Pinebridge-Guitar-Memo

アクセスカウンタ

zoom RSS FG-200のトラスロッド修理 続き

<<   作成日時 : 2015/03/10 00:05   >>

トラックバック 0 / コメント 6

 今日、昨日のホームセンターより工具・パーツ類が充実しているもう一つのお店に行ってみた。

 ねじ類のコーナーだけでも相当の種類が置いてあり、ナットのところを見ると、ありました、ありました、通常の六角ナット以外にもいくつかの種類が。
画像
 ナットとしては、座金とナットが一体となっていて結果ねじ溝部分が通常より少し長いフランジナットと、プリント基板などを押さえるための真中高ナットの2種類を購入。

 フランジナットは、ワッシャーをはさまなくても使えることと、その座金にあたる部分からねじ溝が切ってあることが、今回のようなケースの場合(ねじ山を舐めてしまい、さらに新しい部分まで木部を掘って締め直す)、一番適しているように思った。

 真中高ナットは、ねじ溝の部分がたっぷりあることがいいと思った。ただし、これほど深く掘ることもないだろうとはおもったが、安かったので念のために購入した。

画像
 まず狭い木部を削るときに、ルータでヤスリやドリルを使った際、肝心のトラスロッドのねじ山を傷つけては意味がないので、トラスロッドのねじをすっぽり囲むように5×15のスペーサーを打ち込んでから作業した。
 (こういう作業のときこそ、前前々回のブログ『トラスロッドの修理に関する情報』に書いた「Truss Rod Rescue Kit」があれば楽なのですが・・・(^_^;))

 それでも電動ルータなども使って削ったので作業的にははかどった。
画像

 フランジナットで締めてみると、ねじ山・ねじ溝がしっかり噛んでいて締まっていく感じがした。

 ここではソケットレンチはドライバーグリップのようなスピンナーハンドルだけで作業し、てこの力で大きな力が加わりすぎるフレックスハンドルやTハンドル、ラチェットハンドルなどは使わないことにした。(これで何度も失敗してますからね〜(>_<))
画像

 どうやらうまくいきそうである。

 ここで、もう一つの真中高ナットも試してみた。
画像
 ところが、回していく途中で、先端がまだ木部に達していないのに、キーキーと少し抵抗を感じながら回している感じがして、ねじ山とねじ溝のピッチがちゃんとあっていない可能性も考えられるので、それ以上は無理をせずやめた。写真はフランジナットで締めたあとに真中高ナットをはめ込んで撮った再現写真である。

 このあとは、トラスロッドのみで無理矢理調整することはやめて、ネック自体にクランプと金属フレームを使って負荷をかけたりしながら様子をみたいと考えている。

 現在時刻は15:00。
 前回のブログが、前日の分を今日の朝にupしていたので、今日の作業分を今upすると、1日に2つのブログ記事になって煩わしくなるので、タイマー機能で日付が変わってからupするようにしておきましょう。
 
にほんブログ村 音楽ブログ アコギへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
随分すすみましたね

ギターを弾く方が手先も器用?

あれ、わたしはまったくダメでした^^

pinbridgeさんネックアイロンもお持ちなんですか?

ササン
2015/03/10 16:38
>ササンさん
 ネックアイロンは持っていません。
 ストリングベンダー付きのテレキャスターを貸してくださった方が、この一連のブログを見ていて、ネックアイロンを貸してもいいよといってくださっているのですが、現在、順反りのネックが逆反りになるくらいクランプで負荷をかけながら、ネック部分をストーブの熱で暖めたりしています。
 原始的な方法ですが、以前、ウクレレのネック(この場合と反対に逆反りでしたが)この方法で何とかなりましたので。
 このあたりのことも、また、ブログにupしますね。
Pinebridge
2015/03/10 16:54
着々と進んでますね、何よりです
少し思ったのですが、フランジナットはスチール製ですか?ステンレス製ですか?
硬度が低い物のほうが適しているように思いました
以前、畑は違いますがメカニックの師匠からナットとボルトは硬度を合わせる事と良く言われました
トラスロッドの場合は曲線を描いて入ってるので、一般には、より柔らかいブラスがナットに使われてるのでは無いのかな?と。ナットも長い方が良いのは理想ですが、仮にトラスロッド自体にカーブがあるとすれば思うに過度に長い物は無理なのでしょう
余計な話かもしれませんね、ごめんなさい

北のFG弾き
2015/03/10 20:08
>北のFG弾きさん
 フランジナットは【材質】鉄 の表記があります。
 いくつか材質の違うナットで締めてみましたが、確かに柔らかい材質の方がしっくりくる感じがしましたし、現に硬いステンレスの六角ナットでトラスロッドのねじ山を削ってしまいましたので、ナットは硬いとだめなんだなと考えていました。
 ですから、北のFG弾きさんの書かれたコメントの内容は納得できます。
 ちなみに真中高ナットは【材質】真中 でニッケルメッキです。真鍮が面倒で真中という表記なのだと思います。
Pinebridge
2015/03/10 21:58
早速のレスありがとうございます
スチール製なのですね、手持ちにステンレスもあったのですが師匠の言葉を思い出しスチール製の安価なナットで済ませて安定しています
それにしても、木部にマージンがあるのは勉強になりました、冒険に感謝です
有益な情報ですよね、かく言う私も「YAMAHA FG トラスロッド折れ」でググってここにたどりつきましたから…。
「たどり着いたらいつも雨降り」って事じゃ無いんですよね(笑
北のFG弾き
2015/03/10 21:59
>北のFG弾きさん
 風呂に入りながらスマホで見て、書き込んだところでした。
 深く彫り進むのは怖いので、六角ナットでねじ山の削れた分だけと思ってやりました。
 今のところ、スポッと沈んでしまう(お〜、コワッ!(>_<))ことはないようです。
Pinebridge
2015/03/10 22:07

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
FG-200のトラスロッド修理 続き Pinebridge-Guitar-Memo/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる