Pinebridge-Guitar-Memo

アクセスカウンタ

zoom RSS UR22mkIIと音楽アプリ「Grageband」・「nana」での弾き語り

<<   作成日時 : 2017/02/15 14:03  

トラックバック 0 / コメント 2

 前週末、東京へ行ったとき、DTM関連のものを見に行ったら、自分の使っているオーディオインターフェイスUR22mkIIに、コンデンサーマイクやヘッドフォンが最初からセットされた『UR22mkII Recording Pack』が売られていた。
画像
画像
 言葉で説明するより、メーカーのHPに載っている3分ほどの動画があるので載せておきましょう。
 これを見ておいた方が、下の記事も理解しやすくなるでしょうから。(^_^;)


 ここで前々回のブログ記事「音楽アプリ『nana』へのアコギ弾き語り投稿」で、書いた弾き語りの投稿の方法について、少し詳しく書いておきましょう。

 オーディオインターフェイスUR22mkIIの前面はこうなっている。
画像

UR22mkIIの「22」は、アナログ2in/2outということで、前面のMIC/LINEから2系統のギターやマイクの入力ができ、それぞれ独立して出力されることになる。
画像

 簡易DTMアプリのGarageband等では、iPadでも、こうして出力した2系統は、それぞれ入力1・入力2に割り振ることもできるし、ステレオ入力として同時に録ることもできる。

 ところが、音楽コミュニケーションアプリの「nana」では、UR22mkIIとiPadをつないだ場合、左側の1系統しか入力することはできず、右から入力したものは無視される。

 そうなると、例えば、ボーカルマイクを左、ギターマイクあるいはギターのライン入力を右にして弾き語りなどを録りたい場合、「nana」ではこれができないのだ。

 だから「nana」に弾き語りを投稿したい場合、方法は下のように3つほどある。
@1本のマイクで、ボーカルとギターの両方を拾う方法
A最初にギター伴奏を投稿し、それに歌をセルフコラボする方法
B「Grageband」で弾き語りを録音し、一度それをm4aなどの音楽ファイルにし、PCから再びUR22mkIIを通して「nana」に入力する。

 @の方法は、ただ録るだけなので、一番手軽ではあるのだが、マイクの位置をどうするかが微妙。
 ギター・ボーカルがちょうどよいバランスで録れる位置というのは、結構難しく、自分の口元・ギター・マイクの位置関係やそれぞれの距離は、試行錯誤である。

 Aの方法は、ギターの音もボーカルもクリアにとることができるのだが、本当の意味での弾き語りにはなっていない。
 自分一人で弾き語りをする場合、曲の中で自然に自分の感覚で強弱やテンポを変えて歌い演奏することになるが、この方法ではそれが難しいというかできない。
 
 ただ、この方法にもよいところはある。

 まず、一番は、『nana』に伴奏としてupしたものは、他の第三者がコラボできること。
 『nana』は音楽コミュニケーションアプリだから、むしろ、このためにあるといってもよいくらい。

 それから、自分の場合、ちょっといいなと思ったら歌ってしまうことが多いのだが、特に英語の歌は苦手で、歌詞をゆっくり見ながら歌えるのはAの方法ということになる。

 また、その逆に、伴奏の奏法と歌との関係で、それぞれ歌も伴奏も何とかなるのだが、それを同時に行うのが難しい歌というのもあるのだ。この場合もAになるが、これはそもそもそれこそ弾き語りとはいえない。

 Bの方法は、二度手間で手順がやっかい。
 しかし、この方法は、『Garageband』の機能で、事前に『nana』の制限時間である90秒にぴったり収まるテンポを決めることもできるし(ただの弾き語りで、メトロノームも使わず、うまく90秒に収めることは結構大変なのです)、ときには、他の楽器を重ねて行くこともできる。

 『nana』でも、セルフコラボでいくつも楽器を重ねていくことはできるが、『nana』では、音を重ねるたびに最初の音はどんどん劣化していくし、後で、歌やそれぞれの楽器の音量を調整したり、すでにコラボしたある楽器をはずしたりということはできない。

 『Garagebad』は、重ねた楽器はそれぞれ独立しているので、音もクリアで微調整も可能。
 気に入らなければ、その楽器だけ録り直したり、オフボーカルにして第三者に提供したりすることも可能。
 (『Garageband』は、バージョンアップして、様々な機能が充実し、録音時の音の設定にも細かい調整や加工ができるようになっており、これについては、まだ別のときに書こうと思っている)  

 @、A、Bの方法には、それぞれのよさと弱点があり、まあ、演奏する曲によって選択することになるでしょうね。

 あっ、あの・・・、肝心のUR22mkIIにバンドルされている『Cubase AI』や『Cubasis LE』については、まだよく分かっていないので、まだ書けません(^_^;))

にほんブログ村 音楽ブログ アコギへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
UR22mkIIの前にミキサーですね。
ミキサーにギターとボーカルマイク
ミックスを出力一本でUR22mkIIへ
4chの簡易ミキサーで十分でしょう
あきらまん
2017/02/16 08:18
>あきらまんさん
 マイク2本録りで音に広がりをもたせたり、ウェブキャスティングなどネット配信にも対応したミキサーが出ていることも見てはきましたが、今のところそこまではね〜(^_^;))
Pinebridge
2017/02/16 15:06

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
UR22mkIIと音楽アプリ「Grageband」・「nana」での弾き語り Pinebridge-Guitar-Memo/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる