Pinebridge-Guitar-Memo

アクセスカウンタ

zoom RSS アコギレッスン その7(6月の1回目)

<<   作成日時 : 2014/06/11 15:16   >>

トラックバック 0 / コメント 6

 ちょっと間があいたが、今日はギターのレッスンの日。

 CHAPTER9

●Stroke Exercise 2,3
画像

 2はAsus4で、3はE7sus4で弾く。

●Arpeggio 2,3
 2は、Flat Picking Arpeggioで下のパターンで、|G|Bm|C|G|Em|Bm|C|D7|の繰り返し
画像

 3は、指弾きのアルペジオ、下のパターンで、|A|A|Dsus4|D Dadd9|の繰り返し
画像


●Chord Exercise 1,2
 1は、|A|E|F#m|D|をStroke Exerciseの2のパターンでストローク。
 2は、|A|Bm|C#m|D|をArpeggioの2のパターンでFlat Picking Arpeggio。


 今日は、ここでもう一つのテキスト『Tunes2』の“♪ロビンソン”、“♪I Love You”、“♪やさしさに包まれたなら”の3曲の中から“♪やさしさに包まれたなら”の伴奏に入る。
 capo4で、16ビートの伴奏になっている。

 使用コードは、G、Em7onD、D、E7、C#m7、F#m7、Bm、Em7、Em7onA、A7sus4、A7、F#m、F#7、D6。
 ふだんあまり見ないのは以下のコードかなあ。


 “♪やさしさに包まれたなら”はユーミンの歌だが、「荒井由美」のレコードのギターを弾いているのが吉川忠英さんで、この間、本人の生演奏を聴いたばかりだった。

 今日は、使用コードと、ストロークのパターン、繰り返し記号の確認で時間となった。

 今回も、あっという間に時間が過ぎてしまった。
 上記の練習の一つ一つを、先生と伴奏音楽に合わせて演奏するとはいえ、30分はすぐ過ぎてしまってあっけない感じがしてしまう。

にほんブログ村 音楽ブログ アコギへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
やっぱユーミンの曲はおしゃれなコードが多いんだね〜!
kashin
URL
2014/06/12 06:50
>Kashinさん
 いわゆる日本のフォークソングも、初期の3コードの時代から、後の「ニューミュージック」と呼ばれる人たちの曲が出始めると、何か不思議な響きがしてコードブックを眺めたものですね。
Pinebrifge
2014/06/12 07:02
おはようございます。
がんばっていますね。

ストロークのところのダウン、アップの記号
カッコの中は空振りなんですね。
こういうふうに書くと分かりやすいですね。

指板図くんのブログパーツはいいですね〜
オリジナルのコードも作れちゃうんですか。
スマホでは見られなかったですが・・

今度、私も勉強して使ってみたいです。


もりちゅ
URL
2014/06/12 10:45
>もりちゅさん
 YAMAHAの教本のStroke Exerciseでは、このようにアップ・ダウン・空振りを指定していますね。

 指板図君は、もりちゅさんのブログにもコードブックが貼り付けてありましたね。
 コードは自分で勝手にいろいろ作ることができ、表記名やスロークの速度、色など指定できます。ブログに貼り付けるのも簡単ですが、御指摘のようにスマホでは見られないのが唯一残念な点です(>_<)
Pinebridge
2014/06/12 11:03
30分のレッスンはあっという間ですね
1時間くらいあれば少し練習したという
感じになるかもしれません。
私もレッスンを受けている時は45分でしたが
いつも延長で1時間くらい教えてもらっておりました。
ササン
2014/06/12 11:58
>ササンさん
 そうなんですよ。本当にあっという間で、えっもう終わり?っていつも思います。
 すぐ次の人が待っているので(この日も、若い女性が次に控えていました)、準備・後始末を入れて30分となっています。
 グループレッスンだと60分のようですが、同じような人も知りませんし・・・(^_^;)
Pinebridge
2014/06/12 12:07

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
アコギレッスン その7(6月の1回目) Pinebridge-Guitar-Memo/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる