Pinebridge-Guitar-Memo

アクセスカウンタ

zoom RSS ウクレレネックの逆反り

<<   作成日時 : 2014/02/11 18:22   >>

トラックバック 0 / コメント 4

 以前の記事で紹介した、ネックが逆反りしてきて、サドルを自作のより高いものに交換したウクレレだが、部屋の乾燥し過ぎのせいなのかこの逆ぞりがさらに進んだようだ。
 1・2弦側が特にそうで、1から3フレットの辺りを押さえると、ペチペチと次のフレットに弦が当たってしまう。

 そこで、ダメ元で、ちょっと乱暴かと思ったが、手元にある工具などを使って次のようにしてみた。
画像

 指板の途中に木材を挟み、曲がらないようにL字になった金属板とウクレレネックの上下をCクランプで締め付けるという単純なものだ。(当たるのはローポジションのフレットだか、反っているネックの真ん中辺りに木材を挟んでいる)
画像

 ただし、ネックの裏にクランプの跡がつくのはいやなので、丸いゴムシートを挟んではいる。
画像

 ネックアイロンなどもっていないので(普通持ってないよね(^_^;))、とりあえずこのまま少し置いてどのようになるのか様子をみようと思う。

 それほど強く締め付けているわけではなく、一時的に緩和されるだけかもしれないが、この結果どうなるかの様子を見ながら、次の対策を考えてみたい。

にほんブログ村 音楽ブログ アコギへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
楽器は乾燥するといろいろ問題が起きますね。私も非常に残念なことに昔手に入れたギターのネックがひび割れてしまいました。木工ボンドで接着していますがやはり何となく音が変わったように感じられます。
Tommy
URL
2014/02/12 10:43
>Tommyさん
 このウクレレはいろいろ試すことになろうということをある程度想定していたものです
 一度でうまくいくことはないだろうとは思っていますが、何事もやってみないことにはわかりませんからね。
Pinebridge
2014/02/12 22:40
木工品はこうなるから恐いよね・・・
いっそ金属製のギターってないのかな〜?!(笑い)
kashin
URL
2014/02/13 10:18
>Kashinさん
 まあ、困ったことではありますが、いろいろ試してみるのもこれはこれで半分楽しみでもあったりして・・・(-_-;)

 これだけいろいろな素材が開発されている中で、木材が使われ続けているのは、逆にそれだけ木材が素晴らしい素材だということなんでしょうね。
Pinebridge
2014/02/13 23:51

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
ウクレレネックの逆反り Pinebridge-Guitar-Memo/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる