喫茶ピーマン『ゆるゆるライブ』偶数月第3金曜日は「Sachi & Boyz」

 アコースティック・ライブ等に参加してもこの頃はupしてこなかったが、久しぶりと言うこともあり昨日のことはupしておこう。

 昨日は、八戸市六日町にある喫茶ピーマンの『ゆるゆるライブ』。
 先日、今年初めての牛小屋練習のとき、今月は偶数月だから第3金曜日のホストは「Sachi & Boyz」なので、このライブに行ってみましょうかという話になっていたのだった。

 本当に久しぶりに喫茶ピーマンへの階段を登っていくと、ライブの練習の音が聞こえていた。
 ドアを開けてみてびっくり、まだ開演前だというのに既にけっこうなお客さんがいた。

 とりあえず、楽器や荷物を置こうと階上の部屋に行ってみると、Sachiさんがいて、今日はアフターの方もいっぱいですよと言うことだった。

 『ゆるゆるライブ』では、ホストグループのライブが終わると、先着順3曲回しで自由参加のアフターライブということになるのだが、実は前回これに参加したとき、普通のお客さんをのぞけばアフターに参加したのは自分だけで、ふ良さんと二人で延々とローテーションだったのだ。

 ホストグループ「Sachi & Boyz」の演奏が始まる。
 今回は後半に少しカバー曲もあったが、「Sachi & Boyz」のオリジナル曲が中心。
 曲間のトークではお互いの牽制をしているようにみせて、作り込み・歌い込みをしている曲ばかりでさすがに三人の息が合っている。
画像
画像はクリックすると大きくなります

 ホスト終了後はアフターライブ。
 来た順ということで、自分はアフターの5番目。

 アフターの途中から来た方もいて、この日のライブは計10組。(準備の関係で自分の前のS氏の写真はありません。ごめんなさい。m(_ _)m)
画像
画像はクリックすると大きくなります

 この日初めて参加する方も2組あり、昭和歌謡からフォーク・ロックまで多種多様。
 若いユニットのエレカシ、森山直太朗は新鮮だった。
 ハーモニカ(恥ずかしくてブルース・ハープなどとはいえません)を吊して演奏した方が自分の他に2組あったのは意外でうれしかった。

 そんなこんなで、終了はけっこう遅い時間になってしまった。 
 その場で解散はしたけれど、街に出ることは滅多にないので、ガロに顔を出す。
 マスターは多分もう終わろうとしていたのだろうけど、飲み物だけ注文して少し話していると、大吉夫妻とS氏も顔を出し、ほっとした。
 話しているうちに日付もとっくに変わっていてお開き。

にほんブログ村 音楽ブログ アコギへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

この記事へのコメント