Pinebridge-Guitar-Memo

アクセスカウンタ

zoom RSS 打田十紀夫さんが八戸に来ない!!

<<   作成日時 : 2012/10/06 16:09   >>

トラックバック 0 / コメント 6

 もしかしたら今週末は、打田十紀夫さんのライヴを聴きに行くところだっのかもしれないが、何と今年は、「秋のソロライヴ・ツアー2012」から八戸がはずれてしまっているのだ。
 届いたライヴ通知のはがきをみてほしい。
画像

画像 宇都宮(10/5)→盛岡(10/6)→弘前(10/7)→秋田(10/8)→宮古(10/10)→酒田(10/12)→新潟(10/13)→前橋(10/14)というこのツアーを、地図上に表記すると、不思議な回り方をしていることに気づく。
 おそらく、ライヴの会場の都合等だろうと思うが、こんな移動の仕方では気の毒な気がする。
 しかも、打田さんは、たくさんのギターを背中、両脇に抱えて移動するのである。
画像

 八戸にくるときは、トシさんが会場やチケットの世話をしていたのだが、確かに人集めに苦労しているきらいはあった。
 こぢんまりとした会場でアットホームに開催されるのはいいのだが、集まるお客さんを見ると、ふだんギターを弾いている人と思われる方は少なく、どうもトシさんが個人的に声をかけて集めているメンバーという感じがした。(お客さんの中での、トシさんの同業者の割合がかなりになる。たまたま自分も同業者になるが(^_^;))
 おかげで、自分は一番演奏が見やすいところに座らせてもらって、じっくり手元を見ることができるのはよかったのだが・・・。
 あの現状では、八戸会場は、採算を考えると厳しいものがあるのかもしれない。

 10月5日(金)の宇都宮では、ライヴの前に【カントリー・ブルース・セミナー】が開かれたようだ。うらやましい限りである。

 ギターを再開してからけっこうたったが、最近、自分のギターの技量は遅々として向上せず、同じようなところをはい回っている気がする。うまくなりたいと思うのだが、今回のように、ギター練習の刺激になることがなくなっていくとねー・・・。

 実は今日、あるイベントでトシさんと会って少し話した。
 「去年、自分は都合でどうしてもいけなかった打田さんのライヴ、いったい何人ぐらい来てたの?」と尋ねると、あの日はちょうど台風が来たときで、なんと3人だったという。それじゃあ、今回、八戸ははずされてもしょうがないなあ。
 何とかしたいなー(>_<)


 打田十紀夫さんといえば、最初のライヴで聴いて好きになり、練習した曲“思い出の鱒釣り”という曲がある。
 この間また、あぜ丸さんのブログを見直していて、6月22日の記事『最近練習してる曲です・・・・♪まだまだですね・・・The Road Back Home♪ 』で紹介している曲が、やっぱり、この“思い出の鱒釣り”ととてもよく似ていると思った。
 あぜ丸さんの記事にそのことをコメントしたら、あぜ丸さんもよく似ていますとコメントしていた。
 全体の曲はもちろん違うものだが、思いついた主題がたまたま似ているので、そこから派生していく曲も似ていったのかもしれないとも思ったりもする。
 あぜ丸さんとはレベルが違うが、好きな曲の傾向が似ていると、こうして互いに知らない別の人の似たような曲を気に入って練習したりすることもあるんだなあと不思議に感じた。


【 補 足 】 トシさん : コメントをくれるときは、ルカチャーあるいはルカチュー。エレキならTOTOのSteve Lukather、アコギなら吉川忠英さんに傾チューしているので、このバンドルネームなのかも。
にほんブログ村 音楽ブログ アコギへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
AKBとかには、あんなに集まるのにネ・・・
中高年の音楽好きも頑張らないとね・・・?!(笑い)
Kashin
2012/10/07 09:17
>kashinさん
ギターは個人的趣味だけど、こういうときは、結束しないと何もできませんね。

今、青森市の県立美術館へ奈良美智展を見にいこうと、移動中です。
Pinebridge
2012/10/07 09:52
なかなかソロギのライブ 人が集まらないようですね
特に都会でないと難しいようで、地方では強力なサポーターさんが
おられないとダメみたいな気がします。
N君もIさんも少ない時は2,3人てこともって。
ササン
2012/10/07 16:17
>ササンさん
押尾さんや一時期のDEPAPEPEのような例もありますが、ボーカルのないギターのインストは、一般の人には馴染みのないマイナーな世界なのだと思い知らされますね。

ことにルーツ系は超がつくほどマイナーのようです。やっている人はディープな傾向もあるので、よりギャツプが感じられるのかも知れません。

好きな人たちが楽しさをもっとアピールすることにも意を注がなければならないのですね。

Pinebridge
2012/10/07 17:05
こんにちは。先日はリペア工房のお返事ありがとうございました。

私も、昨年台風に怖じ気づき、台風の夜の遅い運転はだめという周囲の声もあって、予約した前売りをキャンセルしました。お客さんが3人とは、何とも、、、。
「セントルイスブルース」に挑戦しようと、Tokio Acoustic Blues のCDと教則本が届いたばかりで、今年は行こうかと思っていたのですが、残念です。
west15
2012/10/09 11:38
>west15さん
コメントありがとうございます。

そうだったんですか。打田さんを聴こうとしていた方が近くにいるのはうれしいです。

アコギでのブルースいいですね。
“セントルイスブルース”はちょっとしゃれた感じがしますね。林家木久扇さんの♪いやんばか〜ん♪を思い出すと雰囲気台無しになりますが・・・(^_^;)

練習がんばってください!!
Pinebridge
2012/10/09 23:42

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
打田十紀夫さんが八戸に来ない!! Pinebridge-Guitar-Memo/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる