Pinebridge-Guitar-Memo

アクセスカウンタ

zoom RSS やっぱりD-35 その3(ギターの音)

<<   作成日時 : 2012/02/05 08:58   >>

トラックバック 0 / コメント 9

 さて、肝心の音なのだが、最初は正直がっかりした。やはりネットなどでギターを買ってはいけないと後悔したものだ。シリアルナンバーから、このとき、まだ製造後2年以内の新しいギターであった。(年式の新しいマーチンは、ヘッドのロゴが、立体的でキンキラしています。)
画像
 自分の中で、勝手に「マーチン」の音を作り上げ、期待しすぎていたせいかもしれない。
 プレーン弦である1・2弦の響きにキラキラ感が感じられなかったし、全体にもっと響いてもいいと思った。
 FG-200の1・2弦の方がはっきりとしたきれいな音に感じた。学生時代からもっているギターなので、その音に慣れてしまっていたせいかもしれない。
 また、音は出ているのかもしれないが、ギターから直接聞こえてこる音ではなく、ギターから出た音が一度周りに反射してきた音が聞こえているというような感覚があった。

 たまたまある会で、知り合いの人と二人でギターを弾きながら歌うことになり(こんなことにはならないようにしてきたのだが、このときは逃げられなかった)、相手の家で練習したときのことである。
 相手と向かい合ってD-35を弾いていると、相手は、このギターの低音がとても響くという。自分にはそんな感覚はなかったので意外だった。
                                       《FG-200》
画像 考えてみると自分がふだんギターを弾いている環境は、厚手のカーテンやソファーなど、周りが音を吸収するもので囲まれている。試しに洗面所にギターを持ち込んで弾いてみた。すぐ近くの大きな鏡で跳ね返って、確かに大きな音が聞こえてきた。
 (またよくお風呂で歌うとよく響いて気持ちがいいというが、水を抜いた浴槽の縁に腰掛けてギターを弾いてみると、狭い壁やタイルに反射してサスティンの効いたとてもいい音に聞こえます。お試しあれ!!)

 ギターは、それぞれによって聞こえ方に特徴があり、弾いている本人に聞こえる音、ギターの前にいるに聞こえる音、ある程度離れたところにいる人に聞こえる音は、ギターによって全く異なることも経験した。(楽器店で、ギターの音を確かめるとき、お店の方に弾いてもらって聴くようになったのは、これ以降である)

 二人で歌って以来、何となくD-35からは遠ざかっていたが、あるとき、弾いてみると、何かびびっている感じがして、バックの板をこんこんと指の関節でたたいて探ってみると、おそらく力木が2箇所くらい板から離れているのではないかと思われた。

 弘前にあるギターの店『メリーゴランド』に、フォルヒギターが結構置いてあることをネットで見て、D-35持参で出かけた。修理を依頼するか、下取りにするかでまだ迷っていた。
 『メリーゴーランド』は弘前市の郊外にある、想像したよりも小さな店だった。フォルヒはある程度本数をおいていた。
画像 フォルヒも期待していたが、いい音ではあったが、今一つしっくりとこなかった。

 もしかして、自分が唯一音の基準にできたFG-200って結構鳴るギターだったのではないかとも思った。(音の善し悪しというより、音の好みが合っていたのかもしれない。いや染みついていたのだろう)

 店主が、いろいろ音を出してみて、「このD-35は鳴る方ですね。」といったので意外だったが、それを聞いて、下取りではなく、即修理を依頼した。

 その後、OMを手に入れてからは、結構好みの音であり、また、弾いた音が即耳に入ってくるので、ソロギターはもっぱらOMでばかり弾くようになっていた。
 ところが、たまに、D-35もオープンチューニングにして同じ曲を弾いてみると、驚いた。低音が響くのである。それも、耳にというより、体に入ってくる感じがした。そして、その低音が心地よく感じられた。同じ曲が、違う曲のように感じられるくらいである。
 
 弾き込んでやっていないのに、数年を経て、音が何か変化してきているようにも感じる。これからもいい変化をしてくれればと思っている。

 今は、ギターごとにチューニングを固定して使うことが多いが、D-35は、レギュラーかドロップDで使うようにしている。(誰もいないときは、こっそり歌を歌うこともあるが、歌うときは、なぜかOMよりDの方が断然気持ちがいいのです。)

 またまた、つづく・・・。

にほんブログ村 音楽ブログ アコギへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(9件)

内 容 ニックネーム/日時
はじめまして、私もはるか30年前にやめて以来、最近少しずつ始めています^^;
そして、30年前に若いときの勢いでコンテスト用に食べるものも食べないで買ったギターがD-35でした。
しかし、音はでないし、弾きにくいし・・・とずっと思っていましたが、思い出のギターなので売るに売れなくてずっと所持していましたが、なんとなく復活してみたら、相変わらず音が出なくて泣きそうでしたが弾きやすくするために、サドルを削ってみたらびっくり・・・・サドルが腐っておりました^^
山爺
2012/02/08 11:21
私のD−35もサドルを交換したら音がよくなりました?!(笑い)
kashin
2012/02/08 19:17
今日はいろいろあって、ブログの確認がこの時間になってしまいました。


山爺さん、ありがとうございます。
自分は、大学闘争が終焉を迎える70年代前半に、高校から大学に進み、おそらく'72年に当時2万円のFG-200を手に入れています。
山爺さんのコメントを読んで、親の仕送りから下宿代を払えば、ほとんど昼飯代ぐらいしか残らず、小遣いなどほとんどなかったあの時代に、よくギター代がためられたものだと当時を思い出してしまいました。
FG-200は、当時その傷の一つ一つがいつできたものかすべて記憶していたと思います。それくらい思い入れのあるギターだったので、トラスロッドがねじ切れてしまっているのにまだ持っているのです。


KashinさんもD-35をお持ちでしたね。
音や状態が少しでもよくなるように、いろいろ試してみたりしますが、そういう過程自体が楽しいのかも知れませんね。
Pinebridge
2012/02/08 23:43
いやはや、乱文でした^^;

私のD-35は、79年製なので私の方が若干若いでしょうか?
それでも、毎日、授業が終わってから夜中までバイトしましたよ・・・もちろん、親の仕送りで生活してましたけど^^;

さて、私のD35は、サドルを交換したらちょこっとは、良くなったような気がしますが・・・ネックの反りが心配だったのでライトゲージを半音下げたら、妙に響くようになりました。
山爺
2012/02/09 09:43
山爺さん、またまたありがとうございます。

 半音下げにすると響く感じがしますね。テンションが下がった分、弦を普通より引っ張って弾いているせいかなと思ったりしました。

 また、逆もあります。
 最近はライトゲージが当たり前で、自分も部屋弾きだけですからほとんどそうなのですが、たまにミディアムゲージにするとD-35は違う楽器になります。近所迷惑になっていないかと気をつかうような迫力が出ます。
 D-35はミディアムゲージで出荷されるそうですから、本来ミディアムゲージが一番合うのではないかと思います。さだまさしさんやイルカさんもミディアムで演奏していますから。あのテンションでごく普通に演奏していますからプロはさすがだと思います。
Pinebridge
2012/02/09 21:42
こんにちは、近所にアコギの趣味の方がいないかと探していましたら、このブログを見つけました。
30数年持たなかったギターをちょっとしたきっかけで再開し、歌の伴奏しか知らなかったのが、フィンガーピッキングというものがあることを知り、苦手な歌抜きで少しずつ楽しんでいます。
私が一番先に持ったのが、69年に購入したFG180でした。それは友人に譲ったのですが、先日その友人から、30数年、きちんとさわっていないFG180を弾けるようにできないかと相談を受けました。
突然ですみませんが、弘前のメリーゴーランドのことを書かれていますが、県南にも修理リペアを頼める良い所をご存じでしたら教えていただけないでしょうか。
west15
2012/07/30 17:27
>west15さん
赤ラベルのFG-180は評価の高いギターですね。今でも、中古市場で、当時の販売価格(18,000円)を大きく上回る価格で売買されたりしていますね。

 自分も以前リペアをしてくれるところを探してみたことがありますが、八戸市内でギターのリペアをしているところは3つでした。

@グルーヴィン八戸本店
 http://www.groovin.co.jp/basic/repair.html
Aホィールノーツギター
 http://www.geocities.jp/wheelnoteguitars/
Bサウンドスケープ
 http://www.soundscape-guitarworkshop.com/menu/aboutus.html

自分が実際にギターを持ち込んだことがあるのは@です。このときはメーカーの保証カードがあり、本社に送って無償修理となり、負担したのは送料だけでした。

Bは個人工房で、主にエレキギターの製作・修理をしているところ、店は田向にあります。
Bも個人工房で、Aを師匠的存在としているとありますが、店もまだみたことがありません。

どの程度の修理・調整が必要なのかで、金額も違ってきますが、使えるようになるといいですね。(よっぽど思い入れのあるギターなら別ですが、本格的リペア・調整が必要になると、購入金額を超えてしまうこともありますから、まずは相談されてみるといいと思います。)

そういう自分は、もし修理すると大変な金額になるFG-200を処分できずに、まだケースに入れてとってあります。(^_^;)
Pinebridge
URL
2012/07/30 20:26
ご返事ありがとうございます。
ご参考にして楽しみたいと思います。
west15
2012/07/30 20:42
>west15さん
近くでアコギに再挑戦、しかもフィンガーピッキングをやろうとしている人がいることは、勇気づけられます。
がんばりましょう(^o^)
Pinebridge
2012/07/30 21:55

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
やっぱりD-35 その3(ギターの音) Pinebridge-Guitar-Memo/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる