テレキャスターの12フレットにカポ Albert Collinsってすごすぎる!

 “13フレットのオルゴール”のコメントに欄に書いたように、昔、Albert Collinsというギタリストがいました。
 カポ話のついでに、今回は、この人についても載せておこう。

 今、エレキギターでカポを使うということ自体があまりないように思うが(自分が知らないだけかも)、この人は、オープンチューニングでカポ使用という独特のスタイルのギタリストだった。

 テレキャスターでものすごく歯切れのいい迫力の音を聴かせてくれるギタリストだが、以前に、12フレットにカポのようなもの(自作か特別仕様だったのかも)をつけて演奏している画像か映像を見たことがあったので、YouTube で探してみた。
画像

 同じものではないように思うが、ありました。12フレットカポの動画が!!

 “Further On Down The Road”
 
(Lonnie MackやRoy Buchananと 1985年のカーネギー・ホールでの演奏のようだ)

 ストラップを右肩にかけて、ピックを使わずに、そして高い位置にカポをつけて演奏する彼のスタイルは、独特である。

 彼はこの高い位置にカポをし、おそらくとんでもないテンションがかかった状態で、なおかつチョーキングしているからすごい。しかも指弾きで。もともとパキパキのテレキャスが彼の演奏ではキュインキュインとなっている。カポ無しで同じポジション辺りを弾いてもあのような音にはならないのだろうと思う。

 今時、こんな個性的な人はなかなか見ない。エレキよりアコギ好きの自分が、この人を覚えているのだからよっぽど強烈な印象があったのだろう。
 100mのシールド線を引きずってステージ上を動き回り、客席に降りて演奏したという伝説の人でもある。

 顔の骨格(?)もスタイルも、そして弾き方もかっこよすぎて、迫力ありすぎのすごすぎる彼である。

にほんブログ村 音楽ブログ アコギへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

"テレキャスターの12フレットにカポ Albert Collinsってすごすぎる!" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント