Pinebridge-Guitar-Memo

アクセスカウンタ

zoom RSS アコギレッスンその56(10月の2回目).“♪君の友達 You've Got A Friend”

<<   作成日時 : 2015/10/15 21:54   >>

トラックバック 0 / コメント 0

 昨日のレッスンのことをMemoしておこう。

 今回のレッスンは、Carole Kingがつくり、ギターではJames Taylorが歌った“♪君の友達 You've Got A Friend”

 しかし、今回は2カポGでイントロからのあの有名なフレーズを弾くのではなく、本来のキーのAで弾いていくというもの。
 しかも、指定は指弾きというだけで、アルペジオの弾き方の指定はなく、曲の感じにあわせて自由に弾いて良いということだった。
 (ただし、歌詞でいうと『♪and you know whenever I am』のあとのBm7の箇所だけは、伴奏音源と同じリズムで弾くように指定された。)

 難しいコードもなく、まず伴奏音源にあわせて弾いてみましょうということになった。

 先生と一緒に伴奏音源にあわせ最後まで弾くと、この曲はもういいですねと、あっけなく終了となった。
 あまりにもあっさりと終わってしまって拍子抜けした。

 ここで、James TaylorとCarole Kingが同じステージにいる動画を載せておきましょう。
 (この動画は、イントロ部分がないのが残念なのだが・・・)



 次の曲を決めましょうということになり、同じJames Taylorの“♪FIRE AND RAIN”をやることになった。
 
 このところ、自由に弾いて良いという曲が続いていたので、少し物足りなさも感じていたのだが、今度の楽譜は、音符とTAB譜で弾き方がすべて指定されている。
 参考に、とはいっても楽譜をそのまま載せることはできないので、イントロ部分の最初の2小節だけ、自分でGuitar Proで書き起こしたものを載せておきましょう。
画像
クリックすると見やすい大きさになります。

 しかも、今回は、ほぼJames Taylorの弾き方と同じような感じなので面白そうだなと思った。

 前の曲が1回弾いただけで早々と終了したため、まだ結構時間があり、大まかに弾き方をさらってみると、やはり、あのJames Taylorの印象的な弾き方だった。

 同じパターンを使っているようでいて、少しずつ変化しているところもあり、これはやはり練習が必要だなあと思った。

 ここまで来ても、まだ時間が少し残っていたので、今度はテキストの方をやりましょうということになった。
 ところが、このところ曲集の『Tunes3』ばかりやっていたので、テキストは持ってきていなかった。

 ●Melodey Exerciseでメロディだけを弾くレッスンなのだが、先生の弾いているのを聴いていると、曲は“♪Londonderry Air”だったので、楽譜は見ずに弾けるところを一緒に弾いてみたりした。
 これもちゃんとやるのは次回、ということで終了。


にほんブログ村 音楽ブログ アコギへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
アコギレッスンその56(10月の2回目).“♪君の友達 You've Got A Friend” Pinebridge-Guitar-Memo/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる