Pinebridge-Guitar-Memo

アクセスカウンタ

zoom RSS 「みろくの滝」再チャレンジとTREK 7.5FXのスポーク折れ

<<   作成日時 : 2015/05/02 15:26   >>

トラックバック 0 / コメント 2

 この一週間、自宅で待機しなければならない事情があり、どこにも出かけていなかった。

 昨日は、一日好きにしていいということだったので、天気もいいことだし、この間近くまでいったのに天候のために引き返した「みろくの滝」までいってみることにした。

 天気はよく、いやよすぎて、厚手の長袖シャツにジーンズでは暑い感じだったが、腕まくりして走っていると、風が気もちよかった。(手袋もしなかったので、あとで、手の甲と腕が真っ赤になりましたが・・・)

 市内をぬけるのに効率が悪くて閉口したが、ぬけてからは比較的快調。

 大型車の通る国道以外で走れるところは
利用するようにした。
 南部町から三戸町までは町々を結ぶ道路を利用したが、リンゴの花が咲き誇っていてきれいだった。
画像
画像
画像
画像
 三戸町からは例によって向かい風に逆らってギヤを2つ3つ落として走行。
 長距離を走るときは、回転数が多くなっても、力を入れて頑張って漕ぐより疲れない。

 田子町では、サンモール田子から裏道を通ろうとして、ー度別方向の道に入り、引き返したりして、時間を無駄にする。

 それでも途中から再び国道を外れ、熊原川に近い農業用の道路を通ったが、これが大正解。
 比較的ちゃんと舗装されているし、川沿いの田んぼの中を通っているので、国道より高低差がないため走りやすかった。

 熊原川を見ながら走ることも多く気晴らしにはなるが、回りに何もない分向かい風は強かった。

 この道路で下夏坂まで行って国道に出た。

 夏坂の最後のところから「みろくの滝」方面への道に入る。
 夏坂ダムまでの登りを過ぎると、こんなに楽な道だったっけと思うほどですぐに「みろくの滝」への別かれ道に着く。
画像
 山の上の方には雪が残っており、そこから谷沿いに川が流れ、熊原川に合流している。
画像
画像
 落雪や倒木などのため5月1日まで通れないような表示はあったが、行って見ることにした。
画像
 道路脇にはまだ雪のあるところや木が折れて倒れているところもあったが、道路自体は案外きれいだった。連休に向けての整備がされたのだろう。

 車道から降りて「みろくの滝」に向かう道は、最初のところがぬかっていて歩けないので、林の中の落ち葉の上を歩いた。
 その先は、きれいで歩きやすかった。
画像
 ここでは、ニリンソウ(花被弁が5枚のものと6枚のものが混在していた)が目についた。(ここまで来る前に、熊原川沿いの林の下がびっしりとニリンソウで敷き詰められた場所もあった。)
画像
 滝は、いつもよりもっと水量が多いことを予想していたが、それほどでもなかった。
画像
 それでも、見ているとほっと落ち着く滝である。
画像


 帰りは、前回と同じで、下り坂に追い風を受けて快調に走る。

 途中、水分と栄養補給のために斗内のサークルKに寄った際、Runtasticのアプリがシステム停止になったのに気付かず、三戸町の入り口まで3.5kmぐらいを走っていたことが分かり、システム再開してから走行する。

 南部町の裏道を走行しているとき、後輪から異音がする気がして停車して調べると、スポークが1本頭がとれて外れていた。
 外れたスポークが他に触れて支障が出ないように、リュックからビニルテープを出し、たのスポークに固定する。

 自宅までは、まだ20kmほどあったがこれで走行し、八戸市内に入り、駄目元でと類家のサイクルショップに寄ってみた。

 ここではTREKは扱っていないことを分かった上で、TREKのスポークが折れたのだが、同じような規格のスポークとかないでしょうかと尋ねると、自転車を見ることもなく「うちはTREKは扱ってないので、TREKの店に持っていって。」という返事だった。

 はいそうですかとさっさと店を出た。
 これまで何回か来店した際の対応から、たぶん、この店ではそう言われるだろうと予想していたが、全くその通りの対応だったので、逆に思わず笑ってしまった。

 昨年10月にもスポークが折れたことがあり、同様にビニルテープで固定して走行し、帰路の途中、小中野のサイクルショップにいって聞いたとき、うちではTREKは扱っていないが少し預けてもらえば同じようなスポークでやってみるけどということだった。
 このときは、購入した盛岡のサイクルショップに連絡したら、保証期間内なので無償交換できるということで、後で盛岡までいって交換した。

 実はTREKの取扱店は、青森県内では弘前の1店だけである。
 八戸からだと盛岡の方が行きやすいので、ここで購入したのだが、こういう修理が必要なときがやっかいである。

 それにしても、このサイクルショップの対応の違いは何だろうか・・・。(-_-)
 ある意味、130km走った以上の精神的なダメージを感じた。
画像


にほんブログ村 音楽ブログ アコギへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
融通の利かないお店だね・・・
応急措置もできない自転車屋って・・・?!
ただ売るだけのお店なんだね・・・
kashin
URL
2015/05/03 06:55
>kashinさん
 扱うメーカによって自転車屋さんには自転車やさんなりの事情はあるのでしょうけれど、対応は気持ちの問題もありますからね・・・(>_<)
Pinebridge
2015/05/03 10:15

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
「みろくの滝」再チャレンジとTREK 7.5FXのスポーク折れ Pinebridge-Guitar-Memo/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる