TREK 7.5FX にバーエンドとDuoTrap S センサーをつける

 新しく購入したTREK 7.5FX、7月28日から乗り始めて870kmほど乗ったことになる。

 100km越えの長距離を走ると、やはりクロスバイクのストレートハンドルでは、同じ姿勢をとり続けることになるので、グリップ位置を変えたくなる。ハンドルの端を外から握ったりしてみたりもするが、それでは安定しない。

 そこて、かねてから考えていたとおり、バーエンドをつけることにして、盛岡のサイクルショップタニフジさんに、ボントレガーのバーエンド、バーエンドを取り付けるためのIsoZoneバーエンドアダプター、そして、これも前からつけようと思っていたDuoTrap S センサーを注文していた。

 木曜日、それが、入荷したというメールが入ったので、この日の午後、車に自転車を積んで盛岡まで行ってきた。

 作業時間は30分ほどといっていたが、先客もあり、また、ハンドルグリップの頭のレンチ穴がなめていて、それを外すのに思いの外時間がかかってしまい、八戸に戻ってきたのはもう暗くなってからだった。

 現在使っている自転車のアプリ、『Runtastic Mountain Bike』(Pro版)はとても便利なのだが、Android仕様にはケイデンス等を読み取る機能がついていないので、センサーを試してみるのに、『IpBike』というアプリを入れてみた。

 『IpBike』は、『IpSensorMan』のインストールも要求するが、どちらも無料である。
 インストールしてセンサーの信号を受信するかやってみるが、うまくいかない。

 Bluetooth信号は受信するのに、ANT+の信号は受信しなかった。

 この日は、別にやることもあり、そのままにした。

 翌、金曜日は朝から雨だったので、センサーの調整を試みた。

 『ANT Radio Service』もインストールしてみるがうまくいかない。

 雨が上がったので、家の周りを回ってみた。
 GPSなどは機能しているのに、やはり、Bluetooth・ANT+とも連動している様子がない。

 午後になって、路面も乾いてきたので、バーエンドの具合を確かめるために、アプリはRuntasticにして、いつもの寺下観音にいってみることにした。
画像
 登り坂などは、バーエンドの先端を握ると、前傾してさらに腕で上体を引きつけることができ、今までより脚に力が入る気がした。
画像
 往復してみると、やはり今までの最短時間で、平均時速も25.4km/hでこのコースとしては最速となった。
画像
 バーエンドは、より前傾することもなるので、スピードアップにも貢献することが確かめられた。

 しかし、バーエンドはそのままでは変速どころかブレーキも握ることができないので、これを使うには注意を要する。

 さて、DuoTrap S センサーの方だが、その後、ネットでいろいろ検索してみると、ソニーエリクソン製のXperiaではANT+が使えることがわかる。さらに、自分の前に使っていたXperia arc(ソニーエリクソン製)で使えることが書かれているwepページもあった。

 そこで、今日、Xperia arcに『IpBike』・『IpSensorMan』』をインストールし、センサーをサーチしてみると、『ANT Radio Service』インストールの要求があり、指示通りインストールすると、今度はあっさりと「Bicycle S&C」を検知し、スピードとケイデンスが見られるようになった。
画像

 あまりにあっけなくて、昨日は何をしていたんだろうと思ってしまった。
 現在使っているXperia X では、Bluetoothは使えてもANT+は使えないというだけのことだったのだ。(それにしても、DuoTrap S センサーは、BluetoothとANT+の両方が使えるのだから、Bluetoothだけでも機能していいようなものだが・・・)

 いずれにしても、前機種がサイクルコンピュータとして使用できることがわかったし、ANT+の方がより省電力なので、かえってよかったかもしれない。

 あとは、Xperia arcをサイコンとして使い、Xperia XでRuntasticを使いながら、デザリングもできるかどうか、また、『IpBike』のデータをRuntasticのデータとしても使う方法がないか(または、どちらのデータも累積できる方法)などを調べてみようと思っている。

 【 参考事項 】
● DuoTrap S センサーは、TREK FXの場合、フレームに一部埋め込む形でセットし、スポークにスピード計測用のマグネット、クランクにケイデンス用のマグネットをつける。
画像

● クランクにつけるマグネットは3種類あって、一番大きいのがfor Town、次がfor Roadとなっているが、TREK 7.5FXの場合、一番大きいものをクランクにつけるとフレームと干渉してしまうので、Road用のマグネットを使う。
画像

● ただし、センタースタンドをつけている場合は、Road用のマグネットでもこのスタンドに触れてしまうので注意を要する。
画像
 

にほんブログ村 音楽ブログ アコギへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

この記事へのコメント

ササン
2014年09月07日 10:36
機材のことは分からないのですが
7月末から乗り始めて870㎞!
車のお話かとおもっておりました^^

しかしすごい走行距離ですね
健康の秘訣なんでしょうね(^O^)
2014年09月07日 11:19
>ササンさん
 今、ちょうどいつもの25kmコースを走って帰ってきたところでした。
 4月下旬から自転車に乗り始め、5月途中からは、スマホにGPS利用のアプリを入れて自動的に記録を残すようにしています。今日で、1,828kmになりました。しかし、これでも、体重は減りません!!(^_^;) ただ、記録を見ると体力はすこしずつついてきていることがわかりますね。