Kaina「The Guitarist」を試す

 この土曜日は、映画を見にイオン下田まで出かけた。
 「TOHOシネマおいらせ」に行ったときは必ず寄ることにしているイオン内のグルーヴィン楽器。

 ギターはとりたててみたいものが置いてあるわけではない(失礼!!(^_^;))が、いつものように楽譜や小物を眺めていると、弦・ピックのコーナーに、あの「Kaina」が3つだけ置いてあった。

 同じ「釣名人」を使っているフラメンコギタリストの沖仁さんが、関わって開発中の補強剤があるということだけは前から知っていたが、人生バックドロップさんがブログ記事「新しい爪補強剤のKaina!」で紹介していて、既に製品化されていることを知ったものである。

 近いうちに通販で買おうかなと価格や送料も調べていたが、目の前に3つだけ並んでいると、ついええいと定価で買ってしまった。
画像

 「Kaina」はメーカー名で、「The Guitarisut」が名称、「カイナマットベースコート〈爪用保護ベースコート〉」という説明がある。

 商品の仕様としては、以下の説明がHP等でされている。
・ギタリストを始め演奏家の爪の保護ベースコートです。接着剤などを使い傷んだ爪の方にもおすすめです。爪表面に2回から4回塗ると爪に強度を持たせることができます。
・表面にツヤがないマットタイプで、そして自然な爪の色と合わせていますので、人目も気にならず、男性もお使いいただけます。
・爪への負担を考え、酸素透過性の高い成分にこだわりました。
・フラメンコギタリストの沖仁さんに開発からご協力いただきました。楽器演奏家のみならず爪を大事にする方におすすめいたします。
・ザ・ギタリストを落とす際は、市販のネイルリムーバーで脱脂綿にて落とせます


 自分が特に気に入ったのは、3点目で、爪にやさしいというところ。爪の保護のための製品を作っているKaonaの製品らしいと思う。

 使い方はいたって簡単。ふたの内側の棒の先に刷毛がついているので、それで塗るだけである。
 塗るとすぐに乾くので、何回か塗ったらもうそれで終了。小指をのぞく指の爪全体に塗ってみた。

 液の色がピンク色なので、少し心配したが、塗ると自然で全く気にならなし、テカテカ光らないのもいい。

 ただ、塗り方もあるのだろうが、何回か塗ると表面が多少でこぼこになるところもできる。

 気にしなければそれでいいのだが、つい今までの習慣で、爪ヤスリのブロックバッファーで整えようとするとピカピカになってしまう。(ちょうどマット塗装のギターにコンパウンドをかけたように)
画像

 でも、こうして整えてから、さらに1回塗ると凹凸は気にならなくなるし、テカらない。
画像

 塗るときの揮発性の臭いもそれほど強くはないし、すぐに臭いは気にならなくなる。

 扱いが簡単なのは、いろいろなものがある中で一番ではないだろうか。
 これは、いいかもしれない。

 落とすときは除光液が必要だと話していて、妻が買ってきてくれたのがこれです。あまり安いのは逆に爪を痛めるのだそうで、これでも一番小さいのだそうです・・・。
画像

 まあ、しばらくはこれでやってみましょう。

にほんブログ村 音楽ブログ アコギへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

"Kaina「The Guitarist」を試す" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント