Pinebridge-Guitar-Memo

アクセスカウンタ

zoom RSS ようやくブログ復活 webカメラテスト3

<<   作成日時 : 2012/11/05 20:22   >>

トラックバック 0 / コメント 10

 11月に入って、Biglobeのウェブリブログでは、ストレージ移行等の緊急メンテナンスのため管理画面へのログインができない状態が続き、ブログの作成・編集、コメント受付等ができなくなっていた。

 自分が加入しているBiglobeのウェブリブログでは、アクセスの集中による負荷加重のための不具合や障害が相当ひどいらしく、先月(10月)も、何度も管理画面にアクセスできない状態になり、ブログの作成・修正・コメント掲載ができない状態が断続・継続的に続いていた。
 また、負荷軽減のためアクセスカウンタの機能を停止させてメンテナンスを行ってきたりしたが、メンテナンス中のアクセスについては、加算されないということで、どのページがどのくらい見られていたかということはわからずじまいになってしまった。

 自分は、ブログを作るとき、あらかじめブログに載せようかなと思ったメモや画像、動画等を、仮のタイトルをつけて、管理画面に下書きとして登録しておくやり方をしていたので、今回のように、管理画面にログインできないと何もできない状態となってしまう。

 ブログ更新ができなかったので、以前、安く購入したwebカメラをまた取り出してつないでみたりした。
画像
 携帯のカメラで撮ると遠近感が強調されて、webカメラがやたら大きく見えるが、非常にコンパクトでギターのサウンドホールに楽々入ってしまうくらいの大きさだ。

 ELECOMのUCAM-DLE300Tというwebカメラだが、指の速い動きがとらえられなかったことから、ノートパソコンのVAIOに仕様としてついているカメラを使うようになっていた。
 ただ、音自体は、DLE300Tで撮った方がよかった気がして、また撮ってみた。

 ギターはSanta Cruz OM-42 custom、弦が鳴りっぱなしでもいいようにオープンDチューニングにし、低音をある程度押さえ、高音の弦が響き始める気がするcapo4にした。(岸部さんの“The Water Is Wide”を弾くときは、この設定)

 弦はMSP4100だが、このところしばらく換えていないので、黒く変色している状態である。特に、プレーン弦の音を聞くために、ここは指によって音が変わらないように人差し指だけで弾く2フィンガーにしてみた。

 ちなみに、webカメラUCAM-DLE300Tの内蔵マイクは、
  マイク形式:エレクトレットコンデンサー方式
  指向性:無指向性
  入力感度:-38±4dB
  周波数帯域:20〜16,000Hz  となっている。

 ちょっと硬い音にはなっている気はするが、VAIOに備え付けのカメラよりは、音がきれいに録れているような気がするし、サスティーンも意外に拾っているようだ。
 これなら、自分の普段の練習の音を聞く程度なら、サイレントのSLG-100Sと違って、ライン入力など必要ないような気もする。

 それにしても今回は音だけを気にしていて、画質の方は以前いじったままになっていたので、画的には最悪の状態。少し調整なければならないなあ。 

にほんブログ村 音楽ブログ アコギへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
音がきれいですね〜!ヘッドホーンで聴くと音の広がりが感じられますね〜!
私もMSP4100を使っています。初めて使ったとき、音の良さにびっくりしたことを、今でも覚えています!
もちもいいので、2か月くらいは弦交換しないで使っています?!(笑い)
kashin
2012/11/06 08:59
ブログにアクセスできなくなると
ちょっとイライラしますよね。

ギターの音くすんでいませんね
フォスファーブロンズのノンコーティング
だったでしょうか

どなたかが、ギター本体が良いと弦の響きの減退は
あまり鳴りには影響しないと言われてました。

サンタクルズの完成度の高さですね!
ササン
2012/11/06 17:11
いいギターをお持ちですね。
私もHPやブログを作ってますが、ネタ作りが大変です。毎日更新するのって大変ですね。

これからもよろしくお願いします。

http://www17.plala.or.jp/space-yk/
きっちゃん
2012/11/06 18:21
>Kashinさん
MSP4100は、Kashinさんのおっしゃるとおり音がいいですね。明るく響くような気がして気に入っています。

それに、これもおっしゃるとおりもちもいいです。
極端にチューニングを換えたり、使い終わった都度にだるだるにまでゆるめたりしなければ、相当もちますね。

それで今は、無精してこんな色になるまで使ってます(^_^;)
Pinebridge
2012/11/06 23:34
>ササンさん
MSP4100はMartin出荷時の標準弦(現在は、SP Life Span弦のようですが)だったようです。
フォスファー弦でゴールドメッキでコーティングされている弦です。
その弦の色が変わっても使用しているのですから・・・(-_-)

いろいろなことに手を出すので、万能タイプで気に入っています。ソロギだけならエリクサーとかになるのかもしれませんが・・・。
Pinebridge
2012/11/06 23:59
>きっちゃんさん
自分は、逆にきっちゃんさんもおもちのCollingsのOM弾いてみたいと思っているギターです。
Pinebridge
2012/11/07 00:03
コリングス。音がかたいですよ〜
好みの問題でもありますが、もうちょっと柔らかい音がするギターが欲しいですね。

でもその前に腕前を上げないといけないですね。
昔、中川イサトさんとお酒をご一緒する機会があり、イサトさんのギターを弾かせていただきました。私が弾くと、当然ですが、イサトさんみたいなすてきな音が出ませんでした。ギターってやっぱり腕だなぁって思い知らされた一瞬でした。
これからものんびりギターとつきあっていきたいと思います。
http://www17.plala.or.jp/space-yk/
きっちゃん
2012/11/07 17:03
>きっちゃんさん
きっちゃんさんのはOM−2Hでしたよね。
コリングスは、例えば同じローズウッドでもいい材を使っていますからね。

イサトさんのギターを弾かせてもらうなんてないことですよね。羨ましいですねぇ。
自分は、一度だけ、直接質問をして答えてもらったことがありました。

腕はその通りですね。
そういえば、石川鷹彦さんも、そのとき手にとって弾いたギターが「石川さんの音」に聞こえるとよく言われていますね。
Pinebridge
2012/11/07 20:05
おおざっぱな分け方ですが、20万くらいのギターをお持ちなら、あとは腕かなぁって・・・

確かにギターを買えると新鮮みが出ますが、たとえ最近のフィンガーピッキングそれなんかはエフェクターも通しますので、げんおんに忠実な音じゃないかとも思いますが、やっぱり弾く人の感性が音に現るような気がします。

http://www17.plala.or.jp/space-yk/
きっちゃん
2012/11/08 20:59
>きっちゃんさん
弾く人の感性は、曲の印象をがらりと変えますね。

またある程度の技量を持ち合わせていないと感性が表現できないとも思います。

ギターでいろいろ弾いてみるようになればなるほど、プロの人たちのすごさがわかるような気がします。
Pinebridge
2012/11/08 23:58

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
ようやくブログ復活 webカメラテスト3 Pinebridge-Guitar-Memo/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる