Web上で楽譜作成 その1

画像

 『Noteflight』というサイトがある。(http://www.noteflight.com/login
 自分のコンピュータにソフトをインストールすることなく、web上で楽譜作成が可能である。
 メールアドレスを書いて申込みをすれば、メールでアクセスするURLが送られてくるので、ログインして入ることになる。無料であるが、ちょっとした楽譜を作成するくらいではもったいないほど、機能は豊富である。
 楽器は、Piano、Bass、Drums、Violin、Viola、Cello、Guitar、Guitar(tab)、Flute、Sop.Sax、Alto Sax、Tenor Sax、Clarinet、Oboe、Bassoon、Trumpet、Trombone、Electric Bass、Electric Bass(tab)が指定でき、自動演奏も可能である。

 ユーザーネームとパスワードがあれば、どのコンピュータからでも自分の楽譜を作成できる。

 今回は、簡単な曲“Farther Along”で、楽譜作成の例を紹介しよう。

 まず、左上の赤い「NEW SCORE」ボタンををクリックすると、新しい楽譜入力の画面になる。

 楽譜の上の(Edit Title)にカーソル合わせクリックすると、タイトルが入力できる。(日本語には対応していない)

 四分の四拍子になっているので、三拍子にする。4/4をクリックすると、拍子を変えるメニューが出てくる。
画像

 音符の入力をする。入力したい小節でクリックすると、音譜入力が可能となる。
画像

 音符・記号を指定すれば、きちんと整った楽譜ができていく。
画像

 歌詞を入力してみよう。(自分は英語が苦手で、単語のどの部分がどの音符に乗っているのかわからないと歌えないので、この機能は意外とありがたい。)歌詞をつけたい音符をクリックし、メニュー左端の「La・」をクリックすると入力できる。
画像
2音にまたがる単語は、「-」を入力すると自動で次の音符の歌詞入力となる。
画像

 楽譜をすっきりさせるために、不要な部分を消す。ここではヘ音記号をクリック、ピンクに変わるのでDeleteキーで消す。
画像

 メロディだけの簡単な楽譜が完成。(スペースの関係から一部表示)
画像

 非常にきれいな楽譜ができあがる。印刷してもきれいである。web上の自分のページにsaveしておくことができ、あとで加工や修正も可能。

 とりあえず今回は、ここまで。(次回は、これを簡単なGuitar(tab)に変換しよう)
にほんブログ村 音楽ブログ アコギへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

 

この記事へのコメント