Pinebridge-Guitar-Memo

アクセスカウンタ

zoom RSS Web上で楽譜作成 その4

<<   作成日時 : 2014/05/09 09:53   >>

トラックバック 0 / コメント 11

 だいぶ前になるがネット上で楽譜を作成する『noteflight』というサイトがあり、ここでの楽譜作成について紹介したことがあった。(詳細は、以前の自分のブログ記事『Web上で楽譜作成 その1 』『Web上で楽譜作成 その2 』を御覧になってください。)
画像

 すべて英語のサイトではあるが、何回か操作していると感覚的に編集の仕方がわかるようになる。

 前回は、“♪Farther Along”という曲を使って、『Web上で楽譜作成 その1 』で、簡単な楽譜作成の操作の仕方と歌詞の入れ方、『Web上で楽譜作成 その2 』で、普通の楽譜で作成したものをギターのTAB譜(このときはカーターファミリー奏法)にする方法を紹介していた。

 実は、ここで作成した楽譜は、ブログに載せて演奏させることもできるのだが、なぜか以前は何回かトライしても、このBIGLOBEのウェブリブログではうまくいかなかったのだ。

 ところが、もう一つ自分がブログの勉強のために使っていたGoogleのBlogger上では、簡単に貼り付けて演奏させることができていた。(この実験は、『Pinebridge Guitar Memo 2』)

 このあたりのことは、『Web上で楽譜作成 その3』に、noteflightの面白い機能の一つである「Swing Eighth Notes」の説明とともに載せていた。

 そのフィンガーピッキング用の自動演奏できる楽譜を、このウェブリブログでも載せられないかもう一度試してめみようとやってみると、なんと、何の手も加えずに貼り付けるだけで再生できてしまった。
 少し手がかかっても何とかと思っていたので、全くの拍子抜けである。
 やってみたことは変わらないのだから、ウェブリブログ側の仕様の変更かあるいはnoteflight自体の仕様の変更なのかもしれない。

 演奏させたのは、この楽譜。( ※ つながった8分音符は、「Swing Eighth Notes」機能を使って自動でシャッフルのリズムになるように設定しています。)楽譜をクリックし、等倍表示にすれば少しだけ大きくなります。
画像

 Farther Along (Finger Picking onG 02)
 楽譜が表示されたら、左上の黒い■に赤い三角の再生マークをクリックしてください。




 上のTAB譜の右下のプリントマークは楽譜の印刷ができる。
 また、その隣のマークをクリックするとnoteflight上の大きな画面で表示・再生させることができる。楽譜と音をじっくりと追いたいならこちらの画面の方が見やすい。

 上記の楽譜(TAB譜)は、もともとは、自分で適当に演奏したものを楽譜(TAB譜)に起こしたものだが、自分で考えて演奏したものであっても、時間がたつと忘れてしまったりするので、なにか残しておく方法がないかと試行してみたりしていたときのものである。

 楽譜やTAB譜を見ても、そのまま演奏できるかどうかは別だが、演奏しているものを楽譜に起こすのはけっこう大変である。しかし、このように自動演奏してくれる機能があるので、演奏させてみて、おかしければ何度でも修正できることが大きなメリットでもある。
 そんなことをやっているうちに、なんとか実際の演奏に楽譜の表記を近づけることができてくる。

 いずれにしても、今回あっけなく表示・再生ができてしまったので、何かの機会には使ってみようと思う。

P.S. 上記のTAB譜は自分で勝手にアレンジして弾いているものなので、最後に、“♪Farther Along”の動画を載せておきましょう。
 いろんな人が、その人なりの雰囲気を生かしてこの曲を歌っていてそれぞれに味わいがあるが、今回は、歌詞を覚えるために見ていたBrad Paisleyのものを選びました。


にほんブログ村 音楽ブログ アコギへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(11件)

内 容 ニックネーム/日時
「Father Along」、いい歌ですよね。

大好きな歌です。小生もバーズやピーソール・シスターズで何回か取り上げています。

楽譜の自動演奏も聴かせていただきました。
takaboh
URL
2014/05/09 21:37
>takabohさん
 今日は、青森市で会合があり、今、帰って来たところでした。

 自分も、この歌、大好きです。
 そういえば、The Byrdsの最後のアルバムが『Farther Along』でしたね。そしてClarence Whiteはこの年に亡くなっていますが、Brad Paisleyはこの頃生まれていることになります。
 Jennifer Lawrence主演の映画の中でもこの曲が印象的に流れてましたね。
Pinebridge
2014/05/09 22:17
ご紹介のソフトが使えるレベルまでになれたらきっと楽しいでしょうね。
Tommy
URL
2014/05/10 09:54
>Tommyさん
 無料登録で、10曲までの保存ならなら自由に使えますから、レベルも何もとりあえず試してみることだと思います。(自分は、2つの登録をして20曲まで保存してます。(^^;))

 自分で作曲などということは考えなくても、例えば、楽譜集などで、音源もなくどう弾くのかわからないときなど、その部分の楽譜を入力すれば、自動演奏で聴くことなどもできますし、使い方は自由です。

 似たようなソフトはいろいろありますが、このnoteflightはアクセスすれば使えて、パソコンにインストールの必要がないというところが最大のメリットですね。
Pinebridge
2014/05/10 10:07
ブログに貼り付けられるのがいいですね。

私はTAB譜はパワータブをつかっているので
自分の打ち込んだTAB譜の演奏はそこでしてくれるので
助かってはいます。

ともあれ記録に残せるのはいいですね
それにしても最近はなんでも手に入る時代になりましたね(^O^)

ササン
2014/05/10 17:47
>ササンさん
 PowerTabEditorもいいソフトですね。海外サイトのTAB譜はこのファイルの形で配布されてるものもけっこうありますね。
 自分は、『TABS&MUSIC』(http://www.k3.dion.ne.jp/~banjokid/tabs.htm)というサイトでこの形式のTAB譜でいろいろ勉強させてもらいました。
Pinebridge
2014/05/10 18:02
最初は高田渡氏あたりが唄うといいのかな〜?!
なんて思ってましたが英語バージョンを聴くと
見事にカントリーなんですね〜!(笑い)
kashin
URL
2014/05/11 09:13
>Kashinさん
 アメリカのWikipediaを見ると、"Farther Along" is a Southern Gospel song とあり、歌詞は、1911年にW. A. Fletcherによって書かれ、(中略)、ゴスペル音楽の分野で非常に親しまれてきたとあります。

 歌いカバーしている人たちとして、以下の名前が見えています。
 The Flying Burrito Brothers
 The Byrds
 Pete Seeger
 Roy Acuff
 Johnny Cash
 Sam Cooke
 Elvis Presley
 Mississippi John Hurt
 Bill Anderson
 Smoking Popes
 Josh Garrels
 Brad Paisley and the Million Dollar Quartet
 Dolly Parton, Linda Ronstadt and Emmylou Harris
 John Starling and Emmylou Harris
 Ronnie Milsap

 ゴスペル、ブルーグラス、カントリー、ブルース、ロックなどいろいろな人たちがそれぞれの雰囲気で歌っています。

 これまで、何回か書いてきましたが、自分は、こういうゆったりしたカントリーっぽい3拍子の曲には、もう無条件に心ひかれてしまいます。
Pinebridge
2014/05/11 10:09
カントリー・ロードも同じ部類でしょうか。
この曲は息子と見たジブリ映画の”耳をすませば?”だったと思いますが、日本語で聴いてこんな素晴らしい歌もあることを知りました。晩生の私です。
Tommy
URL
2014/05/11 17:19
>Tommyさん
 映画『耳をすませば』では、オープニングテーマが“♪Take Me Home, Country Roads”でOlivia Newton-Johnが、エンディングテーマは“♪カントリーロード”で本名陽子さんが歌っています。
 もちろん、オリジナルはJohn Denver(Bill Danoff、Taffy Nivertと共作)で、1971年に発表されています。邦題は“♪故郷に帰りたい”だったと思います。
 この歌も好きな歌の一つです。 
Pinebridge
2014/05/11 17:35
>Tommyさん
 ついでです。

 以前の自分のブログ「『Get Started on Guitar』 by Chet Atkins」(http://pinebridge.at.webry.info/201107/article_8.html)の中で、最初の動画、5分24秒辺りから“♪Take Me Home, Country Roads”の練習が出てきます。
 この動画は、ギターの初心者にはとてもいい練習ができるものになっています。
Pinebridge
2014/05/11 17:47

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
Web上で楽譜作成 その4 Pinebridge-Guitar-Memo/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる