Santa Cruz Guitar Campany の丁寧な対応に感謝

DA01300D-1006-43B8-99B6-5508B50654D0.jpegA02E4F11-9369-4CED-A392-E4B5FC76DD67.jpeg
Santa Cruz Guitar のサイトでは、『Find the year your Santa Cruz Guitar was made:』
で内部にあるラベルのシリアルナンバーからそのモデルごとにギターの製造年を確認することができる。
24B5FD92-B0D9-4097-8F43-32648223922A.jpeg
53C5E74C-B47E-4E04-B040-8ED88A50D5B7.png
6E309DFB-2C6B-48F3-B90D-F3083B603678.jpeg
以前も一度見てはいたが、先日再確認のために見てみるとやはり自分のSanta Cruz ギターは1994年の製造。

その際、同じページに『Date your Santa Cruz, or Find Custom Specs Form』というのがあった。

自分のギターは中古で購入したもので、使用材などから通常のOMをカスタムで42スタイルにしたものであろうとは思っていたが、詳細はわからなかった。
30C88B36-B722-4F98-A1A5-7BC36C6CB92B.jpeg
そこで、ダメ元と思いながらこのフォームに書き込んで送付していた。

今日、全て英文のメールがあり、また迷惑メールかなと見てみると、なんとSanta Cruz Guitar からの回答メールだった。

本文からカスタム仕様部分を抜粋・整理すると、以下のとおり。(ナンバーの下2桁は伏せ字にしてあります)

OM-5※※ was completed in 1994
and customized with 42 Style abalone appointments (rosette, top border, fingerboard extension),
custom fingerboard inlays,
gold Waverly tuners
and a Fishman Matrix pickup.
All other specs are standard to the Orchestra model and can be found here: https://santacruzguitar.com/om-orchestra-model/

ほぼ自分の思っていた通りの仕様であることが確認できたが、ピックアップも最初から取り付けられていたことがわかった。
現在はFishmanからL.R.Baggsのものに自分で付け替えているが、その作業時に随分丁寧な取り付け方をしているなあと思ったものだ。製造元が取り付けたものであることが分かるとそれも納得。

メールには、他にも知りたいことがあれば問い合わせていいこと、Santa Cruz の Parabolic Tension Strings を試すなら low tension 弦をセットすることなどが書かれていた。

簡素ではあるが、きちんと回答してくれたSanta Cruz Guitar Company に感謝である。


にほんブログ村 音楽ブログ アコギへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

この記事へのコメント