Pinebridge-Guitar-Memo

アクセスカウンタ

zoom RSS D-35のリペアとEASTMAN GUITAR

<<   作成日時 : 2014/12/03 22:43   >>

トラックバック 0 / コメント 6

 今日は、ギター教室の帰り、リペアを頼んでいたD-35をSOUND SPIRITSに取りに行った。

 一度状態を見てもらってから、状態・処置について以下の内容のメールをもらい、その内容でお願いしていたものだった。

********************
 状態
@TOPのブレイスは良好 問題ありません。
ABACKのブレイスはセンターラインでくっ付いてはいますが、左右の全てのブレイスが剥離している状態です。90年代MARTINより稀に見られる症状。

処置
@手の届きにくい奥から順番に時間をかけて圧着していきます。
A以前リペアされた力木、接着はされていますので若干の修正を行います。
B最終的にナット溝 サドル高 ネックの反りを私が見て調整を加えます。
********************

 やはり、裏板のセンター(D-35は2本ある)周辺はくっついていたもののその両側は結構剥がれていたということだった。

 リペアをしたSoundscapeの人は、ブレイジングがスプルースで、トップは同じ材なのでいいのだが、裏板はバック材がロースウッドで違う材なので経年変化でヤニなどが出ると剥がれることもあるような話をしていたということだった。
画像
手前が弘前でのもの、奥の2本が今回のもの
画像
 いずれにしても、見た感じはきれいに仕上がっているように思う。前に弘前でリペアしてもらったときついた接着剤の跡が目立つくらいだ。

 ついでに、ギター教室にもっていって車に積んでいたSanta Cruz OM-42の気になっていたブリッジの方端周辺のトップの歪みを見てもらい、原因として考えれることやこれから起こるかもしれない症状等について、いろいろ話を聞いた。
 まあ、こちらはもう少し状況を見てからにしましょうということにした。

 帰ろうとすると、壁につるしてあったEASTMANのシェラック塗装のギターを見てみませんかと勧められた。
 このギターはある方の所有物で、その方は同じEASTMANのラッカー塗装のものももっており、シェラック塗装のギターを見てもらうためにお店に展示しているのだという。

 OMスタイルのギターで、トップはアディロンダッックで周囲にはヘリンボーン、ヘッドとネックを継いでいるところにボリュートがあり、オープンバック・ペグというMartin OM-28のような仕様。

 試奏してみると、結構音がでるなあという印象。
 シェラック塗装・アディロンダッックというだけでなく、各部がしっかりと作られているのだろうなあという感じがした。
 低音・中音がしっかり出るし、高音もとがった音がせず、全体的に落ち着いた音で、いい感じ。

 この仕様でラッカー塗装のものがEASTMAN GUITARSのサイトに載っているE20/OM。
 そこから画像を載せておきましょう。
画像
画像
画像
画像
画像
画像
最後のヘッド裏の画像は、同じ仕様のE20/Dのものです。

 アディロンダックを使って16万円という価格が信じられないが、一度弾いてみる価値はあると思う。

 弾かせてもらったEASTMAN GUITARの感じがよくて、先にこのことを書いてしまったので、今日のレッスン内容は次回に載せることにしよう。

にほんブログ村 音楽ブログ アコギへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
自分で弾いて、
納得したものを買いたいですが・・・
ギター屋に行くと、
移りして通常な判断が出来ません?!(笑い)
kashin
URL
2014/12/04 10:38
>Kashinさん
 そうですね。
 でも、この店は開店したばかりで、アコースティックギターはまだ数えられるほどしかありません(^_^;))
Pinebridge
2014/12/04 12:35
イーストマン、私も好きです^^
ギターってファクトリーでもルシアーでも
自分の好きな音なら拘りがありません。

イーストマンのコスパはスゴイ
中国ものなんて言えなくなりますね。



ササン
2014/12/04 15:13
>ササンさん
 アディロンダックで、あのつくり、あの音ですから、考えられない価格ですね。以前はもっと安かったということですが、今の価格もこのままで行くんですかねえ。
Pinebridge
2014/12/04 15:31
イーストマンのアディロンダック ドレッドノートのラッカー塗装は友人が持っていて1時間ほど弾いた事があるのですが、弾いているうちにとても良い音で鳴り出しますね。
とても良いギターだと思います。
でもマーチンと並べて弾き比べると、イーストマンは音がバラバラでマーチンはまとまりがあります。
ほんの僅かな違いですから、値段の差で考えるとなんだかねェ(笑)
青井草
2014/12/05 16:17
>青井草さん
 持った感じが軽いのに、本当にしっかりした作りのギターだと思いました。
 品質と価格がいい意味で折り合わないギターであることは間違いないですね。 
Pinebridge
2014/12/05 21:01

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
D-35のリペアとEASTMAN GUITAR Pinebridge-Guitar-Memo/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる