nanaから「利用規約違反の可能性」というお知らせ

 3か月ぶりにブログ更新。
 それは、音楽コラボアプリnanaからこんなお知らせが届き、これはmemoしておかなければと思ったからだ。
画像


 “♪Fountain Of Sorrow”とは、Jackson Browneの曲。

 自分はこれをiPadのGarageBandを使ってつくり、2年以上も前にnanaに投稿していたもの。
 ↓こちらをクリックすると、nanaにあげた音源を聞くことができます。
 https://nana-music.com/sounds/0113f179

 何も不正なことはしていないので、無視してもよかったのだが、このお知らせのリンク先に次のような記述があった。
画像
 そのままにしておくと単に投稿を削除されるだけでなく、その後監視対象アカウントにされるということで、異議申し立てをすることにした。

画像
画像
画像
 このフォームに不正はしていない旨記入して送付した。

********************************

 今日のものにはならないだろうなと思いながらこのブログを書いていたら、2・3時間ほどして、次のような返信が届いた。
画像

 自分の投稿は問題ないものと認められたわけだが、それにしても「システムにより自動的に検出」ってどんな風に自動判定されているのだろう。
 人間が判定すればすぐにわかりそうなものだが、それが物理的に無理なくらいの膨大な数の投稿があるのだろうけど・・・。

 今回の自分のように、異議申し立てをして認められるケースってどのくらいあるんだろうか。


にほんブログ村 音楽ブログ アコギへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

この記事へのコメント