Pinebridge-Guitar-Memo

アクセスカウンタ

zoom RSS FG-200のネック調整 その後1

<<   作成日時 : 2015/04/01 14:07   >>

トラックバック 0 / コメント 6

 かつて八戸市田向に、ギター製作工房を併設し、主にエレクトリックのギター・ベースの販売から修理、改造、製造までを一環して行うことのできる『ホイールノートギター』(Wheelnotes GUITARS)という個人ショップがあった。

 ネットで紹介されたり店のサイトもあった。
 以前、何度か店の前まで行って入らずに戻ったことがある。
 エレキが中心ということだったし、住宅地の中の個人住宅ということもあって、入店するかどうかためらったのだった。

 その田向の『ホイールノートギター』に最後に行ってみたとき店舗らしい表示等が一切なく、閉店したのだと思っていた。

 その後、自宅近くの住宅街の道を通っていたとき、偶然、ある個人住宅の窓のそばの壁に、『ホイールノートギター』の小さなロゴマークがついているのを発見した。
画像
 そのすりガラスの窓からは、中を見ることはできなかったが、工具類などが掛けてあるような様子がうかがえた。
画像
 ここに移転して営業しているのか、店を閉めて転居したのかがわからずに、気にはなっていたのだった。

 それが、一昨日、いつも楽器やリペアに関する情報をいただいている方から電話をもらい、今日『ホイールノートギター』に行く予定があるが、例のFG-200を持って来てみないかということだった。

 借りていたストリングベンダー搭載のテレキャスターも返さなければと思っていたし、いい機会なので、行ってみることにした。

 自宅からは、車で5分とかからないところだ。

 ドアを開けると、中は小さな作業スペースで、電話をくれた方が『ホイールノートギター』の小比類巻さんと話していた。

 今は店を閉めて、会社員として働いているが、個人としてギターに関わる作業はここでしているのだという。

 しばらく、二人の会話を聞いていたが、その後、FG-200を見てもらった。

 トラスロッドの上部をねじ切ってしまい、木部を削ってねじの部分を掘り下げて締めていることなどを話すと、なんとここにトラスロッド・レスキュー・キットの部品があるという。
画像

 しかも、それを貸してくださるというので、大喜びで持ち帰った。

 いったん締めていたフリンジナットをはずして、カッターを回しながら掘り下げてみた。

 レスキュー・キットの使い方は以下の通りで、途中までは作業をしていたり、また、FG-200のトラスロッドは木部に埋まっている部分にもねじ山が切ってあるので、Dieを使ってのBCの作業は必要ない。
画像
画像
画像
画像
画像
画像
 さすがに専用工具だ。これがないときは結構手間取った作業が、簡単にしかもきれいに進む。
 ねじ山には影響を与えることなく、ワッシャーの大きさの分の穴が掘れていくので効率もいい。
画像
画像
 それでも、あまり掘り下げるとこわいので、少しでやめ、今度はワッシャーをはさんで締め付けた。
画像

 ここまでやったら、やはりもう少し弦高を下げる調整もしてみたいと、この間新しい弦を張ったばかりだったが、その弦をはずして作業することにした。

 調整の結果は期待した以上で、弦高も結構低くなったが、ここまでが長くなってしまったので、ここまでを「その1」とし、続きは次回に。

【 補 足 】
 『ホイールノートギター』の小比類巻さんは、エレキギターやベースを何もない最初の段階から製作できる技術をもった方で、今回、話だけでなくまだ製作途中の作品も見せていただいた。
 これまでリペアなどの仕事が主で、最初から依頼されてのオリジナルの製作は20本ほどだったという。

 自宅近くに小比類巻さんのように技術をもった人がいることはうれしいことではあるが、そういう方がショップを維持できないというのは実に残念でもったいない話である。

にほんブログ村 音楽ブログ アコギへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
専用工具を貸してもらえて、ほんと良かったですねぇ!

やはり作業も進んだようで、また一歩前進ですね。

頑張って下さい!
takaboh
2015/04/01 18:23
>takabohさん
 エレキギターは一般にアコギより弦高を低くしていますから、トラスロッドのトラブルは多いのかも知れないですね。あるところにはあるものなんですねぇ。

 専用工具は、その機能に特化している分、やはりいいですね。
Pinebridge
2015/04/01 19:16
技術があっても、それだけで生活できるほど
ギターの世界は甘くないんですね・・・
それが製作者でも演奏者でも言えることなんですね・・・
kashin
URL
2015/04/02 09:30
>Kashinさん
 八戸のあたりは、音楽好きな方が多いようですが、それでも、楽器店が次々と整理されていく状況の中、個人での製作というのは、しかもそれで生業を立てるというのは難しいのでしょうね・・・(T_T)
Pinebridge
2015/04/02 09:43

ギターを買って調整しようと思う人は
一握りの人なのかもしれませんね。

ルシアーさんもみなさん大変そうです

ササン
2015/04/02 14:10
>ササンさん
 ものづくりに関して、個人の職人と大量生産の関係は、楽器に限った話ではないですが、難しいものがありますね。
Pinebridge
2015/04/02 17:01

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
FG-200のネック調整 その後1 Pinebridge-Guitar-Memo/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる