Pinebridge-Guitar-Memo

アクセスカウンタ

zoom RSS アコギレッスン その3(4月の3回目)

<<   作成日時 : 2014/04/27 23:18   >>

トラックバック 0 / コメント 4

 今日は、ギターレッスンの3回目、4月の最終だった。

 少し早く着いたのでグルーヴィンの店内を回っていろいろ眺める。
 ないと思っていたセミハードケースやギグバックをギター展示の奥で発見。

 しかし、エレキ用ややアコギでもクラシックギター用のものばかりでドレッドノートが入るものは見あたらなかった。お店の方が、じき入ることになっているので、入ったら教えてくれると言っていた。

 5分前になったので音楽教室の待機場所で座っていると、自分の前のレッスンの女性がRITTERのケースを肩にかけて出てきた。ギグバックかなあ、でもあのくらいしっかりしていれば大丈夫だなと思った。
画像
 このタイプの青だった気がする。
だとすれば、RITTER RCG700-9Dということになるのかな


 今日のレッスン。

●Stroke Exercise
 このページの残っていた最後のストローク練習。
 4拍目の裏から16ビートのダウン・アップで入り、次の小節の1拍目の頭がダウンというストローク。
 曲やリズムを聴きながらタイミングよく入る練習なのかなあ。

●Melody Exercise
 “♪竹田の子守歌”のアンサンブルの下パートをピック弾き。
 一度弾いたら、もうできているので、伴奏CDに合わせて弾きましょうということで、先生が上のパート、自分が下のパートで弾く。
 8分音符のところはオルタネイトで弾くのか確認すると、この曲だったら全部ダウンでいいということだった。
 曲によって弾き方を選択することになるが、オルタネイトで弾くと少し軽い感じになるということだった。
 伴奏に合わせて1回弾いて終わり。

 ここでCHAPTER7は終わっていいでしょうということになった。

  次に、もう1冊のデキスト『Tunes2』の最初の3曲(01“♪雨を見たかい/Have You Ever Seen The Rain”、02“♪心の旅”、03“♪悲しくてやりきれない”)の中から、1曲選んで弾いてみましょうということになり、最初からでいいですよといったが、最初の2曲のストロークはできるでしょうから、3曲目のアルペジオをやってみましょうということになった。

 この曲のコードやアルペジオは特に難しいこともなく、繰り返し記号やD.S.Codaなどの演奏順序の確認も問題なく、伴奏に合わせて1回弾いたら終わりだった。

 CHAPTER8に入る。

●Stroke Exercise
画像

 最初は、上記の上のものをシャッフルのリズムで弾く。使用コードはE。

 次に、下の三連符のものを3種類の弾き方で弾く。使用コードはA。
 オルタネイトは軽い感じ、すべてダウンは重い感じ、中のものはその中間といった感じ。

 ゆっくりの曲の場合は、オルタネイトは間延びして使えないということだった。

 ここで、コードの話。

 Aのコードの押さえ方は、基本は、4弦2フレット人差し指、3弦2フレット中指、2弦2フレット薬指なのだが、先生のお薦めの押さえ方は、4弦2フレット中指、3弦2フレット薬指、2弦2フレット小指という押さえ方だという。
 人差し指が自由になった方が、いろいろ押さえやすいことがあるという。

 先生の薦めるAの押さえ方は、1弦ずつ低音弦側に移動するとEsus4と同じ押さえ方になる。Esus4はEに移行するときに使われるから、この押さえ方は合理的であると思った。

 コードの押さえ方をいくつか確認。
 E、A、Aadd9、C#m、F#m、G#m、B7、Esus4、どれも問題なし。

 ここで、コード表記の約束を教えてくれた。

 Aadd9は、7th(セブンス)の入らないトライアド(基本3和音)+9thだが、A9という表記の場合は、基本3和音+7th+9thとなる約束であること。
 同様にA13の場合は、Aの基本3和音+7th+9th+13thという構成音になるということ。
 A9はA7(9)と書いたり、A13はA7(9・13)と書くこともあることなどを教わった。【()は斜め上に小さく書く。】

 ここで時間となった。

 前回、一つのCHAPTERを3回でやるようだと書いたが、4月の1回目は実質15分なかったし、3回目の今日は既にCHAPTER8に入ったということは、プログラムを必ず一通りはやってみるが、できていればすぐ次に進むのだなあと思った。

 次回(5月の1回目)は予定は、連休明けの5月7日となった。
にほんブログ村 音楽ブログ アコギへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ 

 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
Aを小指を使って押さえるって・・・練習してみよう・・・
kashin
URL
2014/04/28 06:50
>Kashinさん
 自分の自己流のAmやEの押さえ方と違って、先生のお薦めのAの押さえ方は、必要に応じて余している人差し指を低音弦にも高音弦にも回せるという利点があるからなんですね。
Pinebridge
2014/04/28 07:07
ギグバック持ち歩きには必須ですよね
私はライトケースを使ってますが^^
是非、かっこよくギグバックを担いで
レッスンに出かけてくださいね(^O^)

それから
>A9という表記の場合は、基本3和音+7th+9thとなる約束であること
勉強になりました、なるほどですね!
ササン
2014/04/29 16:45
>ササンさん
 コメントありがとうございます。

 コードは単純にダイヤグラムだけ見て機械的に覚えていましたが、理論的なことを理解していると応用が利くようになるのでしょうね。
 ふだんA9なんてコードは使いませんけどね・・・(^^;)
Pinebridge
2014/04/29 16:56

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
アコギレッスン その3(4月の3回目) Pinebridge-Guitar-Memo/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる