Pinebridge-Guitar-Memo

アクセスカウンタ

zoom RSS やっぱりD-35 その4(ピックアップ)

<<   作成日時 : 2012/02/19 21:11   >>

トラックバック 0 / コメント 6

 途中に、「楽器店はしご備忘録」が入ったが、「やっぱりD-35」の続き。

 このD-35には、落札購入したときから、ピエゾ・ピックアップとマイクがセットされている。
画像

 ピエゾは、いわゆるインブリッジタイプとかアンダーサドルと呼ばれるタイプで、細長い板状のものが、ブリッジのサドル下にセットされている。
画像
(サウンドホール内にマイクが顔を出している)

 マイクは、トップ裏の力木にクリップでとめ、コンデンサーマイクの先がサウンドホールから少しのぞくようにセットされている。
画像
(中央から右のぼけているのがマイク、その上が力木をはさむクリップ)

 その2系統の音が、パラレルというかステレオジャックで出力するように、エンドピンジャックにつながっている。
画像

 実は、Santacruz OM−42にも、当然YAMAHA SLG100Sにもピエゾピックアップがセットされている。
画像
(ブリッジの中に赤いピエゾが見えている)

画像
(サドルの下に金色のピエゾフィルムが見えている)

 Santa CruzにはFISHMANのアンダーサドルタイプが、SLGにはL.R.Baggs社製のフィルム状のピックアップがセットされているので、外部出力できるギターは3本あることになる。

 SLGはピックアップがなければ、ヘッドセットでも外部出力もできないので、当然必要だが(というより、出力される音は結構いい音で気に入っている。2種類のサスティーンも気持ちがいい。)、Santa Cruz OM-42とD-35には無用の長物である。

 D-35は、ある会で歌わなければならなくなったとき1回だけ使用したが、その後は、使っていない。サドル下にピエゾをはさんでいるということは、音的にも影響があると思うので、本当は外したいくらいなのだが、まだ、そのまま使っている。

画像 また、SLG100Sのために、小さなLaneyのHCM15R Hardcore Max というGuitar Amplifierを使っているが、これがまたやや面倒である。
 というのは、SLG100Sのときも、Santa Cruz OM-42のときも、つないで弾いていないとき、それぞれ音は違うが、ブーンと小さな雑音が入ることだ。

 ところが、D-35をつないだときは、全く雑音がしないのだ。相性がいいのか、結構いいピックアップがついているのではないかと思っている。なにしろ外部出力しなければ役に立たないサイレントギターでも出る雑音が、D-35では出ないのだから。

 自分は、ギターは、部屋でひとりで楽しんでいるので、正直、外部出力は必要としていないのだ。
 まあ、たまに、エレキギターのように音を歪ませたり、長いサスティーンにして遊ぶくらいかな。

にほんブログ村 音楽ブログ アコギへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
ピエゾとマイクのミックスなら
かなりいい音になるのでしょうね。

でもやはりマーチンの生音が好きです
一人で部屋で弾くときは生音ですものね(^_^)

ササン
2012/02/19 21:41
ササンさん、コメント本当にはやいですね。ありがとうございます。

ピエゾの音をマイクからのエアー感でカバーしているのでしょうね。
でもサドル下にものをはさむというのは、SLG以外は、いただけない気がします。
だから最近は、ブリッジ加工も必要としないマグネチックPUが使われるんでしょうね。

やはり自分も生音が好きです。
プロのギタリストの方でも、(たくさんの人に聞かせるためなのかも知れないけれど)機械を通し、そこまで音を加工しちゃうの?って思ってしまうことがあります。
Pinebridge
2012/02/19 22:11
私は最近ローランドのAC−33というのを買いました。コンパクトですが音が凄く良くて、マイクとギターをつないで遊んでいます(笑い)
Kashin
2012/02/20 18:34
Kashinさん、いいアンプ持ってますね。
アコースティックギター用に専用設計されたものでしたよね。ルーパー機能が面白いと思ってみた記憶があります。
Pinebridge
2012/02/20 20:11
初めまして^^
ギター歴は浅いですが、ソロギター等を練習している44才のオヂサンですよろしくお願いします。
興味深くこれまでの記事を拝見させて頂きました。
生音で楽しむのがもちろん基本でしょうが、私はライン出力でリバーブやコーラスを掛けた音で楽しむのが好きです。
私が良く聴く石川鷹彦さんや岡崎倫典さんなどは、リバーブやコーラスがギターの音色をより深い味を出している様に感じているからです。
でも、これはあくまで個人の趣味です^^;
長文で失礼しました。
Masany
2012/02/21 23:33
Masanyさん、コメントありがとうございます。

せめてMasanyさんくらいの年齢から、石川さんや岡崎さんの世界を目指し、本気でギターを再開していたらと思います。うらやましいです。

リバーブやコーラスも好きですよ。その方がうんといい曲やアレンジもありますね。

自分は生音も好きなので、例えば、岡崎氏のライブでは、最後にPUを通さずに1曲聞かせてくれますが、ちょっとほっとするんですね。
ライブやライブの打ち上げ等で、プロの人たちが、実際にどのくらいのタッチや音量で弾いているのか生音を聞かせてもらうと、奏法上もギターそのものの音も、とても勉強になります。
Pinebridge
2012/02/22 01:39

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
やっぱりD-35 その4(ピックアップ) Pinebridge-Guitar-Memo/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる