Pinebridge-Guitar-Memo

アクセスカウンタ

zoom RSS アコギレッスン その15(8月の3回目)

<<   作成日時 : 2014/08/27 21:55   >>

トラックバック 0 / コメント 4

 今日は8月3回目のレッスンで、CHAPTER12の続きだった。

● Chord Exercise 3
 3は、| E7 | A7 | E7 | E7 | A7 | A7 | E7 | E7 | B7 | A7 | E7 | で、すっかりブルースのコード進行。
 別に難しいコードでもなく、カッティングの入るパターンで、伴奏音楽に合わせ2回繰り返して終わる。
 A7を押さえるのに、4弦2フレット・2弦2フレットを人差し指・中指で押さえてしまったところがあり、中指・薬指で押さえるよう指摘があった。

● Melody Exercise
 今日は、F.チャーチルの“♪いつか王子様が”
 4分の3拍子で、T・U・Vの3つのパートがある。
 Vのベース的なパートは省略して、TとUを、それぞれ先生と交代してアンサンブルで弾いてみる。
 Tは、それこそメロディそのもので、10フレットまで使って弾くのだが、特に問題はなかった。
 Uも、拍ごとに音が動くが、4フレットまでのローポジションだけでできているので難しいところはなかった。

 ここでCAHPTER12が終了し、『テキスト2』は終了となった。

 もう一つのデキスト曲集『Tune2』では、CHAPTER12用の曲が4曲あった。
 CLAPTONの“♪WONDERFUL TONIGHT”、山崎まさよしの“♪セロリ”、斉藤和義の“♪歩いて帰ろう”、はっぴぃえんどの“♪風をあつめて”の中から、先生が一番難しいのにしましょうといって“♪セロリ”を選んだ。

 AM7、Bm7onE、D7(9)、DM7、D#m7-5などのコードとリズムを確認して演奏順に少し弾いてみる。

 次回は、伴奏音源に合わせて“♪セロリ”を弾いたら、もう『テキスト3』に入るということだった。

 テキスト3を用意してくださいということだったので、今日は、うっかり財布を忘れていたが、レッスン修了後、グルーヴィンの受付でテキストの在庫を確認してもらった。

 『テキスト3』はあるが、曲集の『Tune3』は取り寄せになるということだった。
 『テキスト3』だけでも、今日の午後買いに来ますというと、対応してくれたのは、春にレッスンの申込みをした係の女性だったが、「えっ、もう3に進むんですか?」と驚いていた。

 午後、『テキスト3』を購入した。『Tune3』は、次回のレッスンまでに入れておくということだった。
画像

 『テキスト3』をざっと見てみると、CHAPTER13〜18、EXTENSIONS、GLOSSARYという構成になっていた。
画像

 これまでのテキストと違って付属のCDはついていない。

 先生は、より楽譜を見ながら弾いていく感じになるといっていたが、h.o((ハンマリング・オン)、p.o(プリング・オフ)、s(スライド)、トレモロ、vib(ヴィブラート)、Harm(ハーモニックス)、q.bend(クォーターベンド)などの記号が見えているし、ハイ・コードやオープン・コード(Open And Irregular Tuningという表記)もあるし、Bottle Neck などもやることになっている。
 Blues、Jazz、Bossa Nova、Irish、Hawaiian、Okinawanの曲などが載っている。

 また、各CHAPTERに、今までのテキストにはなかった● Daily Training というのがあり、その1は、いわゆる Flat picking で8分音符や16分音符の単音を連続して弾いていくパターンがついている。

 確かに今までよりは、いろいろな要素が入っていて面白そうである。
 
にほんブログ村 音楽ブログ アコギへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
ステップアップで本格的になってきましたね
楽しみながらレベルがあがるレッスンを受けられてらっしるのが
羨ましいです!
ササン
2014/08/28 10:15
>ササンさん
 確かに今度のテキストを見ると今までより楽しめそうな気がしています。レベルが上がるかどうかは別として・・・(^_^;)
Pinebridge
2014/08/28 12:02
そうかあ・・・A7は人差し指と中指じゃ
ダメなんですね・・・?!(笑い)
kashin
URL
2014/08/29 07:28
>Kashinさん
 この場合、A7の押さえ方は、E7から移行し、またE7に戻るのに押さえやすいようにということですが、その他に人差し指をいろいろ使えるようにしておくという意味があるのだと思います。
 
 『Tune2』の最後の4曲、Kashinさんなら迷わず斉藤和義の“♪歩いて帰ろう”を選ぶんでしょうね。(^_^)
Pinebridge
2014/08/29 11:54

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
アコギレッスン その15(8月の3回目) Pinebridge-Guitar-Memo/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる