Pinebridge-Guitar-Memo

アクセスカウンタ

zoom RSS はがれた爪のアロンアルファ

<<   作成日時 : 2013/02/23 22:40   >>

トラックバック 0 / コメント 4

 左手人差し指の突き指がまだ完治しない。伸ばしたり軽く曲げたりする程度なら何ということもないが、深く曲げようとすると途中から抵抗があり、最初からは完全に曲がらないし、何度かやっていると最後まで曲がるようにはなるもののまだ痛みがある。

 ギターを握っても、痛みがあり、また自由に押さえたいところが押さえられないので、長くは弾かずやめたり、このところは、ギターから遠ざかってしまっている。
 それに、いろいろ忙しいこともありブログからもしばらく遠ざかってしまっていた。

 そうこうしているうちに、この間から右手の親指と人差し指のアロンアルファがはがれ始めた。

 いつもなら、はがれ始めたときに、すぐに、一度専用リムーバーである「アロンアルファはがし隊」で全部きれいに落としてから、「釣名人」を薄く塗っておくところだが、このところ弾いていないので、爪のケアもしていなかった。
画像
画像

 今日、風呂から上がって改めて見てみると、もうこんなにはがれてしまっている。
画像
画像
画像
画像
 薄く塗っていてもアロンアルファは結構長持ちするが、一度どこかに欠けたところができたりすると、今度は全体にはがれるのも早い気がする。
 これは、欠けたところからはがれが始まっていくというよりは、劣化して、爪からはがれやすい時期になったということなのであろう。

 こうなると、削っても簡単に落とすことはできるが、爪を傷つけないように「アロンアルファはがし隊」で全部落としておこう。

 爪の全面に塗っているわけではないので、それほど気にしているわけではないが、この機会に、すぐに「釣名人」を塗らずに、少し爪をやすめようかなとも思っている。

にほんブログ村 音楽ブログ アコギへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
結構長く治らないね〜・・・一度整形外科に行ってみたら・・・
kashin
2013/02/24 07:01
>Kashinさん
最初の頃は痛いのは当たり前、まあ、でもそのうちにと思っていましたが、2か月を過ぎてもこの状態だと少し不安にもなります。(>_<)
少しずつはよくなってきていて、一度完全に曲げたら、痛くても少しは弾けるので、徐々によくなっていくと思いたいのですが・・・。
Pinebridge
2013/02/24 13:22
こんばんは。

アロンアルファは非常に危険です。
僕自身、つけ爪しながらの勤務はご法度ですので、
毎日つけ爪していませんが、つけた翌日には剥がさないといけない身分です。

参考までに、僕はピンポン玉使用、使用接着剤はネイル用接着剤「エリコ・ネイルグルー」(ブラシで塗るマニキュアタイプ)、つけ爪を張る前には、たんぱく質(プロティン)入りベースコートを塗ります。

ベースコートはつけ爪をしない数日間の栄養補給期間にもなりますよ。

参考までに。


追伸
 右手親指だけは、1ヶ月に1度だけ、キレーなお姉さんに手を握って貰える特典と称して、ネイルサロンに行ってます。(爆笑)
板柳の中村です。
2013/02/26 23:09
>中村さん
コメントありがとうございます。

アロンアルファの中でも一番低粘性の「釣名人」は、さらっとしていてとても扱いやすく、ある程度の強度もあり、手軽で、自分としては気に入っています。

扱いを知らないで使い始めた最初の頃は、はがれるとき爪も薄くなったりしましたが、「はがし隊」を使ってからはきれいに除去でき爪が痛んだことはありません。

沖仁さんもかつて自身のブログにも書いていたように、フラメンコギターの方はけっこう愛用者がいるようです。

しかし、残念ながら「釣名人」は、キレーなお姉さんではなく、自分で塗らなければなりせんが・・・(^_^;)
Pinebridge
2013/02/26 23:27

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
はがれた爪のアロンアルファ Pinebridge-Guitar-Memo/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる