Pinebridge-Guitar-Memo

アクセスカウンタ

zoom RSS アコギレッスン その32(2月の2回目)

<<   作成日時 : 2015/02/18 23:10   >>

トラックバック 0 / コメント 6

 先週は休みだったので、今日は、2週間ぶりのアコギレッスンだった。

 前回、もう一度やってみましょうといっていた●Jazzの2から。

 この練習曲は、コードがわかりにくいというか、弾いていてもあまり曲に聞こえないというか、JazzとBluesが混じったような感じというのか、とにかく弾いていても自分にはしっくりこない感じの曲。
 家で練習していたときも、いつもはあまりギターについていわない妻も、それで合っているの?と聞いたくらいだから、やはり同様に感じたのだろう。
 コードを再掲しておこう。
 | F7(9) | B♭7(13) | F7(9) | Cm7 B7(13) |
 | B♭7(13) | Bdim | F7(9) | Am7-5 D7(♭9) |
 | Gm7 | C7(9) | F7(13) D7(#9) | Gm C7(9) |



 今回は、音源も載せておきましょう。





 次は、Richard Marxの“♪NOW AND FOREVER”
画像
 こちらは、最初なじみのない曲だったが、原曲を何度も聞いて耳に馴染ませるようにしてきた。
 アルペジオ自体は難しいところはないのだが、途中のリードギターのような箇所は単独で弾いているとリズムがとりにくく、曲をかけながら一緒に弾いてみたりした。
 今日のレッスンでは、伴奏音楽と一緒に一度弾いたら、もう終わりとなってしまった。
 2週間少しずつ弾いてきたので(というより歌ってきたので)、何となくもったいない気がした。

 ここに、この歌を覚えるために見ていたYoutubeの動画をはっておきましょう。
 (リードギターは2:16あたりから)



 次に●Jazzの3をやる。
 1小節に4回ずつストロークするだけなのだが、テンポが100なので、なれないコードは少しやっかい。
 | Cm7 | F7(9) | B♭M7 | E♭M7(9) | Am7-5 | D7(♭9) | Gm7 | G7(♭13) |
 ここではじめて出てくるコードは以下のもの。




 これは、次回にもう一度やることに。

 まだ少し時間があったので、●Bossa Novaの1をやる。



 1は、ボサノバ独特のリズムを確認するくらいの感じで、難しいこともなく終了。

 
にほんブログ村 音楽ブログ アコギへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
英語の歌は意味がとりにくいので敬遠していましたが
今回の“♪NOW AND FOREVER”はメロディが情緒があり
歌詞が出てきて分かりやすく感じました。ありがとうございます。
Tommy
2015/02/19 09:29
リチャード・マークスの声は
癒しの声ですね!!!
kashin
URL
2015/02/19 09:54
>Tommyさん
 ギターのアルペジオは簡単だったので、歌詞の意味を調べたりして、歌の方に魅力を感じて歌ったりしていました。自分の場合、カタカナ英語ですけど・・・(^_^;))
Pinebridge
2015/02/19 11:42
>Kashinさん
 彼は独特の甘いかすれ声で、結構キーが高いです。歌ってみると、鼻歌では高い方が出せなくて、ついつい頑張ってしまうので、甘さとはほど遠くなってしまいます。(>_<)
Pinebridge
2015/02/19 11:45
こうして曲をきかせてもらうと
やはり歌とギターの相性はとてもいいのだな
と思いました。

個人的にこういうスローなバラード曲
好きなんですよ(^O^)/

ササン
2015/02/20 11:01
>ササンさん
 ギター伴奏は決して難しくないのに効果的に使われているなあと感じます。
 弾きながら歌ってみると細かいところは多少違ってしまいますが、レッスンの先生もアルペジオはコードが合っていれば楽譜通りでなくてもいいとおっしゃっていました。(もちろんレッスンでは歌はありませんが・・・(^_^;))
 この曲は、歌をある程度覚えたら、ただ弾くより歌いながら弾く方が断然気持ちいいです。(*^_^*)
Pinebridge
2015/02/20 12:12

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
アコギレッスン その32(2月の2回目) Pinebridge-Guitar-Memo/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる