だれか教えて!YASSさんのギター

 鈴木康博さんの八戸ライヴのことは、前々回のブログにmemoしたけれど、あれ以来、Santa Cruzのあのギターが気になってしかたがない。

 (八戸のライヴのことは、その後、『YASS DAIRY』という鈴木さんのブログに「久しぶりの八戸で、チョット人数は少なかったですが ノリはよかったですよ^o^」と紹介されており、当日はるばる函館から見に来た方のコメントが載っていた。)

 彼のギターのうまさはもちろんだが、ピック弾きのストロークではザクザクと低中音が、そしてフィンガーピッキングでは高音もきれいな独特の音をしていた印象がある。

 Santa Cruz GuitarのHPを見ても、同じようなギターが見当たらない。ヘッドの形が現行のドレッドのどのタイプともちがう気がする。

 開演前にステージのギターをスマホで撮ったのだが、不鮮明でよくわからない。
画像

 「鈴木康博+Santa Cruz」で検索してみても、よくライヴで使用しているギターのようなのだが、詳細がわからない。

 あっちこっち見ていたら、もしかしてという可能性のあるギターが1本あった。
 それは、Blue-Gが公開しているSantacruz D-78-Rハカランダ(1981)というギターだ。
画像
 形状的には、このギターをカッタウェイにすると限りなく近いような気がする。
画像
 ヘッドの形、ネックのバインディング、ブリッジやボディの形状など似ていると思うし、透明のピックガードも同じようなものだった気がしている。
画像
 S&Bはハカランダというと、あの音も納得できるような気もする。

 ところでBlue―Gのこのギターの紹介動画なんですが、珍しくフラットピッキングのデモになっている。ピック弾きならこういうのを普段の指慣らしに弾きたいですね。

 鈴木さんのファンの方ならよく知られたギターではないかとも思います。
 どなたかご存知の方がいらしたら教えてくださいな。m(_ _)m
 よくわからないギターがあると、気になって夜も・・・、いやいやそこまでではないのですが、気になるんですね~、これが。(-_-;)

【 追 記 】(2013/12/8)
 『DOCOMO presents THE SESSION』の中のページ(http://bayfm78.com/session/archive/collection1111.htm)に以下の記述を見つけました。

owner:鈴木康博
maker/model:サンタクルーズ / カスタム
owner's comment:87年に手に入れたものですが、2000年頃からだんだんサステインが効いてきて、いい感じで鳴り始め、本来のギターの音になった気がします。 ギターって20年ぐらい経たないと、本当の音にならないと痛感しました


 やっぱりカスタムギターなんですね。
にほんブログ村 音楽ブログ アコギへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

"だれか教えて!YASSさんのギター" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント