Pinebridge-Guitar-Memo

アクセスカウンタ

zoom RSS アコギレッスンその41(5月の2回目)

<<   作成日時 : 2015/05/20 22:05   >>

トラックバック 0 / コメント 2

 今日は、“♪HEY HEY”からだったので、時間前にチューニングのあと少し弾いていたら、ちょうど入って来た先生にだいぶいい感じですねといわれる。

 しかし、レッスンになって、伴奏音源に合わせて演奏をしてみると、音源とずれるところがあって、聴きながら合わせるようにした箇所があった。

 先生から、この楽譜は確かに弾きにくいところがありますねと、弾かなくてもいい音をホワイトボードに音符を書いて理由も説明してもらった。

 この箇所の音は、Youtubeで弾き方を解説しているいくつかの動画でも出てこない音ではある。
 あとは、4回繰り返す歌の箇所は、ギターではベースの単音弾きのところがあるが、そこもコードを押さえた上で弾くことやその際他の弦を弾いてもいいことを教わる。

 弾き方を解説している動画の中から、画面上にTAB譜もでてくる動画を一つ載せておこう。
 この動画では、YAMAHAのギターを使ったモヒカンの軽い感じの先生が説明しているが、見た目よりはずっと丁寧な解説をしてくれている。

 レッスンで弾いているものはこれより複雑で全体的に音数が多いが、今日のレッスンで弾かなくてもいいよと教えてもらった箇所は、下の図で、2弦8フレットが太字になっている箇所。
画像
 レッスンの楽譜では、この箇所は、2弦8フレットと同時に3弦9フレットも弾くことになっている。
 今は、慣れたので弾いているが、他の動画を見ても、この音は弾いていないようだ。

 一応終了で、次は、●Rhythm Exercise 5 と ●Reading Exercise 5 






1+2


 使っている音は単純なのだが、何しろリズムがとりにくい。
 四分音符と8分音符、二分休符・四分休符・八分休符、付点、スラーが出てくるが、ここまではいいとして、全体にシャップルのリズムになっている。
 『口で言えないリズムは弾けない』といわれるが、シャッフルになるとちょっと大変。
 上の楽譜通りに作った音源でさえ、アンサンブルが合っているように聞こえないのはどうしたことだろう。

 コードストロークをシャップルのリズムで弾きながら、メロディを読んでいくと比較的とらえやすいようには思うのだが・・・(^_^;))

にほんブログ村 音楽ブログ アコギへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ 


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
ビッグ・ビル・ブルーンジーのオリジナル演奏画像を見て、驚愕しました。慣れ親しんだエリック・クラプトン・アンプラグド・スタイルとは、フィンガリングがそうとう違うからです。
テーマの始まりはビッグ・ビルもエリックも同じですが、メロディのピークの1弦9フレットの弾き方が異なります。エリックは1/2/3弦でD7のようななフォームを押さえてこの音を出しますが、ビッグ・ビルは何と、最初のフォームを押さえたまま、小指をストレッチして1弦のメロディを引きます。そうとう手が大きい人でなければできません。また親指のベースラニングの確実なこと、さすがオリジナル・ブルースマンです。
私の仮説ですが、ビッグ・ビルが英国で人気となり、デイヴィ・グレアムあたりがまずこの曲をコピーしたと思われます。そのコピースタイルが、エリックなど英国ギタリストに広く普及したのではないでしょうか。
エリック・クラプトン・スタイルは弾きやすいです。しかし本場ブルースのリズム感と、半音の半音あたりの微妙な音は出せていないと思います。
やはり本家ビッグ・ビル・ブルーンジーの音が本物だと認識した次第です。
イッシ―&バッシ―
2015/05/22 22:10
>イッシー&バッシーさん
 コメントありがとうございます。

 Big Bill Broonzyが普通のギターを持っている写真を見ると小さく見えますから、名前の通り大きな人だったんでしょうね。

 確かにClaptonとBig Bill Broonzyの弾き方はけっこう違いますね。

 例えば、最初の2弦2フレットから7フレットへのスライドの後、1/4ベンドするところをBroonzyは3弦6フレット・2弦8フレットでベントし、この3弦6フレットを押さえたまま上に書いた写真の箇所も同じように3弦6フレット・2弦8フレットで弾いています。

 Claptonは1/4ベンドを、2弦8フレット・3弦7フレットでベンドし、その後イッシー&バッシーさんのいう押さえ方にフォームを変えていますね。

 解説動画にもいろいろあって、Broonzyに近い弾き方のものや、また、Broonzyはこう弾いているけれどClaptonはこう弾いているよと解説しているものまでありますね。

 それぞれに個性があり、ニュアンスまで含めると多種多様といえるかもしれません。
 まあ、ここは教則本通りに弾いておきましょう。
Pinebridge
2015/05/22 23:03

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
アコギレッスンその41(5月の2回目) Pinebridge-Guitar-Memo/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる