Pinebridge-Guitar-Memo

アクセスカウンタ

zoom RSS ギターと湿度 その後

<<   作成日時 : 2016/01/28 14:37   >>

トラックバック 0 / コメント 2

 ギターと湿度のことでは、これまで『部屋の湿度とネックやせ(フレットバリ)』『ギターと部屋の湿度』と扱ってきたが、その後のことを気にかけてくださる方がいらしたので、簡単に書いておきましょう。

 まず、信頼できる湿度計がないことが問題なのだが、下の写真を見ていただきたい。
画像
左から30%、39%、43%、45%
後ろのギターはテーブルの雑多なものを隠すために置きました(^_^;))

 以前、一番信頼できるのは、そのとき一番新しくて、中間の数値を示していたデジタルのものとしたのだったが、その後、新しいものを購入し、また、一番違うと思われたシルバーのものを自分で補正してみたりして、改めて比べてみると、どうも違っているのはデジタルのもののような気がしてきた。(*_*;

 ただ当初、実際相当乾燥していたと思われる居間の湿度も、少しは改善されてきたかなと思えるようになってきた。

 もともと部屋の天井が高いという構造的なこと(自宅の設計を考えたとき、居間の天井は、プロジェクターなどのスクリーンにも使うことを考えて、ほぼ屋根の裏に壁紙を張ったようなつくりにした)もあり、また部屋の材質や部屋に備わっているもの自体が相当乾燥していて、最のころは初加湿したものはそれらが吸い取っていたことも考えられる。
画像

 なお、自分のブログを読んで気にかけてくださった方は、『家の中をすべて調節するのは非常に難しいので、各部屋の湿度を測って一番湿度の理想的なところに楽器を置いておいて、弾くときだけリビングに持ってくるとか、ケースの中に調整剤を入れておくとかでしょうね。家全体を加湿すると家の内部が結露するのでよくないと思いますよ。』とメールで教えてくださり、調整剤の画像も送ってくださいました。
画像

 現在は、部屋に結露は見られませんが、いつも弾くギターだけを居間に置いて、あとのギターはケースに入れ2階に置いています。
 たまにケースのギターを出すときは、2階の寒いところから居間の暖かいところに急に出すとそれこそ結露するおそれがあるので、ケースのまましばらく慣らしてから出すようにしています。
 
にほんブログ村 音楽ブログ アコギへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
乾燥するって、うらやましいなぁ・・・
僕は海辺なので冬でも湿度高すぎます。
濃霧注意報の時は90%越えてます(泣)
青井草茂
2016/02/01 00:16
>青井草さん お久しぶりです。

 自分が住んでいる八戸地方は、青森県にありながら、冬になると晴天が多く非常に乾燥しています。
 (西高東低の気圧配置になると、日本海を渡ってきた湿った空気は青森市や弘前市のある津軽地方に大雪を降らせ、そのあとの乾いた空気が八戸市に来るので雪はほとんど積もりません。)

 冬の八戸は、ギターにとっては厳しいところですが、逆の環境で厳しいところもあるのですねぇ〜(^-^;))
Pinebridge
2016/02/01 00:51

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
ギターと湿度 その後 Pinebridge-Guitar-Memo/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる