自転車で鷹山宇一記念美術館

 今日は、七戸町の道の駅にある鷹山宇一記念美術館に行ってきた。
画像

 最初の予定では、ここと、さらにその先にある東八甲田ローズガーデンにも行こうと思っていたのだった。
 そこまで行けば片道50km超えになるので、往復で100kmを超えるくらいでちょうどいいと思っていたのだった。

 出発時、曇りで湿気が多く白く煙っていた。天気予報では三八上北地方は曇りで、降っても1mmくらいの降水量という予想だったので、何とかなるだろうと思っていたのだった。(一応、雨具も用意はしていた。)

 六戸のあたりから、霧雨状態になり、十和田のあたりからは雨粒を感じるようになった。

 しかし、走るのには支障がなかった。というより、体温上昇が抑えられ、のども渇かないし、走るのには逆にいい条件だったのだ。

 それでも、さすがに、十和田市のバイパスを抜ける途中あたりから、路面が濡れて光り始め、泥よけのない自転車のタイヤからしぶきが体にかかるようになった。
 今更、雨具を着てもしょうがないと思い、そのままで走り続け、ここまで来たのだから、七戸道の駅までは行って、戻ろうと思った。

 雨が本降りになり、トレパンもずぶ濡れ状態になって、道の駅に到着。
画像

 濡れたタオルで泥や砂を落とし、デイパックの中の乾いたタオルで水気をとる。トレパンの裾は、何回か絞れるほどでした。

 道の駅で、あたたかいそばを食べ一段落。

 そのあと、鷹山宇一記念美術館の見学。
 ここは、これまでにも何度か訪れているが、今日は、南部小絵馬をじっくり観た。

 見学後も雨は降り続いており、雨の中を帰途へ。
画像

 来るときと同じように、六戸あたりで雨は感じられなくなり、八戸に近づくと路面は乾いていた。

 途中、自転車屋さんに寄り、ここで扱っているCannondaleの話を聞く。
 今日納車しなければならいCannondale QUICK4(この店で一番出るクロスバイクだという)の整備・調整が忙しいようだったので、長居はしなかった。
 8月に新しいモデルが入荷予定だと話していた。

 自宅に戻り、着ているものを脱ぎ、泥を落としてから洗濯機へ。ディパックの泥なども落とす。
 それから、熱いシャワー。

 着替えてから、自転車の泥を洗い落とす。

 霧雨や路面が濡れない程度の雨なら快適でいいが、今日ぐらいの雨はやはりサイクリングには向きませんね~。
画像


にほんブログ村 音楽ブログ アコギへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

この記事へのコメント

2014年07月05日 09:37
路面がぬれると自転車は大変ですね・・・
すべったらなんて考えると、気が気じゃないよね!
お疲れさまでした!
2014年07月05日 10:37
>Kashinさん
 天気予報は見たつもりでしたが、泥よけのない自転車で雨は無謀でしたね。濡れるのはともかく、泥・砂がやっかいでした。
 この日も、スピードよりも安全を考えて、草が生えていようがでこぼこだろうが、もう極力歩道を走るようにしてきました。
ササン
2014年07月05日 12:59
雨の中お疲れ様でした

あ、そうだ、今日の地震は大丈夫でしたか?
2014年07月05日 13:18
>ササンさん
 震度4でしたが、別に何事もありませんでした。
 ご心配してくださりありがとうございます。