Pinebridge-Guitar-Memo

アクセスカウンタ

zoom RSS 中身の濃いアコギ関連の本2冊

<<   作成日時 : 2016/06/06 12:38   >>

トラックバック 0 / コメント 2

 昨日、ふらっと入った書店で思いがけず見つけたアコギ関連の本が2冊。
 奏法について書かれた本と、関連機器について書かれた本だ。
 中をざっと見て、迷わずどちらも購入。

 1冊は、「Acoustic Guitar Book」のシンコー・ミュージックMOOKから出された『SOLO GUITAR SPECIAL』
画像
 この本を書店で見たときは、うれしかった!

 フィンガーピッキングによるソロ・ギターは、以前に比べると近年いろいろな方が出てきたのだけれど、一部をのぞけば、まだまだ超がつくくらいマイナーな世界のようだ。

 巻頭の岡崎倫典・打田十紀夫・南澤大介3氏によるトーク記事のあと、「ソロ・ギタリストの系譜」として、中川イサト・岡崎倫典・小松原俊・岸部眞明・住出勝則の各氏の名前が出ているが、押尾コータローは別としても、そのあとから今に続くギタリストの名前を見ても、おそらくこの世界に多少なりとも足を踏み入れている人以外は分からないのではないだろうか。

 この世界とはまた少し違うが、アコギ界ではビックネームである石川鷹彦・吉川忠英の両氏の名前でさえ、一般の方はご存じないようだから無理もないけれど・・・(^_^;))

 そう言っている自分自身だって、学生時代にはフォークソングに夢中になってギターも弾いたけれど、何十年もの空白期間を経て、ギターを再開するまでは知らなかった世界なのだから。

 ギターを再開してから、ただかき鳴らして歌うだけでなく、ギターの演奏そのものに興味がわき、ひとりでいろいろ調べたり聴いたりするようになって、この世界に引き込まれた。

 最初はとうてい自分には無理だと思っていた演奏が、一音一音ずつ音を拾って弾いているうちに、何となくそれらしくなってくると、これが面白くてたまらなくなったのだった。
 ギターに触れていると、いい歳でも少しずつは向上するものです。

 それでも本当に独りで自己流でやっていたので、基本的なことからちゃんと覚えたいと思って退職してから音楽教室に通っている。
 その音楽教室の教程も終わりに近づいてきたところだった。

 この本を見たとき、またソロ・ギターもやってみたいなあと思った。

 押尾コータロー、トミー・エマニュエルのスコアから、南澤氏の「ソロ・ギター・アレンジ術」、打田氏の「ルーツ・ミュージックのテイストを取り込む」の記事、若手各ギタリストの特色を生かした奏法解説などが載っている。

 どれも興味深く、ついついやってみたくなるものばかり。
 伍々慧さんの「豊かなトーンを生み出すためのベーシック・メソッド」などは、逆にこういう特集本には珍しいくらいの真摯な基礎練習について書かれている。

 ただ、今は、目の前にやらなければならないことがぶら下がっていて、こちらに時間をかけてはいられない。

 あとで、じっくりと見てやってみたいと思っている。 


 もう1冊は、「ACOUSTIC GUITAR MAGAZINE」のリットーミュージックから出された『ピックアップ&プリアンプ・ブック』
画像
 こちらは、ピックアップ51機種とプリアンプ27機種を解説。
 Martin D-28でこれらを使用した音源CDが付属になっている。

 ピックアップはその仕様によって、電源要・不要のアクティブ・パッシブ、そして、音の拾い方でマグネティック、アンダーサドル、コンタクト、複合、その他が見やすく表示されている。

 自分のギターには、入手したときからピックアップがついていたものが2本あり、1つはアンダーサドル、1つはアンダーサドル・コンデンサーマイク併用になっている。(実は、もう1本あるのだが、これはサイレントギターなので標準仕様で当たり前)

 これまでは、ほとんど部屋で一人で弾いていただけだったので、生音の向上のために取り外してしまおうかと思ったりもしたが、最近ライブに参加したりもするようになると、これが結構必需品だったりしてけっこう助かっている。

 上記の2本のギターのうちの1本が自宅のアンプにつないだとき、少し雑音がするので、どうしようかなと思ったりしていたのだが、現在ピックアップはあまりにも種類が多く、実際に音を確かめられるのは、身近に使っている人のものだけでごく少ないのだ。

 今回のこの本は、これだけの数のピックアップとプリアンプの解説をしながら実際の音源がCDで付属されているという、今までありそうでなかった企画の本、大いに参考になりそうである。
 
にほんブログ村 音楽ブログ アコギへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは

ソロギター 本当に超がつくほどマイナーですよね
完全にオタクの世界かもです

音楽というジャンルならやはり歌物でしょうから
ギター音楽はクラシックは別にして伴奏と思わるかもしれません。

今回の素敵なほんの情報ありがとうございます
早速私も注文しました(^O^)/

ササン
2016/06/07 12:22
>ササンさん
 普通の方なら、なんだ歌ものの楽譜がないじゃないかで一蹴されてしまう本かもしれませんが、ソロギターやアコギ1本での演奏に興味をもたれている方ほど、心惹かれるのではないかと思います。

 ササンさんなら、この本の様々な特集、きっと楽しんでいただける内容になっていると思いますよ。(^_^)
Pinebridge
2016/06/07 13:42

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
中身の濃いアコギ関連の本2冊 Pinebridge-Guitar-Memo/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる