アコギレッスン その22(11月の1回目)

 今日は11月1回目のレッスン日。

 今日は、フィンガーピッキングばかりになるだろうと思ったので、いつものD-35ではなくて、Santa Cruz OM-42を初めて持っていく。

 ケースにチューナーが入っていなくてどうしようと思ったら、先生が自分のものを貸してくれた。
 (BOSSチューナーで、気になったので、帰ってから調べたら下記のものだった。)
 
 


 最初に、前回その場ではうまくできなかったCHAPTER15の●Daily Trainingの2をやる。
 TAB譜を再掲しておこう。
画像
 今回は、問題なくすぐに終了。


 次に、今日は、『Tunes3』の“♪BLUE DAWN”からやるといわれて、しまったと思った。

 いつもテキストで一つのCHAPTERが終了すると、そのCHAPTERに対応した曲をTunesから選んでやっていたのだが、今回はそのことをすっかり忘れていて、この曲は見ずに、テキストのCHAPTER16だけ見てきたいた。

 先生は、『Tunes3』の“♪BLUE DAWN”は、だいたいの弾き方を確認して、ちゃんと弾くのは次回ということにしてくれた。


 CHAPTER16に入る。

Three Finger Picking Exercise 1、2、3、4

 1は、Dのコードで、親指の動きに気を配りながら、人差し指や薬指の基本的な弾き方の確認といえばいいのだろうか。
画像
 このパターンを繰り返した後、多少プリング・オフやハンマリング・オンが入る。


 2は、Dのコードで、装飾音としてハンマリング・オンやプリング・オフが入る練習。
画像
 最初弾いてみると、ハンマリング・オンやプリング・オフを16分音符のように弾いていたので、ここでのそれはあくまでも装飾音なので、もっと素早くするようにと教わる。


 3は、やはりDコードを中心に、スリーフィンガーのパターンが少し違うもの。
画像
 これまでのパターンとは、人差し指・中指の入るタイミングが逆になる。


 4は、GM7とEm7(9)のコードで弾く。それぞれのコードはベース音が違うだけで1~4弦は同じ形の練習。
画像
 一つの小節の中で、同じコードの前半と後半とで人差し指・中指のパターンが逆になる。
 (GM7では5弦2フレットは押さえずミュートしているが、Em7(9)では弾かなくても5弦2フレットはちゃんと押さえる)

 スリーフィンガーは、自分の手癖になっているパターンは全く問題ないが、違うパターンだったり混在していたりすると、最初は多少戸惑ってしまうところもある。いろいろなパターンが抵抗なくできるようにしなくては。

 ここで、今日は時間となる。

にほんブログ村 音楽ブログ アコギへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

この記事へのコメント

2014年11月06日 07:16
スリーフィンガーはいまだに
うまく出来ません・・・?!
すぐ挫折してしまいます・・・
2014年11月06日 07:29
>Kashinさん
 スリーフィンガーは動きのパターンを覚えてしまうとそれほど難しいものではないと思います。

 自分は、若いときはフォークソングばかりだったので、ストロークよりスリーフィンガーの方が圧倒的に多かった気がします。

 最近ピックを使うようになってから、ピックでストローク中心の方は、案外スリーフィンガーでなくツーフィンガーの方が弾きやすいのではと思ったりしています。ピックのダウン・アップと親指・人差し指の動きが一緒ですから(^o^)
ササン
2014年11月06日 14:22
3フィンガー 自分のパターンだといいのですが
違うパターンだとしばらく練習しないと弾けません。

体で覚えたのは良いですが、
新しい対応に戸惑うこのごろです^^

2014年11月06日 17:20
>ササンさん
 位置も動かし方も理解できているのに、肝心の指がその通り動かないというのが、一番もどかしいんですよね~(T_T)
イッシー&バッシー
2014年11月12日 13:27
私は、トゥーフィンガー派です。

もともとこの奏法はカーターファミリーピッキングに始まるので、親指・人差し指のトゥーアクションですね。
フラットピッキングも同根ですね。

スリーフィンガーもカーターファミリーの発展形だと思いますが、どうしても4本指のアルペジオと混同しそうになり、結果としてリズム感が弱くなりがちです。

トゥーフィンガーはその可能性を持ちませんので、結果として躍動感あるリズムがキープできると思います。
2014年11月12日 16:36
>イッシー&バッシーさん
 コメントありがとうございます。

 上のTAB譜で、人差し指と中指の入り方が違う「3・4」は、スリーフィンガーでやると少しもどかしい感じがしますが、ツーフィンガーでやると何の抵抗もなくできてしまいます。でもまあ、これも練習と思ってスリーフィンガーでやりましたが。
 教則でなければツーフィンガーで弾くところですね。