Pinebridge-Guitar-Memo

アクセスカウンタ

zoom RSS 御茶ノ水・渋谷の楽器店

<<   作成日時 : 2014/02/23 01:15   >>

トラックバック 0 / コメント 10

 東京駅に着いた後、Claptonのライブまで時間があったので、例によって御茶ノ水の楽器店を少し見ることにした。
 今回は、フィンガーピッキングに適したカッタウェイのギターを見ておきたいと思っていた。

 聖橋口から一気に下り、まずHobo'sへ。
画像

 ふだん、Hobo'sのHPを見ていて、まず見ておきたかったのは、Mario BeauregardのModel SJ Cutaway、トップはGerman、S&BはBrazilian Rosewood。シェラック塗装ということであったが、各部の作りが丁寧で、非常にきれいなギターだった。 (以下の写真は、いずれもHPから)
画像

 それから、 EHLERS (Robert Ehlers)のModel 16 Cutaway Cutom、トップはAdirondack、S&BはBrazilian Rosewood。ブリッジの縁のアバロンは余計だと思っていたが、いいギターのように思っていた。実際に見てみると、きれいなギターではあるが、トップにウェザーチェックだと思うが、割とはっきりした塗装のひびが何か所もあり、少しがっかりした。
画像

 最初から買えるなんて思ってもいないが、参考に見ようと思ったErvin SomogyiのModified D Cutaway。トップはEuropean、S&BはBrazilian Rosewood。この写真でみていたよりも、何かずっと古いさめた感じのするギターで、Somogyiなのにあまりオーラを感じなかった。
画像


 次に、Hobo'sから歩いてすぐのWoodmanへ。
 ここは、今回、フィンガーピッキング用のカッタウェイという視点からは、あまり魅力を感じるギターはなかった。

 大きな通りを反対に渡り、Blue-Gへ。

 何本もErvin Somogyiがあったが、値段的に最初から対象外。

 良さそうだなと見たいと思っていたMario Beauregard、こちらはOM cutawayで、トップはGerman、S&BはBrazilian Rosewood。
画像

 同じMario BeauregardのStudio cutaway、S&BがMahogany、こちらは上のギターと比較すると、写真で見ていたよりだいぶ落ちる感じがした。(価格も半分ですけど・・・)
画像

 ササンさんが紹介していた、Mike Baranik CX cutaway、トップはAlpine spruce、S&BはAmazon Rosewood。
画像

 エレベーテッドの指板、アームレストとリブレスト仕様で面白いと思ったのが、Echizen Guitars R-1。ベアクロウヨーロピアンスプルーストップ、ジリコーテサイドバックでとてもきれいなギターだった。
画像


 (おっと、もう1時を回ってしまいました。Memoは早めに切り上げてもう寝よう。)

 これらのギターの展示しているコーナーには、他にも魅力的なギターがたくさんあった。

 しかし、出るのはため息ばかりで、手は出ない。

 その後も、クロサワ楽器ドクターサウンド、クロサワ駅前店(こちらのアコギも、以前のような狭い階段を上っていくところでなく1Fのワンフロアーに移動していた)、ギタープラネットをのぞくが、フィンガーでカッタエウェイということからするとあまりない感じで、時間的にも駆け足。

 実は、大雪のときの雪かきや、勤務先周囲の歩道の状態を見るために雪道を歩き回ったことなど影響で、腰や足全体に疲れがあり、また膝関節の痛みがあって、実際歩き回るのは、つらかった。(階段などは、20年も先の加齢体験をしているようでした。(-_-;))

 それでも、さらに移動して、渋谷のハートマンにもいってみたが、時間的にタイムリミット。
 残念だがG−CLUBとか、新大久保にはいけなかった。
にほんブログ村 音楽ブログ アコギへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
ブランドや色や形だけ観てるミーハー的な見方が
恥ずかしくなるようなギターの見方に感服しています!
恐れ入りました〜!!!
kashin
URL
2014/02/23 08:24
>ササンさん
 こちらもミーハーですよ。
 フィンガーピッキングのカッタウェイがあればいいなあと思って、いろいろな楽器店のHPなどで見ているのですが、材や説明されていることが実際のギターではどうなっているか確かめたいと思っていました。
 でも、今回、駆け足的なこともあり、このクラスのギターはおいそれと試奏も気が引けてしまいます。
 楽器なのに、肝心の音を聞いてこないのですから、それこそミーハーです。いや“拝観”という言葉がぴったりかもしれません。
 
Pinebridge
2014/02/23 10:08
知人に初心者がギターを始めるにはエレガット(カッタウエイ?)が弾きやすいということで Paco Castillo の Model 224CE を選んでもらい購入しました。指が短いこともありハイポジションが弾きやすく気に入っています。それにしても多くの種類があるのですね。この中で最も普通のクラギのような音色に近いのはどの機種でしょうかね。価格もかなり高くなるのでしょうね。
Tommy
URL
2014/02/23 10:09
>Tommyさん
 コメントありがとうございます。

  Paco Castillo 224CEは、ギタープラネットのクラギのコーナーにつるしてあった気がします。
 自分も最初のギターが中学生の頃のクラギでしたが、大学に入り自分で買ったフォークギターを喜んで弾こうとしたところ、弦間は狭いし、指は痛くなるしという経験をしたことを思い出します。

 上記の224CEはナローネックで弾きやすいのかも知れないですね。

 もう知っているかも知れませんが、クラギと鉄弦の両方を弾かれる伊藤賢一さんのこのページ(http://kenichi-ito.com/cn24/index.html)を見てみてください。ああ、価格は見ない方が・・・。 
Pinebridge
2014/02/23 10:32
>Tommyさん
 PS:上記ページを見るのなら、3行目の「→参照」もポチッとしてみてください。遍歴がわかります。
 いや、余計に迷うかな。
Pinebridge
2014/02/23 10:35
今回はフィンガー用のギターを
見てこられたのですね!

マリオはソモギのお弟子さんですので
音の方向は似ていると思いますが
ゴージャスで倍音の付いた音とは違って
どちらかと言うとタイト目なサウンド。

ソモジさんのもギターの個体によって
スゴイ響きのするものもあれば
割合と硬目でタイトな音のものも
有るみたいですね。

私も偉そうに書いてみましたが
今までソモジさんのギターは数本しか
弾いたことがないもので^^

越前さんのギターはサーゲ・ディ・ヤングさんの
所で勉強された方なのでヤングさんの音の方向
弾き手の技量を問われるので私にはとてもとてもです^^
バラニックは音の密度が濃いのと一音ずつが明瞭
だけれどゴージャスな音なので気に入っております。

ギターは音ももちろんですが
見た目も大事ですよね。

見とれてしまうほどのシルエットのギターは
やはりサウンドも素敵なような気がします。

PS

一番最初のコメントを寄せて下さっている方は
私ではありませんでした。

paineさんのお返事でのハンドルネームが
私になっていたようですので。
ササン
2014/02/23 10:50
>Kashinさん、ササンさん
 うっかり名前を打ち間違えてしまいました。大変失礼いたしました。m(_ _)m
Pinebridge
2014/02/23 11:05
>ササンさん
 音の傾向をお知らせいただきありがとうございました。
 Sergei de Jonge自体もいいギターが何本かあったのですが、もう、昨日は書くのに疲れてしまって途中で切り上げていました。(前日のClaptonの記事は、スマホからだったのでもっと疲れましたが・・・)
 ササンさんのブログは、音の傾向をちゃんと書いてくれているのでとても参考になります。
Pinebridge
2014/02/23 11:06
貴重な情報ありがとうございます。
やはりプロが使うギターはそれなりに高価なものですね。退職者にはこのようなギターを手にした途端、老後が悲惨な状況になりそうですね。価格では一桁ほど違いますが、今のギターは私にとって最高ですね。大切に使いたいと思います。ありがとうございました。
Tommy
2014/02/23 21:16
>Tommyさん
 伊藤賢一さんのサイト、ご覧になったんのですね。

 プロのギタリストは、ギターで生活している方たちです。もしかしたら、同じようなものを望むことは不遜というものかも知れません。

 自分も、ギターを見て歩くこと自体も趣味と考えて、今、もっているギターを鳴らしてやりたいと思うことにしています。
 これはというものに出会うとほしくなるんでしょうけどね・・・、出会ってないのかもしれません。もし、出会ったら・・・、ん〜怖い、怖い(^_^;)
 
Pinebridge
2014/02/23 21:27

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
御茶ノ水・渋谷の楽器店 Pinebridge-Guitar-Memo/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる