クロスピッキングの勘違い

 この頃ギター以外のブログになっているので、久々にギターの練習動画もupします。

 今日(いつもながら、この時間では既に昨日)、Rosanne Cashが『The List』の最後にカーター・ファミリーで弾き語りをしていた“♪Bury Me Under the Weeping Willow”という曲を、それこそカーター・ファミリーで弾いたりしていた。

 途中で、もしこれをクロスピッキングで弾いたらどうなるだろうと思い立ち、いろいろやってみていたら、ずいぶん前に“♪Home Sweet Home”という曲で、クロスピッキングについて書いたことがあった(ブログ記事『クロスピッキング練習』 )が、このとき、クロスピッキングを勘違いしていたことを思い出した。

 このときは、クロスピッキングといいながらすべてアップ・ダウンの繰り返し(オルタネイト)で弾いていたが、どう考えてもクロスピッキングのこの場合の効率的な弾き方はアップ・アップ・ダウンであることにすぐ気付いてはいたが、今まで訂正できないままでいたのだった。(恥ずかしい~(>_<))

 今回は、TAB譜に、効率的なクロスピッキングのアップ・ダウン記号をつけたものを載せておこう。
 (急いで作ったので、各小節の幅がまちまちで違うのはおゆるしください。TAB譜をクリックすると、大きくなります。)
画像

 弾くときには、1小節をこんなイメージでとらえて弾くといいでしょう。(いわゆるforward rollってやつですね。)
画像


 簡単な曲なので、ブルーグラスに興味のない方も、頭・指の体操だと思ってやってみてください。

 久しぶりに本当の初心者のために自分のへたくそな動画も載せておきましょう。
 動画の後半は、今日少し弾いてみていた自分のよたよたの演奏“♪Bury Me Under the Weeping Willow”も載せておきます。forward rollに一部backward rollがまじります。
 
 (夜も遅いので少し抑えて弾いています。←いいわけ(*^_^*))しかもパジャマで失礼!!)
 2回やってみて、2回とも失敗しています。何しろ今日の今日ですからね~(^_^;))

【 追記 】
 深夜の演奏があまりにも拙かったので、朝一で撮り直しましたが、一晩寝ただけでは上達するわけもなく・・・(^_^;)
 でも、タイトルやキャプチャーのテストをしてみたので、これも載せることにしました。


にほんブログ村 音楽ブログ アコギへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

この記事へのコメント

ササン
2014年06月03日 10:47
クロスピッキングの文字をどこかで見たかな
と思っておりましたら、ギタ友さんの青井草茂さんの所で
拝見したのでした。
同じ系統の音楽繋がりがあってもうお知り合いでしょうか?
http://ameblo.jp/mam5283/
お節介失礼しましたm(__)m
2014年06月03日 11:01
>ササンさん
 ササンさんのサイトで、お名前を見かけたことがあるような気がします。
 「青井草茂」さんならまさにBLUEGRASSなんですね。

 これから見させていただきます。

 今、この記事のYoutubeの動画をいじっていたら、ササンさんからコメントが入ったのでびっくりしました。(^o^)
青井草 茂
2014年06月03日 13:26
こんにちは、よろしくお願いします。
動画、拝見しました。
うれしいですね、同類発見(笑)
僕もオルタネイトでクロスピッキングをやってます。
それが基本だと今でも思ってます、もちろん他のやり方も当然有りだと思うし、他にも色々なテクニックを使う人がいますね。
弾けませんけどね。
これからよろしくお願いします。
ササン
2014年06月03日 13:55
青井草さん
スミマセンm(__)m
つい同じギターつながりが広がれば
楽しいだろうなとおもってしまいまして^^

pinebridgeさん

よこやりすみません
青井草さん素敵な方なので
ご存じなけれどうかなぁと思いましてm(__)m
2014年06月03日 14:04
>青井草 茂さん
 コメントありがとうございます!!

 自分の方が少し年上ですが、BLUEGRASS関連のことはそちらのブログで勉強させていただきたいと思っています。

 学生時代はフォークソングしかやったことがなく、ずーっと弾いていなくて、いい年になってからまたやるようになってからは、フィンガーピッキングのソロギターに興味を持っているのですが、やったことのなかったフラットピッキングもとても魅力を感じています。
 
2014年06月03日 14:08
>ササンさん
 ササンさんから紹介されて、青井草さんのブログ見てみました。勉強になります。ありがとうございます。

 青井草さんのブログに書き込みをしたら、返信のコメントもあり、こちらのブログにもコメントをいただきました。

 青井草さんに返事のコメントを書き終わって、リターンキーを押したら、ササンさんのコメントがまた入っていて、またまた驚きました。
kashin
2014年06月04日 09:07
このギターのインレイは美しいですね~!
見ているだけで、楽しくなりますね~!
2014年06月04日 18:36
>Kashinさん
 最初の動画は、夜も遅かったので、2階にいってとりました。このギターはそのインレイの派手さゆえに、ふだんは、2階のケースに入れっぱなしです。久しぶりに出してあげた感じです。
もりちゅ
2014年06月09日 14:39
はじめまして
青井さんのところから来ました。

クロスピッキング!!
いいですよね。私も大好きなのですが・・
なかなか弾けません。

ギターもいい感じですね。
2014年06月09日 17:56
>もりちゅさん
 初めまして、コメントありがとうございます。

 このページ、コメントのURL欄が表示されてなかったんですね、失礼しました。
 「もりちゅ」で検索したら、素敵なHPやブログを見ることができました。「なんちゃってギター講座」に使っているMartinのロゴをもじっているもりちゅさんのロゴいいですねぇ(^_^)v
 
Kevin
2015年07月02日 18:48
ずっと気になっているのですが、どうしてクロスピッキングという呼び方をしているのでしょうか?教えてください。
2015年07月02日 19:54
>Kevinさん
 自分もそれぞれの言葉の定義を確実に把握しているわけではありませんが、自分は現在では、おおむね次のように理解しています。

 クロスピッキングは、複数の弦を弾くときに、上にある弦(低音側の弦)をダウンで弾き、下にある弦(高音側の弦)をアップで弾くと、ピックの動きがクロスするように(8の字を描くように)動くからではないかと考えます。

 3つの弦にまたがって弾くとき、常にダウン・アップを繰り返して弾くオルタネイト・ピッキングと、ダウン・ダウン・アップまたはアップ・アップ・ダウンで弾くスィープ・ピッキングがあり、オルタネイトの方はリズムがとりやすい反面、ピックの動きに無駄が生じ、スィープの方は効率的な動きの反面リズムがとりにくいという面があると思います。

 この記事の説明では、クロスピッキング=スィープ・ピッキングのように書いてしまっているので、混乱させてしまったかもしれませんね。
Kevin
2015年07月02日 22:04
早速の返事をありがとうございます。
「ピックの動きがクロスする」は僕が以前にどこかで読んだ賛同する意見で、納得です。
ご返事の「上にある弦(低音側の弦)をダウンで弾き、下にある弦(高音側の弦)をアップで弾く」のは弾きやすいのですが、「下にある弦(高音側の弦)をダウンで弾き、上にある弦(低音側の弦)をアップで弾く」ほうが格段に難しいです。何十年と弾いていますがいまだに速く弾けません。
ダウン・ダウン・アップまたはアップ・アップ・ダウンで弾くのはクロスピッキングとはいえないかもしれません。
アルペジオのように弾くのをクロスピッキングといっているような気がします。
演奏のグルーブ感を出すにはリズムがとり易いオルタネイト・ピッキングが良いと思いがんばります。
2015年07月02日 22:25
>Kevinさん
 『「下にある弦(高音側の弦)をダウンで弾き、上にある弦(低音側の弦)をアップで弾く」ほうが格段に難しい』しピックの動きも大きくなるので、スィープでとなるのだと思いますが、得手不得手もありますし、この直前・直後のフレーズとの関係もあると思います。
 最終的には自分の好きな奏法で弾くことになるでしょうけど、両方やってみたり、あるいはまた別の方法を考えたり試してみるのも楽しいし勉強になるのではないかなあと思ってやってみたものです。