤは大好きです。

MTD-20もインレイにかけている分を材や本体の仕上げにまわせば、もっといいものになっていたのでしょうね。今はそう思います。

でも、そうなればあの当時の自分の目にはとまらなかったのかもしれません。
Pinebridge
2012/01/27 21:55
Kashinさんありがとうございます。

今は、ツリーオブライフが派手すぎに感じています。 思い切って、指板を黒くする方法はないかと考えたこともありました。

指板だけでもCat's eyes,Diamonds & Snowflakesにしたらぐっとしまった感じのギターになる気がします。
Pinebridge
2012/01/27 22:09

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
Headway MTD-20 ANというギター Pinebridge-Guitar-Memo/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる