Pinebridge-Guitar-Memo

アクセスカウンタ

zoom RSS 12月のとりかじカントリーとルーフトップス・ライヴ

<<   作成日時 : 2014/12/13 23:56   >>

トラックバック 0 / コメント 10

 今日は、音楽会の2本立だった。

 1本目は、14:00から八戸市六日町男山ビル地下『とり舵亭』でのGRASSPICKERSの月例会。
画像

 2本目は、20:00から同大松ビル4階『パワーステーションA7』でのルーフトップスのライヴ。
画像

●とりかじカントリー

 この月例会に参加させていただくのは3回目。

 ドブロギターの青森市のメンバーが参加できずに、メンバーが全員そろっていないこともあり、それぞれがやりたい曲を出し合いながら、今日の雰囲気が一番自由な感じがした。
画像
 今回も盛岡から女性のバンジョー弾きさんが参加していた。
 前回の若い(比較的)バンジョー弾きさんは来ないの?と尋ねると、今日は向こうのグループの忘年会を兼ねた集まりがるのだという。この女性は向こうには参加せずに、こちらに来たのだという。
画像
 定番曲のほかに、新たにやってみたい曲をとりあえずやってみようと、練習を兼ねて演奏したり、バンド演奏の休憩時間にギターの弾き語りをしてみたり、バンジョーの弾き方のワークショップのようになったりして、リラックスしながらお互いが楽しんでいる雰囲気が伝わってきた。
画像
 ブルーグラスの他にカントリーや、いつもはやることのないフォークソングまで歌う方もいて、また楽しめた。
画像
 坂庭省悟さんの曲をやったので、“♪Down By The Salley Gardens”の“♪初恋”や、“♪The Water Is Wide”の“♪海原”をリクエストすると、歌詞がわからないなあといいながらも、ギターやフィドルで弾き始め、歌ってくれたりもした。

 今日は、途中からtakabohさんも参加していて、彼がCountry Gazetteを好きなことを知っているメンバーがそのナンバーをやろうといい何曲かやってくれたりもした。



●ルーフトップス・ライヴ
 八戸のルーフトップスというバンドは、ここ毎年恒例になっているが、イッシー&バッシー氏が例によって、1曲ごとに細かいマニアックな解説をしながら、ビートルズのLPを1枚完全コピーして演奏するというライヴを行っている。

 今回は、“レット・イット・ビー”のLPの完コピライヴということだった。
画像

 チケットには、出演が「ルーフトップスほか」となっていたので、どんなバンドが前座をつとめるのだろうと思っていたら、なんと、ルーフトップスのメンバーがそれぞれ白い髭を付けて、ルーフトップスの弟バンド『ベースメント』(※ ルーフトップスが屋上なので、その反対の地下という設定)と称して登場。

 このベースメントが第1部、ルーフトップスが第2部ということで行われた。

 途中の機材トラブル時には、前もって別に予定していたと思われるビートルズに関するクイズを行ったりした。
 クイズの賞品は、アップル・レコードのマークになっているグラニュースミスという品種のリンゴだったりして、この辺にもイッシー&バッシー氏のマニアックなこだわりが感じられた。

 今日のクイズの中で、「ビートルズの最後に作られたアルバム名は?」という答えが、発売順でなく作られた順ということで『アビイ・ロード』で正解とされたのだが、どこかで名実ともに『レット・イット・ビー』が最後というのをどこかで見た気がして、帰ってからウィキペディアを見てみると、『レット・イット・ビー』の項に、次のような記述があった。

********************

 ・・・ またアルバム『アビイ・ロード』制作前にいわゆる「ゲット・バック・セッション」が終えられていることから、そのセッション後にレコーディングされた『アビイ・ロード』がラスト・アルバムという見方をされてきた。しかし1990年代に入りビートルズのレコーディング記録の詳細が公にされたことによって、1970年1月にも「ゲット・バック・セッション」は続けられ、なおかつ3月23日〜4月2日にフィル・スペクターによって再制作されたことが判明。本作が名実共にビートルズのラスト・アルバムであることが明らかになった。 ・・・

********************


 自分は、マニアではないので、この辺のところはよくわからないが、完コピにこだわるイッシー&バッシー氏の見方でいいのかもしれない。

 いずれにしても、ルーフトップスによるビートルズナンバーの演奏を大いに楽しむことができた。
(ただ、あまり大きな音を聞かないようにと診断された身としては、やや大きい音を聞きすぎたかも・・・(^_^;))


 今日は、久しぶりにtakabohさんとも会うことができ、2つの音楽会を楽しめたいい日でした。(^o^)

にほんブログ村 音楽ブログ アコギへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
昨日は、お疲れ様でした。
しかし、アップが早いですね!
お陰様で、とりかじカントリー、楽しむことができました。
ルーフトップスも一緒に楽しむことができ、良かったです。
八戸ではなかなか楽しむことができない洋楽を2つも楽しめて、ラッキーな一日でした。

takaboh
2014/12/14 08:38
退職後は多くの同好仲間と音楽を楽しめる、私が目指す環境ですね。初心者の私はこれからギター名器の聴き比べに予約できたので初めて参加させていただき耳を慣らすことから始めようと思います。
Tommy
2014/12/14 10:53
>takabohさん
 書きかけで公開ボタンを押してしまったので、その後あわてて書きました。今朝も修正中だったんじゃないかな。

 いろいろあって楽しい一日でしたね。
Pinebridge
2014/12/14 11:06
>Tommyさん
 「ギター名器の聞き比べ」、いいなぁ〜、うらやましい企画ですね。
 Tommyさんが参加するならクラシックギターの名器なのかな?
Pinebridge
2014/12/14 11:09
いい酒に、いい音楽!
幸せですね〜!
ビートルズは全部持っていますが
「アビーロード」が一番好きなアルバムです。
kashin
2014/12/14 11:10
>Kashinさん
 「アビイ・ロード」はあのスタジオ前の横断歩道のジャケット写真も有名ですが、このアルバムが一番好きという人多いですね。
Pinebridge
2014/12/14 11:34
行ってきました、明日ブログに紹介しますが一台450万円から650万円、外車が買える値段のクラシックギター5台をギタリストの宮下祥子氏が弾き比べてくれました。音色ってこんなに贅沢なんですね。身上をつぶさないようにと願いました。
Tommy
2014/12/14 17:52
>Tommyさん
 それって、あのRobert Bouchetも弾くかもしれないっていうクロサワ総本店のやつですね。
 ギター本体よりも宮下祥子さんの演奏というか本人そのものが見たい!!
Pinebridge
2014/12/14 18:12
本日(19thDEC)のデーリー東北紙が、ルーフトップス・ライブを記事で報じてくれています。
イッシー&バッシー
2014/12/19 09:37
>イッシー&バッシーさん
 記事としての紙上掲載、おめでとうございます。
 しかもちゃんと「ルーフトップス2.2」と、復興支援の『ビートルズのチカラ』の2.1のときより、バージョンをあげた名称で載ってましたね。
 写真も、白いお髭の謎のバントと間違えずに掲載されていました(^o^)
Pinebridge
2014/12/19 10:04

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
12月のとりかじカントリーとルーフトップス・ライヴ Pinebridge-Guitar-Memo/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる