爪の補強(アロンアルファ+ティッシュ) その2

 ・・・その1からの続き。

 ほんの少し乾かしてから、爪先の余分なティッシュを下向きにちぎるようにとる。(完全に乾いてからでも、爪ヤスリで削るときれいにとれるが、完全に乾かないうちに、横の皮膚についたようなところをとっておけば後の処理が楽である。) 【追記:最初から横ははみださない幅に切ってから貼るのがベスト!!】
画像
画像

 乾いたら、ガラスの爪ヤスリ(100円ショップのものはダメ)で形を整える。爪の脇のところも丁寧に調えておくと、次にのせるアロンアルファが皮膚につかない。
画像

 さらに、アロンアルファをのせる。(超強固にしたい人は、ティッシュをのせるところからこの作業をもう一度やるといいだろう)
画像

 ティッシュはぴったりと薄く貼り付いているので、横から見ても、それほど盛り上がってはいない。
画像

 完全に乾かす。といっても『釣名人は本当に乾くのが早い。
画像

 爪磨きブロックなど(これは100円ショップのものでかまわない)で、目の粗い方から順に磨いて調える。自分は、自然な感じにしたいので、あまり細かい目のものまでは使わないが、ぴかぴかにしたければ本当につるつるてかてかにすることもできる。
画像

 この状態で、爪にティッシュペーパーが貼り付いていることをわかる人はいないだろう。
画像
画像

 この方法も慣れてくれば、はがすところからここまでの工程で15分というところかな。

 今回の作業に使ったもの。
画像

 この方法は、いろいろ試行錯誤しながら自分でやってきたものなので、人におすすめはしない。
 また、瞬間接着材によって爪に不具合が生じたことはこれまでにはないが、塗るのは爪先だけにとどめて、爪全体に塗ることはやめた方がいいと思う。

 一つ気になるのは、最初にティッシュを貼っていた頃、はがれかかって、新しく貼り直すため古いものをはがそうとするとき、爪の表面も一緒にはがれてしまって、爪が薄くなってしまうことがあった。その頃は、『はがし隊』も使っていなかったことが大きい思うが、はがれ始めのときには、いつもより気をつけなければと思っている。

 にほんブログ村 音楽ブログ アコギへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

"爪の補強(アロンアルファ+ティッシュ) その2" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント