Pinebridge-Guitar-Memo

アクセスカウンタ

zoom RSS ねじ切れたFG-200のトラスロッドの修理

<<   作成日時 : 2015/03/08 02:12   >>

トラックバック 0 / コメント 6

 YAMAHA FG-200のねじ切れたトラスロッドの頭の部分を改めて見てみたが、やはりこのままでは作業ができないと思われたので、ナットを外してみることにした。
画像

 指板側から木片をナットにあてて木槌でたたくと、ナットは簡単に外れた。
画像
 ここで驚いたのは、ナットの下の中央部の穴だ。
 よくリペアのナット交換などの作業工程で、接着部に付いた古い接着剤を丁寧にとるなどナットと木部が密着するように気をつけることがいわれるが、その密着しなければならないナットの底部中央にこんな穴が空いているとは思わなかったからだ。

 この穴は、製作の過程でおそらくここから四角い金属プレート(トラスロッドナットストッパー)を入れるためのものとと思われる。
 それなら、このままヘッド側から指板の上部をたたけば、ストッパーは少しずつ外れてくるかもしれないと何度かやってみたが、浮いてくる様子は見られなかった。

 そこで、やむなく「北のFG弾き」さんがコメントに書いていたように、アーチ状になっているトラスロッドのねじ穴のある部分を削り取ることにした。
画像
画像
画像

 ノミでこの部分を削り取り、ストッパーの周りの木部もソルダーアシスト(本来は、プリント基板の補修や組み立てに使うものだが、先端がいろいろな形状をしていて細かい作業に結構重宝している)を使ってきれいに削りだした。
画像

 この状態で、ヘッド側から指板の上部に木片を当ててたたいてみる。
 少しずつ様子を見ながら、次第に結構強くたたくと、ほんの少し浮いてきたので、曲がったニードル状のソルダーアシストで引っかけるようにしてストッパーを外した。
画像

 もしかしたら、アーチ状の木部を削り取らなくても、結構強くたたけばストッパーは外れたのかもしれないとも思ったが、いずれこの部分は別の木材をはめ込んできれいに整えてからナットをつけることになるだろうからいいこととしよう。
画像

 トラスロッドのねじの径は5mmと思われたので、工具箱のボルト・ナット・ねじの中から合わせてみると内径5mm外径8mmの六角ナットがちょうどぴったりだったので、仮につけてみた。
画像
画像

 ストッパー代わりの丸いワッシャー(平座金)も大きさがちょうどよい感じだった。
画像

 この状態で、ナットをはめ込んで(はめ込んだだけで、まだ固定はしていない。この部分には別の木材をはめ込んでから接着しようと考えている。)
画像

 ペグポストから外していた弦を戻し、トラスロッドを少し締めてみる。
 普通に機能しそうに思われるが、何しろもともとこの部分は無理矢理締め過ぎてねじ切ってしまったのだから、最初からぎりぎり締めても、そう簡単にはネックは戻らないと思われる。

 今回は、少しずつ時間をかけて締めながら様子をみたいと考えている。
 それまではナットもまだ固定せずに、トラスロッドの調整ができる空間は残しながら、できるだけ別の木材をはめ込めるようにしたいと考えている。
 トラスロッドを締めている六角ナットもステンレス製の厚みのあるものに換えようと思っている。

 この作業、ゆっくり時間をかけてと思っていたが、やり始めたらあっという間だった。
 作業しながら撮っていた写真を整理・加工してMemoブログに記録しておこうと思ったら、もうこんな時間になってしまった。
 ふう〜、もう寝よう(>_<)

にほんブログ村 音楽ブログ アコギへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
遅くまでお疲れ様でした!

でもとても上手く進んでいる感じを受けます

旨い具合にアーチ状の削り取りもできて
ロッドの頭の部分も出てきているので
凄いなぁと思って拝見しておりました。

後は、これでロッド調整が上手くいくと
万々歳ですね。

進捗状況をたのしみにしております!


ササン
2015/03/08 13:46
>ササンさん
 やはりやり出すと止まりません。
 それに久しぶりに木工用のノミなど取り出したら切れ味がいまいちすっきりせず、きれいに研ぎ直したりしていたら時間がかかってしまいました。
 写真の仮締めしている六角ナットは、滑り止め付きのものなので、それから普通のステンレスのナットに換えています。
Pinebridge
2015/03/08 16:16
お疲れ様です
順調に進んでるようですね、良かったです
私のもほとんど同じ感じで、その後も安定しています
実は木部を少し削って本来のナットストッパーを再利用しようとも思いましたが、木部のマージンがどの程度あるのか判断に迷い、ワッシャーで済ませました
後はネックが安定してくれるように徐々に…ですね
このBLOG記事が多くの同胞の救いになりますように(笑)

北のFG弾き
2015/03/08 19:32
>北のFG弾きさん
 ワッシヤーが薄いので強く締めると少し変形します。
 そこでワッシャーを2枚にして締めてみると・・・、んんっ!? このあとはまたあとでブログにupします。
Pinebridge
2015/03/08 19:51
気分はまるでクラフトマンですね〜!
いっそ、ギターを作ったらどうですか!
kashin
URL
2015/03/09 07:17
>Kashinさん
 クラフトマンなどとはとてもいえませんが、こうやっていろいろ作業するのは好きなんです。
Pinebridge
2015/03/09 09:43

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
ねじ切れたFG-200のトラスロッドの修理 Pinebridge-Guitar-Memo/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる