Pinebridge-Guitar-Memo

アクセスカウンタ

zoom RSS アコギレッスン その79(6月の1回目)“♪Dance with me”

<<   作成日時 : 2016/06/01 21:45   >>

トラックバック 0 / コメント 0

 今日のレッスンは、テキストで残っていた最後の曲から。

 レギュラーチューニングでのボトルネックの曲だっが、先生と一通り弾いてみた後、伴奏音楽に合わせて演奏し、即終了となる。

 いよいよ、曲集『Tunes3』で残していた曲、第4曲目の“♪Dance with me”に入る。

 ここで以前にも紹介したことがあったと思うが、YAMAHAのこの曲集を演奏した動画があるので載せておこう。
 動画の説明には、【音楽教室OPUS CLUBイオン高松講師によるライブの模様です♪ 出演:ギター・ウクレレ講師 尾松 泰樹 先生】とある。
 この動画では、@“♪38 Light Years”、A“♪Southern Crawfish”(1:40から)、B“♪Dance with me”(3:38から)の3曲が演奏されている。

 それぞれ曲集『Tunes3』の1・3・4曲目に載っているもので、@・Aはこのコースに入ったばかりのとき参考にさせていただいた。
 それまで『Tunes2』を使っていたアドバンスコースのときは音源CDが付いていたが、エクセレントコースの『Tunes3』にはCDが付属していなかったからだ。

 今日のレッスンでは、ゆっくりと音を確認しながらさらってみる。
 なお、上で紹介した動画ではピック弾きをしているが、今回はEarl Klughのように指弾きでやってみましょうということに。(本来この曲は、テキストのCHAPTER14に対応したところなので、順番にやっていればフラット・ピッキングなのだろう。テキストは最後まで終わっているので、どう弾こうが自由です(^_^;))
画像

 最後までさらって、先生の押さえ方の運指を聞いたりしているところで、時間となる。

 レッスンではギター演奏だけをやってきているが、曲集『Tunes3』には、歌のある曲のときには、演奏譜のあとに歌詞の付いた簡易弾き語り譜が付いている。
画像

 実際の曲を聴いてみることが、演奏の参考にもなるので、OrleansのLive動画も載せておこう。(この曲を作ったJohn Hallが真ん中にいる)


 今日は、レッスン終了後、うれしいことが一つ。
 いつもギター・音楽情報やアドバイスをくれるKさんが、わざわざグルーヴィンの近くに来てくれて、「"Celebrating 100 Years of the Dreadnought" 2016 Calendar」をくださった。
画像
 このカレンダーの最後に、D-35 BRAZILIAN 50TH ANNIVERSARYの写真が載っており、D-35を使っている自分ならほしいだろうと、わざわざ海外から取り寄せるときに余分に用意してくれたものだという。
 感謝、感謝です。(^o^)

にほんブログ村 音楽ブログ アコギへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
アコギレッスン その79(6月の1回目)“♪Dance with me” Pinebridge-Guitar-Memo/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる