Pinebridge-Guitar-Memo

アクセスカウンタ

zoom RSS ミシシッピ・ジョン・ハートを弾く喫茶「方舟(はこぶね)」の女性オーナー

<<   作成日時 : 2017/11/19 10:29   >>

トラックバック 0 / コメント 4

 おととい、いつも音楽情報をくださるK氏から電話をいただいていた。
 K氏は、楽器店の「SOUND SPIRITS」太田さんから、八戸市内の喫茶店のオーナーでミシシッピ・ジョン・ハートを弾きたいという方がいるが、つまづいているらしく助言してくれないかといわれて、その店に行ってみたということだった。

 この話を聞いたとき、瞬時に喫茶「方舟」が思い浮かんだ。
 実は、もう10年以上も前になるだろうか、ギターのことでネット検索していたときに、八戸の「方舟」という喫茶店の女性がミシシッピ・ジョン・ハートを弾くという文章を読んだことがあったからだ。
 そして、これは是非一度行ってみたいと思いながら、宗教関係で世間を騒がせた事件のことなどもあって、「方舟(はこぶね)」という店名に少し懸念があって行かずじまいになっており、その前を通るたびに、ああここだなあと思ったりしていたからだ。

 K氏は、その女性はジョン・ハートのほかにも打田十紀夫さんが好きだと言っていて、打田さんを好きな方といったらということで自分が思い当たり、電話をくれたと言うことだった。

 自分は、ブルースに特別詳しい訳でもなく、打田さんのカントリーブルースの初歩の初歩を少しかじったくらいなので、何年もジョン・ハートを聴いてきた方に教えられる何ものもないとは思ったけれど、この方にとても興味が湧いてちょっと寄ってみようと思ったのだった。

 ここで、改めてネット検索してみた情報を少し載せておきましょう。
 『友部正人より 〜友部さんからのお便りのご紹介です。〜』にこんなことが書かれていました。
***********************************************
2002年12月13日(金)の手紙から一部抜粋
「昨夜は八戸のA7というライブハウスでライブ。はじめてのとてもきれいなお店でした。音もとてもよかったようです。主催は昔一緒にタイ・ツアーにも行ったことのある川守田くん。今は名川町の町会議員。
彼は有名なギター・コレクターで、手に入れたばかりのレリビーを持ってきて弾かせてくれました。音はもちろんよかったけど、貝殻を埋め込んだ装飾がすごかった。はずかしくてちょっとステージには持って上がれない。
打ち上げは「箱舟」という店。詩人でもあるそこの奥さんは、今ミシシッピー・ジョン・ハートに夢中で、楽譜をそろえてギターの練習をはじめたそうです。
聞かせてもらったけど、とてもよかった。60才を過ぎてギターをはじめるなんて本当にすてきですね。
今年の八戸は前回に比べてお客さんは少なかったのですが、ラジオ局の人が次回は強力に応援してくれるというので、また楽しみになりました。」
***********************************************
2005年12月16日(金)の手紙から一部抜粋
「高速道路を車で走って八戸へ、今夜は箱舟という小さなお店でライブです。竹岸さんという年配の女性がお店のオーナーです。同人誌に詩を書いていて、いくつかの作品を読ませていただきました。詩の端正な言葉が無言で青森の大自然と向き合っているようでした。また竹岸さんはミシシッピー・ジョン・ハートが好きで、4年前からジョン・ハートのギターを練習もしています。お客さんの半分は元気な中年の女性でした。箱舟の常連だそうです。女性だけでお酒を飲むそんな仲間がいるっていい暮らしだなと思います。持ってきた詩集やエッセイ集はほとんど売れてしまいました。そんなことにもパワーを感じました。テリーさんは竹岸さんの部屋に本がたくさんあるのを見て、自分の母親を思い出していました。」
***********************************************

 こんなことが書いてあったら、やはり、一度いてみたいと思いますよね〜

 また、同じくネット検索したら、地元のデーリー東北新聞社が出している生活情報誌「chou chou(シュシュ)」の2月号に、この店の記事が載っていましたので、これも載せておきましょう。(載せていいのかな〜(^_^;))
画像
これは、是非クリックして大きくして見てください。


 前置きがずいぶん長くなってしまいました。(^^;
 この記事に夜の部が17:00からとあり、この日予定していた喫茶「るぽぞん」のアコースティックNIGHTは18:00からだったので、小一時間ぐらい話が聞けたらと出かけてみたのだった。

 いつもの駐車場に行く前に、「方舟」の前を通って様子を見ていこうとしたら、時間より少し前だったが灯りがついていてOPENの札も出ていたし、この店の駐車場も空いていたので、そのままここに車をとめて、最初はギターを持たずに入店。

 女性が一人カウンターに座っていたが、上記の写真よりは若くあれ違うなと思っていたら、カウンターの奥からオーナーの女性が登場。

 とりあえず珈琲を注文し、来店した経緯などを話していたら、竹岸さんというこのオーナーの女性がカウンターから出てきて、店内に置いてあったギターを弾きながら話し始めた。

 このギターがまたなんとも渋く、フェンダーの木製のアコースティック・リゾネーターかな。

 ブルースに詳しくない自分がこんなことを書くとそれこそブルース通の方たちには怒られそうだが、ジョン・ハートの演奏に何故か自分はブルース臭さを感じないのだが、竹岸さんの演奏はまさにそんな感じで、あたたかく素朴なスリーフィンガーだった。

 自分も、そのギターを借りて少し弾いてみたりしたら、チューニングが少し変に感じたので、車から自分のギターケースを持ってきてクリップチューナーをつけて調整したりした。(竹岸さんは、結構大きな箱形のチューナーをお持ちだったが)
 こんな感じが近いかなと自分のギターで、打田さんアレンジの“♪Will The Circle be Unbroken”を弾いてみると、彼女もこの曲を口ずさみながら少し弾き始めた。

 親指でオルタネイトベースを刻みながら、他の指でコードとメロディーを入れていく弾き方なのだが、彼女もある程度できていた。
 ただ、このベースの刻みがうまくいかないのだという。

 メロディを気にするとベースがずれたり、その逆だったりということだったので、彼女は既にその段階はクリアしていると思われたが、あえて、メロディを弾かずにオルタネイトベースだけ弾いて歌ってみたり、彼女がたくさん持っているCDに合わせてベースだけ弾いてみることもたまにはいいかもしれませんねと話したりした。

 そんなこんなで、なんと2時間もこの店にいることになってしまい、「るぽぞん」にいるボッチさんから催促のLINEがも入っていて、店を出ることにした。
 竹岸さんが、連絡先を教えてほしいと言うことだったので、メールアドレスのやりとりをしようとしたが、彼女の携帯が登録者以外の着信拒否設定をしていたらしく、これに結構時間がかかってしまった。
 途中で来店した若い女性の二人組や常連らしい男性のお客さんの協力もあって、彼女の携帯の設定も完了したのがさらに30分ほどあとだった。

 あのぐらいの年齢の女性が、ジョン・ハートを聴くだけでなく自分でも弾いてみたいと練習しているのは本当に素晴らしいことで、そういう方と知り合えたことがうれしかった。
 聴きながらほとんどの曲が口ずさめるほどジョン・ハート好きな彼女、立派です! 

 「るぽぞん」のことをはなしたら、竹岸さんもぜひ行ってみたいと話していたし、逆に「るぽぞん」や「ガロ」で「方舟」のことを話したら、よし自分も行ってみようという方がいたりして、面白い展開になりそうだなと思ったりした。

【余談ですが・・・・】
 「方舟」という店名ですが御自身はお寺の娘さんだということでした。
 この日、「るぽぞん」のあと行った「ガロ」で、高校時代の同級生S氏と会ったが、彼はお寺の息子さんで、なんと宗派が同じでこの地方に3寺しかなく、彼女を知っているというということだった。
 世の中、狭いですね〜(^_^;))

にほんブログ村 音楽ブログ アコギへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
方舟には、昔たまに行っていましたよ。
へぇー、オーナーがフォーク・ブルースを好きとは、知りませんでした。我々の先輩で確か昔は岩徳ビルで「砂時計」をやっていた方じゃなかったですか!?
ジャズ好きとばかり思っていましたが・・・。
takaboh
2017/11/19 20:32
>takabohさん
さすがtakabohさんは、八戸の音楽通ですね。
この年代の女性がジョン・ハートを弾く、これは、本当に素晴らしいことです。私のようたものでも少しでもお役に立てることがあればと思ってしまいました。
Pinebridge
2017/11/19 20:57
またまた音楽の輪を広げていますね。すばらしいです。最近八戸方面に出掛けることが少なくなったので、いつか行ったときに寄ってみたくなるような喫茶店だと感じました。そう言えば「ミシシッピー・ジョン・ハート」は中川イサトさんが追悼の歌を唄ってたような記憶がありました。
あきらまん
2017/11/20 12:29
>あきらまんさん
 中川イサトさんの曲は“♪ミシシッピ・ジョン”ですね。

 彼女の覚えたい曲をおしえてもらって、これを機会に自分も一緒に練習してみようかなと思ったりしております。(^^)
Pinebridge
2017/11/20 13:10

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
ミシシッピ・ジョン・ハートを弾く喫茶「方舟(はこぶね)」の女性オーナー Pinebridge-Guitar-Memo/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる