Pinebridge-Guitar-Memo

アクセスカウンタ

zoom RSS やっぱり爪の保護は必要

<<   作成日時 : 2013/04/17 18:28   >>

トラックバック 0 / コメント 6

 怒濤のような年度末・年度始めで毎日が明け暮れて、3月途中からブログを書いている余裕がなくなり、今回はそれ以来で、4月に入って初めてのブログの更新となる。

 この13・14日は、珍しく何もない土日となり、久しぶりに音の出るギターを弾いてみた。やっぱりボディのあるアコースティックギターの響きは気持ちいいなあ。

 サイレントギターは、いつもパソコンディスクの横に立ててあり、一日ほんの数分という日も続いたが、ちょっとした間に触るようにはしてきた。

 しかし、このサイレントギターは、いちいちヘッドフォンというのも面倒でそのまま弾いていると、知らず知らずのうちに強く弾こうとして力が入ってしまう。

 このところ、『釣名人』(低粘性のアロンアルファ)を塗るのをやめていたので、人差し指の爪先の片側が削れてしまっていた。

 さらにそのまま弾いていたら、まだ削れていない爪と削れた爪との境の辺りが、2重爪のようになり、はがれた内側の爪の肉に付いている部分が引っ張られて痛みを感じるようになってしまった。

 自分は、ふだんピックを使わずに指だけで弾くことが多い。しかも、軽いストローク、カーターファミリーやフラットピッキングのまねごとを人差し指で間に合わせてしまうことが多いので、人差し指の爪の先(特に右側)が削れてしまうのだ。

 伸ばした爪先が削れるだけならいいが、肉に乗っている部分の爪まで薄くなってしまう。こうなってはもうしようがないので、人差し指は深爪でいったん切りそろえることにした。

 ラスゲアードなどで爪の表面を酷使するフラメンコの方たちは、結構『釣名人』を塗って保護しているとのことだが、やはり自分も人差し指には塗っておく必要があるなあと感じた。

 4月から始まった押尾コータローさんの趣味Do楽『ギターを弾きまくロー』では、押尾さんの指先のアップが見られるが、爪はスカルプチャーで完全にがっちりコーティングされていて、番組の最後に見られる押尾さんのソロギターではかなり爪の甲も使った奏法を見ることができる。

 グラスネイルはいいのだろうが、自分の今の奏法を考えるとそこまでの必要を感じないし、なにしろ高すぎると思う。

 また日曜日は、久しぶりにtakaboh邸にお邪魔したが、それは次回に。

にほんブログ村 音楽ブログ アコギへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは。
Pinebridgeさんの爪の状況からすると、僕のように付け爪しないのであれば接着剤は使用しないほうが良いと思います。
ネイルは、ベースコートを塗って乾かしてから仕上げのネールを貼り付けます。

ベースコート(「プロティン=たんぱく質」入りのベースコート)で下地を整え、クリア色のネイルを塗って補強&見た目で仕上げると良いと思いますよ。
板柳の中村です。
2013/04/17 22:27
>中村さん
アドバイスありがとうございます。
d(⌒o⌒)b
もう少しゆとりができたら、いろいろ試してみたいと思います。
Pinebridge
2013/04/17 22:37
私も塗ってみようかな〜!
kashin
URL
2013/04/18 06:36
>Kashinさん
Kashinさんはピック弾きだと思っていましたが・・・。
あっ、そうですね、Kshinさんはウクレレも弾くのでしたね。
でも、あれほど激しく弾くこともあるジェイクは、手入れのためによく削る話はしてるけど、ネイルキットの話は聞いたことがないですね。
ジェイクは、親指の爪だけ伸ばしていましたね。
Pinebridge
2013/04/18 23:23
こんにちは、またブログ覗かせていただきました。また、遊びに来ま〜す。よろしくお願いします
バーバリーブラックレーベル
URL
2013/07/31 17:19
>バーバリーブラックレーベルさん
 コメントありがとうございます。
 しばらくブログから離れていていただいたコメントに気づかず失礼しました。
Pinebridge
URL
2013/10/15 13:41

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
やっぱり爪の保護は必要 Pinebridge-Guitar-Memo/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる