Pinebridge-Guitar-Memo

アクセスカウンタ

zoom RSS やたら元気なガールズバンド Country Sisters

<<   作成日時 : 2012/10/29 21:30   >>

トラックバック 0 / コメント 16

 YouTubeで偶然見つけたガールズバンド。Country Sistersというやたら元気な女性グループがいる。
画像

 名前から分かるようにカントリーを歌って演奏するグループなのだが、Wikipediaによると、次のように書かれている。

 現在のグループ名による活動は1989年から、グループの歴史はさらに10年以上遡り、前身のグループは1972年に結成。

 アメリカのグループではなく、出身はチェコ共和国、中央ヨーロッパを中心に欧州各地をツアーしているという。

 レパートリーはおもにロックンロールやカントリーのスタンダード曲のカバー。

 演奏には、カントリー音楽に用いられる標準的な楽器、ドラムス、エレクトリック・ベース、エレクトリック・ギターからなる典型的なリズム・セクションに、ピアノとキーボード、フィドル、アコーディオンが加わる。

 このグループのYouTubeの視聴回数トップは、他の曲をぶっちぎりで引き離して“Cotton Eyed Joe”で、2年前にアップされてなんと4,176,780回。
 festival "trucker & country" d'Interlaken 2009とあるので、3年前のスイスのインターラーケンでの映像ということになる。

 歌・演奏もさることながら、そのファッション・パフォーマンスが再生回数に反映しているのでしょうか・・・(^^;)
 確かに元気である。曲が始まるとすぐに踊り始めるが、それが何と曲の最後まで続くのである。

 この曲について、やはりWikipediaを見ると、次のように書かれている。
 “Cotton-eyed Joe” はアメリカ合衆国とカナダの民謡である。様々な種類が北アメリカ一帯に見られる。ラインダンスの主要な伴奏としてここ20〜30年の間に広まった。近年ではスウェーデンのユーロダンスバンドレッドRednex が1994年に"Cotton Eye Joe"としてリリースした。

 彼女たちの演奏する曲は、どの曲も元気があふれている。それが彼女たちの最大の売りでもあるのだろう。
 メンバーは入れ替えがあるようだが、彼女たちのサイトから、今年撮影された写真をいくつか載せておきましょう。
画像
画像
画像


 まあ、同じカントリーでも、デキシーチックスとは・・・、いやいや、楽しいこと・元気をもらえることはいいことです。楽しみましょう。

 彼女たちとは関係ない話になるが、カントリーラインダンスといえば、以前、やはりYouTubeで曲の検索をしていて、みんながそろって踊っている映像をいくつか見た記憶があるが、この八戸でも、確かこの講習会が開かれたというニュースを見たような気がする。
 乗馬の愛好会が関係してたのだったかなあ、三沢の米軍基地が関係してたのだったかなあ。

 またまた別の話、八戸周辺では、ラジオで地元局から周波数を上げていくと、米軍キャンプの放送が入る。
 もちろん全部英語による放送だが、けっこうな割合でカントリーが流れている。これがまたいいのが入るんです。

 おっと、話が全然別の方になってきたので、今回はこの辺で・・・。

にほんブログ村 音楽ブログ アコギへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(16件)

内 容 ニックネーム/日時
ガールズバンド好きですよ。私。
なんとなくですが・・・

でも男性のバンドでもいろいろと長く続けるのはしんどいこともあるので、女性ばかりだとどうなんでしょうね?私はほぼアゴギで演奏してますが、最近エレキバンドを組みたいのですね。
和歌山県、三重県南部の方で、ベースとドラムやってくれる人いませんかねぇ〜
すみません。余計な宣伝でした。

http://www17.plala.or.jp/space-yk/
きっちゃん
2012/10/29 21:39
>きっちゃんさん
いやー、コメント早いですね。
今アップして、修正したりしていたところにもうコメントが入ったので驚きました。

メンバー見つかるといいですね。
Pinebridge
2012/10/29 21:44
俺達おじいさんも、若い娘がミニでバンドやってたら盛り上がるよ!聴くんじゃなくて観に行くよ・・・?!(笑い)
Kashin
2012/10/30 12:25
>kashinさん
そう若くないメンバーもいる ようですが、1曲でこれだけ動き回ったら 、次の曲の前に長いMCが必要な気がしま す。

鍛え方がちがうのかな、どのステージで もパワフルみたいですから。AKB48も負け そうです!?
Pinebridge
2012/10/30 18:13
随分古いブログにコメントします。
私はつい最近カントリーシスターズを知ったのですが、もう跳び上がらんばかりにびっくりしました。
私は69歳ですが、もう50年以上も前からカントリー、ブルーグラスの大ファンで、自身もバンドをやってたので、ギター、バンジョーを弾きます。
何がびっくりしたかって言えば、歌はうまいし、楽器もうまい、その上あんな元気にダンスをこなすのに驚いたんですね。
観客に年配者が多いのは分かりますよ、ノスタルジーを感じますからね。もう50年前の曲をなんであんなに若い女性が歌の心が分かって唄えるんだろうと感激しましたね。
しかもヤンキーじゃなくてチェコのバンドとは。
セクシーすぎるなんて書かれてるトピもありますが、私は何回もチェコに近いドイツに出張してましたが、あんな恰好、ドイツやチェコでは普通ですから。
M-san
2017/07/13 00:05
>M-sanさん
 コメントありがとうございます。
 ブルーグラスをやられる方々は、ずっと続けて来ている方が多いですね。
 地元にもグラスピッカーズという年配のブルーグラスバンドがいて、月1回、居酒屋さんを借りての練習を公開ギグということにしていて、ときどきおじゃましています。(^o^)
Pinebridge
2017/07/13 00:37
コメント有り難うございます
タブレットで書いてるので、PC版に切り替えて書けるようになりました。
私は東京に住んでますが毎月会社の工場がある岩手県の前沢に出張してます。
いつか居酒屋でブルーグラスを聴いてみたいです。
もう、47-48年前でしょうか、マイクシーが来日したとき舞台に上がって一緒に演奏したことがあります。
マーチンの古いギターをマイクシーが弾いてましたがフィンガーボードが凹んでましたね。
M-san
2017/07/13 12:59
>M-sanさん
 47〜48年前は自分は高校生ですが、「マイクシー」を存じ上げません。(^_^;))
 でも、そのころステージで演奏とはすごいですね。
 フィンガーボードがへこむくらい使い込んだギターだったのならベテランのミュージシャンですね。
Pinebridge
2017/07/13 17:54
すみません、タブで書いたらマイクシーガーと書いたつもりがシーで終わっちゃって。
マイクシーガーはフォークの神様と言われてたピートシーガーの弟ですね。ピートが神様ならマイクは博士ですね。
ところで、カントリーシスターズ、CD買っちゃいました^^
アマゾンにもどもにも売ってなかったのですが、チェコのサイトで売ってました。
多分、このバンドは日本では流行らないと思います。実力的には文句なくトップクラスですが、日本はカントリー、ブルーグラスはマイナーですから。
だから日本公演やっても人は入らないでしょう。
変な興味本位の人しか行かない気がしますね。
あのグレーン・キャンベルですら、チケットが売れなくて、私のところにタダ券が回ってきました、会場にとにかく来てくれと。私にはラッキーでしたが・・・

M-san
2017/07/15 22:24
すみません、また誤字書いちゃって。
一旦アップすると修正はできないんですよね。
M-san
2017/07/15 22:27
>M-sanさん
 マイク・シーガー(Mike Seeger)でしたか。(^_^;)

 1970年日比谷公会堂で来日コンサートをしたことになってますから、M-sanはそのステージに上がったのですね。スゴイ!!

 彼が、自らアパラチアの山中に分け入って古いスタイルを残すミュージシャンに直接手ほどきを受け、採集・採譜して、古いアパラチアのマウンテン・ミュージックのスタイルを蘇らせたことは、たくさんのミュージシャンに多大な影響を与えましたね。
 彼のグループであるThe New Lost City RamblersがA.P.Carterの曲をカバーした“♪When I'm Gone”は大好きな曲です。
 この歌は日本に入ってくると、ザ・ナターシャーセブンの“♪海に向かって”と高田渡の“♪生活の柄”という双子のような曲になりますね。(^o^) 
Pinebridge
2017/07/16 01:19
私はカーターファミリーの曲を初めて聞いたとき、無茶苦茶感激してすぐにLPを買って、耳コピーしました。Wild wood flowerは今でも大好きですね。
私がフィンガーピッキングを覚えたのは、当時大学生だったころ、英語を個人レッスンで受けてたのですが、先生(ハーバード哲学科卒)が我が家にヤマハのバイクで乗り付けてきて、
あるとき、これ聴いてみないかと先生が弾いてたカセットテープを聞かせてくれたのですが、これがスリーフィンガーピッキングだったんですね。聴いたことないサウンドに驚いて、英語はもういいからこのギターの弾き方教えてくれと、夢中で教わりました。Tablatureで譜面を書いてくれて、必死で覚えましたね。この時バンジョーも教わりました。
元々ギターやってたので、ものの1週間で覚えました。
そしたら、一緒にライブやらないかと誘われて、確か千駄ヶ谷の教会の地下でライブをやりました。
いろんな国の人が集まってて面白かったですね。外国人の中に、アフリカのどこかの国の王子がいて、踊りを見せてくれました。
翌日、新聞にこの王子が出てて、えっ、この人が来てたんだと驚きましたね。
若いころの思い出です。
今、コレクションのLPを探してたら、New Lost City Ramblers
が出てきました。ナターシャセブンのLPもありました。
カーターファミリーで有名なKeep on the sunny side(陽気に行こう)が入ってましたね。
う〜ん、カントリーシスターズのお蔭で、50年前にタイムスリップしちゃいました。このブログに感謝です。
M-san
2017/07/16 20:50
>M-san
 M-sanはこういう音楽が入ってきた初期の辺りにフィンガーピッキングを覚えられたんですね。

 自分は、日本のフォークの方たちがそういう弾き方をしていることから、その人たちを通してこういう弾き方に興味をもったように思います。
 自分は、今でもギターはフィンガーピッキングで、カーターファミリーやスリーフィンガー中心です。(^_^;))
Pinebridge
2017/07/18 20:49
カントリーシスターズにすっかりはまって毎日仕事しながら(在宅)聴いてます。
この局のノリはもう最高!!
M-san
URL
2017/08/06 20:53
岩手にストロベリーパフェというガールズバンドがあるんですね。いや〜うまいね。リードギター、よくあんなハイフレットを」正確に弾くなーって感心しましたよ。
M-san
2017/11/03 06:23
>M-sanさん
リードギターの子は小学生のころからいろいろ出てた子ですね。(でもこの子、横浜出身だったような・・・)ベンチャーズ&オールディーズやってましたね。
Pinebridge
2017/11/03 16:47

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
やたら元気なガールズバンド Country Sisters Pinebridge-Guitar-Memo/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる