自転車で階上岳3

 日曜日、妻は早朝から仕事があり、妻を職場に送った後、家に戻るとまだ午前5時前だった。

 今日は日曜日だが、一人で過ごすことになり、いい天気で暑くなりそうだったから、涼しいうちにまた階上岳に行ってみようかなと思った。

 準備、簡単に腹ごしらえをして、5時過ぎに家を出発。

 50分ほどで、階上岳の麓に到着。飲み物を確保してから登り始める。

 今日は、麓の前のところにも地域の人が集まっていたし、登っていくと、坂の中の道路脇で草刈りやゴミ拾いをしている人たちがたくさんいた。
 「臥牛山まつり」ののぼりが下の道路にたくさん立っていたから、来週6月7日(土)・8日(日)に開かれる祭りのためや、ヤマツツジを見に来る登山客のために山をきれいにするボランティアなのだろうと思った。
画像

 先週も上の方の芝生をきれいにしていたし、今シーズンにむけての準備に一生懸命なのだなあと思った。

 今回は、時間が早いため涼しく気持ちのいい登坂となったが、休むポイントがわかっていたので、休憩所のあるところで、ほんの少しでも休憩をし、水分を補給したり、汗をぬぐい顔を洗ったりした。

 途中、一人のロードレーサーに軽く抜かれてしまったが、自分とはレベルが違うので、対抗意識など全くなく、ゆっくり焦らず自分のペースで登った。

 8合目の「つつじの森キャンプ場」の入り口で、座って水分補給をし、気持ちを新たにして9合目の大開平に向かう。

 今回は、大開平の駐車場まで、自転車を降りることなく登ることができた。
 前回、カーブの手前で自転車を降りて押したのだったが、今回、そこを乗り切ると曲がってからは、意外とがんばれた。

 大開平の駐車場にもボランティアの人たちが集まっていた。
 自転車をフェンスにつないで施錠し、スマホを外して、歩いて頂上に向かう。
画像

 途中、2度ほど、ランタスティックのアプリが動かない状態になって、焦ったが、復帰すると、直前のセッションに続けるかというメッセージが出て、継続することが出来、ほっとした。

 ここから頂上はすぐだとわかっているので、前回よりも楽な気持ちで登る。
画像

 前回、ここを降りてくるとき、ペンキ缶を持った職人さんたちとすれ違ったが、頂上前や反対側へ降りるところの鳥居が鮮やかな赤い色で塗られて光っていた。
画像


 天気がよく、遠くはかすんではいたが、八甲田山も見えていたし、前回よりも遠くまで見ることができた。
画像


 栄養補給にと持参した「マルセイバターサンド」のおいしかったこと!!

 頂上から大開平まで戻り、自転車で下る。

 今回は、途中から寺下観音の方に降りた。こちらは、下山なのに登りも下りもある道路も狭いコースとなっていた。

 寺下観音から小舟渡海岸方面へ降り、海沿いに帰ることにした。
画像
(大須賀の浜はこのポイントが一番好き)
 
 時間もたって日が高くなり暑くなって来ていたが、海の青さが気持ちよかった。
画像

 種差を過ぎ、葦毛崎展望台の辺りで少しへばって来たので、バニラとショコラのソフトクリームで元気を回復する。

 家に戻る前に、50kmを超えたことがわかり、今回が、移動距離は最長となった。

画像
 帰ってからPCで記録を見ると、なぜか今回のものが5月31日に表示されるので、日にちを6月1日になおした。(なぜか出発時間が夜の8時以降になっている。途中で、アプリが止まったりしたせいなのかなあ)

にほんブログ村 音楽ブログ アコギへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ 

この記事へのコメント

ササン
2014年06月02日 13:47
海あり山ありとものすごく環境のいいところなのですね!
なんともうらやましい限りです。

私の住んでいる古都は山はありますが海はなく
盆地なので夏暑く冬寒いと難儀な所です。

いつか仕事をリタイアする時がくれば
ぜひ東北を訪れてみたいと思うばかりです。


2014年06月02日 14:59
>ササンさん
 階上岳・種差海岸は、どちらも新たに指定された三陸復興国立公園の北の端にあたり、とてもいいところです。
2014年06月03日 10:18
朝の五時からツールドフランスとは、恐れ入りました~!!!
2014年06月03日 11:22
>Kashinさん
 今の季節でも、朝の空気は違いますね!!
 乗っていても気分がいいです。

 日が高くなってくると、暑さがこたえますからね。