Pinebridge-Guitar-Memo

アクセスカウンタ

zoom RSS アコギのメンテナンス本

<<   作成日時 : 2014/10/25 19:46   >>

トラックバック 0 / コメント 8

 今日、イオン下田のTOHOシネマで映画『蜩の記』を見た後、グルーヴィン楽器に行ってみた。

 アコギやバイオリンの肩当てなどを見た後、楽譜のコーナーに行くと、この本が目についた。
画像
 本のタイトルは『アコースティック・ギター・メインテナンス・ガイド 〜プロの現場の調整術』(上のリットーミュージックの写真では、副題が「プロの現場の調整メンテナンス術」とあるが、実際の本は、校正されたようだ)となっており、表紙には、

 ベストコンディション&ベストセッティングを実現し
 愛機のポテンシャルを最大限に弾き出すためのノウハウ満載

 ・不具合の発見方法と調整方法
 ・プロの現場の弦交換&チューニング法
 ・プレイスタイル別セッテング例
 ・演奏シチュエーション別プロのアイディア
 ・モディファイのヒント集

 プロの現場の最前線で培われてきたアイディアをこの一冊に凝縮!

 これまでの定説は間違いだらけ!?
 これが真のアコギ・メンテ術だ!!

 などが書いてある。

 ペラペラと内容を見てみると、項目ごとに写真・図とともにわかりやすい説明が書かれている。

 たまたま、「プロの現場の弦の張り方」のページを見ると、うんうん、そうそうと納得して読めるところと、逆に、自分がいつもやっていることが、百害あって一利なし、絶対にやってはいけないこととして書いてあるところがあり、これは、買ってじっくり読まなければと、もう、即購入。

 帰ってきてから、リットーミュージックのHPを見ると、この本の見出しが載っていたので、参考に載せておきましょう。

【CONTENTS】
■第1章 愛機の総点検
◎メインテナンスの基礎知識
◎ネック側の点検ポイント
◎ボディ側の点検ポイント
◎全体的な点検ポイント
◎電装系の点検ポイント

■第2章 プロの現場の弦交換
◎弦交換の基礎知識
◎新しい弦を張る前に
◎プロの現場の弦の張り方
◎プロの現場のチューニング

■第3章 スタイル別/目的別セッティング集
◎プレイスタイル別セッティング変更例
◎シチュエーション別セッティングのアイディア

■第4章 保管と運搬
◎演奏直後のケア
◎保管に関する注意点
◎運搬の際の注意点

■第5章 目的別トラブルシューティング&モディファイのヒント集
◎手軽にできるモディファイ
◎音に関する対策とモディファイ
◎演奏性に関する対策とモディファイ
◎見た目に関するモディファイ


 そうそう、この本を買って喜んで店を出ようとしたら、店頭に新しいアコギマガジンが並んでいたので、もちろん、これも購入した。
画像
 こちらは、もう内容を見ずに購入したので、これからじっくり見るとしましょう。

にほんブログ村 音楽ブログ アコギへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
私もちゃんとした扱いを覚えねばいけ
と思ってしまいました。

百害あって一利なし 
気になります。

なにせギターほったらかし状態で年に一度
プロに頼むといった他人任せの状態が続いていますので^^
ササン
2014/10/26 13:00
>ササンさん
 『これまでの定説は間違いだらけ!?
  これが真のアコギ・メンテ術だ!!』
とあるように、これまでいいと思ってやってきたことがそうではないというところなど参考になります。
 一例をあげると、『一通り弦を張り終えたときに、「馴染ませる」とか「チューニングを安定させるため」とかと称して、弦を強く引っ張る人が、実に多い。「これをやらないとダメ」とさえ思われている筋がある。しかし、これは絶対にやってはいけない! 弦が馴染むどころか弦もギターも悪くしてしまうからだ。』とあり、その理由も説明されています。
 全面監修が小倉よしお氏になっていて、「はじめに」の中に、「プロの現場を支え続けてきた小倉流のノウハウを、一般向けに落とし込み、凝縮したものが本書である。」と書かれています。
 丁寧でわかりやすくギターを大切に使い続けるなら、是非読んでおきたい本だと思います。
Pinebridge
2014/10/26 14:31
良さそうな本ですね。

私のような素人にも
分かりやすそうです。

さっそく今、アマゾンで
注文してしまいました。

情報ありがとうございます。
もりちゅ
URL
2014/10/27 10:06
>もりちゅさん
 まだ全部を読み終わっていませんが、この本のいいところの一つは、自分で何とかできる範囲とプロに任せた方がいい範囲をはっきり書いてくれているところだと思います。
 もりちゅさんのブログで、バンジョーのフレットの「浮き」について書かれていましたので、この本のフレットのところを見たら、「浮き」についての結論は、「実験用ギターで経験を積むつもりでやるのならよいが、大切なギターなら、素直にプロにまかせたいところ。」となっていました。
 フレットの「浮き」については残念な記述になっていましたが、フレットについては5項目で書かれています。このようにプロの方が、各部分の細部やいろいろな症状ににわたって丁寧に書かれていますので、きっとお役に立つのではないかと思います。
Pinebridge
2014/10/27 11:09
通常版はamazonに予約しているので
もうすぐ配送されるともいますが・・・
ガイド版は知りませんでした〜!
さっそく申し込んでみます!
kashin
URL
2014/10/28 09:38
>Kashinさん
 アコギマガジン、いつもは、地域時差の関係でKashinさんの方が先に見ているのに。今回は逆になりましたね。
 このメンテナンス・ガイドは、ライヴをされるKashinさんにはきっとお役に立つと思いますよ。
Pinebridge
2014/10/28 10:03
この投稿を読んで注文しました。紹介ありがとうございました。
人生バックドロップ
2014/10/28 22:16
>人生バックドロップさん
 オーダーしているSUZUKAWAギター、ずいぶん遅くなっているようですが、できてきたら大切に大切にしてあげなければなりませんね。
 
Pinebridge
2014/10/28 23:37

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
アコギのメンテナンス本 Pinebridge-Guitar-Memo/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる